その情熱、実現させよう。



バイオのお仕事 自然や生き物の研究から、暮らしの安全をサポート。

バイオのお仕事とは?

さまざまな分野で利用される、生活用品の安全を支える技術者。
バイオテクノロジーとは生き物のしくみや機能を利用したり、コントロールする技術です。バイオテクノロジーは医薬品、化粧品、食品業界を中心に生活に関わるさまざまな分野で活用されています。薬害問題や食の安全性、食品への毒物混入など生活をおびやかす問題が多発している中、いかにして安全な製品を作るか、よりよい商品を作るかということに関心が集まっています。特に医薬品、化粧品の研究・開発・製造や食品の製造、農業や水産業、畜産業などで人体に入るものの安全性の確保や衛生面の調査・分析を行うことが重要となっています。あらゆるジャンルの企業や研究機関がバイオテクノロジーに力を入れはじめたため、その技術力を持った人材が必要とされています。近年、急速に注目を集めている分野ですので、あらゆる活躍の場が期待できる仕事です。
関連職種
食品成分分析技術者、食品精製管理技術者、食品品質管理技術者、食品開発技術者、食品生産管理技術者、医薬品品質管理技術者、医薬品安全性評価技術者、医薬品成分分析技術者、医薬品製造技術者、実験技術者 など

バイオのプロになるためには?

大変難しいジャンルに思えますが、もちろん初心者でも大丈夫。まずは興味を持つことが大事です。専門的な技術などは専門学校や大学などで一から学ぶことができます。生化学やライフサイエンス、バイオテクノロジー概論などを中心としたバイオテクノロジーの基礎を学び、さらに、医薬品や食品などの分野での専門的な活用の仕方を学べます。バイオの仕事に就くために取得すると有利な資格としては食品衛生管理者、品質管理検定、有機溶剤作業主任者、毒物劇物取扱者、危険物取扱者、特定化学物質四アルキル鉛等作業主任者、バイオ技術検定など多数。さまざまな分野で必要とされる技術なので資格の種類も多岐に渡りますが、取得資格が活躍を後押ししてくれることでしょう。
プロになるための4つの要素
プロからのアドバイス
日本工学院 テクノロジーカレッジ
応用生物学科 教員
生物にはまだまだ分らないことがたくさんあります。未知なる領域に進 むことができるバイオの仕事というものは、ワクワクして取り組むことのできる仕事です。しかし、もちろんいい加減な気持ちでは取り組むことはできません。場合によっては人の命につながることもあります。 最も求められるのは「正義感」や「真面目さ」でしょう。バイオの仕事に興味を持ったら、興味をもったことにこだわりをもって徹底的にやってみてください。きっと本気でやってみるという充実感に魅了されるはずです。
詳しい資料が見たい!
資料請求
バイオの業界・お仕事のことをもっと詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
 
資料請求 無料進呈中!
 
なれる学科一覧
環境・バイオ科
私たちの生活の中で大切な、美容と健康、そして環境と衛生を理論的に学び、より良い生活シーンをつくる環境・バイオ技術のエキスパートを育成します。2年間の充実したカリキュラムで化粧品や環境の仕事の現場で必要なスキルを身につけます。
環境・バイオ科
設置校:
蒲田
応用生物学科
生物のしくみを理解し、コントロールすることにより安全な医薬品・食品をはじめ健康な生活を送るための技術を学びます。バイオテクノロジーの技術を習得し、安全性評価や衛生管理をはじめ人々の生活を守る分野での活躍をめざします。
応用生物学科
設置校:
八王子
体験してみよう!
オープンキャンパス+体験入学
バイオの実際の仕事内容や、プロを育てる専門学校の授業を体験してみましょう。プロとして活躍する先生から詳しい話を聞くこともできます。日本工学院では、一年を通して体験入学を開催。ぜひお友達と気軽にご参加ください。

オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要