その情熱、実現させよう。



CAD・設計のお仕事 身近なあらゆる製品を、コンピュータでデザインするプロ。

CAD・設計のお仕事とは?

CADのエキスパートは、さまざまな業界でニーズの高い技術者。
今やものづくりにコンピュータは欠かせないツールになっています。 建築家や技術者、デザイナーは図面によってアイデアやデザインを人に伝えますが、図面を手で描く時代は終わりました。現在は、CAD(コンピュータ支援設計)システムを利用することで、データの修正や保存・管理、共有が可能となり、ネットでのCADデータのやり取りも行われ、設計作業の効率化が図れるようになりました。また、最近では3DCAD、3DCGの普及によって、建築系ではリアルな完成予想図の作成、また機械・プロダクトデザイン系ではモデリングデータの有効利用など、設計業務は進化し続けています。CADは、機械・建築・土木業界や自動車・電気・電子業界、インテリア・プロダクトデザイン業界まで幅広く使われていて、会社の設計・デザイン部門においてCAD設計技術者、CADオペレータの需要は高まる一方です。また技術系の仕事の中では特に女性の割合も多くなってきていることも注目です。CADの技術だけでなく大変根気のいる仕事ですが、自分がデス クトップ上で図面として作り上げた建築や機械、商品などが実際に形になって人に利用されるのを見るのは何にも代えがたい喜びです。
関連職種
自動車設計(内装・外装・エンジン・サスペンション他)、自動車アフターパーツ設計、機械設計、プラント設計、金型設計、おもちゃ・プラモデル設計、プロダクトデザイナー、メカニズムデザイン、テクニカルイラスト、工業デザイン、家電製品デザイン、設備設計技術、事務用品デザイン、家具デザイン など

CAD・設計のプロになるためには?

 CADを学べる専門学校や職業訓練校、大学などで、CADに関する基礎知識やスキルを身につけ、各業界 のメーカー設計部門やデザイン部門に就職し経験を積むことが大事で す。就職に有利な資格としては、CAD利用技術者試験や3次元 CAD利用技術者試験、CGエンジニア検定などがあり、CADの仕事の採用基準の一つにもなっています。 勤務形態は正社員、契約社員、パートなど多様で、派遣社員として働く人も多いのがCADの仕事の特徴です。
プロになるための6つの要素
プロからのアドバイス
ヤマハ発動機(株)MC事業部勤務
日本工学院専門学校 テクノロジーカレッジ 講師
私が関わっている開発や設計の仕事で大事なことは、まず商品を好きになることです。好きであればさまざまな興味が湧いてきますし、新しいアイデアも出てくるものです。またプロは与えられた仕事をこなすだけではなく、スピードも求められます。同じことをする場合、前回より短時間で同じ成果を挙げられるように心がけることがステップアップにつながるのです。学生のうちは勇気と自信を持ってさまざまなことにチャレンジしましょう。CADのプロになるために、あらゆる経験は必ずプラスになりますよ。
詳しい資料が見たい!
資料請求
CAD・設計の業界・お仕事のことをもっと詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
 
資料請求 無料進呈中!
 
なれる学科一覧
機械設計科
設計の基礎はもちろん、まだまだ技術者が不足している最新の2次元・3次元CADを基礎から実務レベルまで総合的に学習する。
機械設計科
設置校:
蒲田 八王子
インテリアデザイン科
デザインやインテリアの基礎から、CAD・CGなどの実習で実践的なスキルを習得。インテリアデザインのスペシャリストを育成します。
インテリアデザイン科
設置校:
蒲田 八王子
プロダクトデザイン科
携帯電話、自動車、家具などさまざまな「もの」をデザインするプロダクトデザイン。基礎知識から、モデリング、CAD設計までを実践的に学びます。
プロダクトデザイン科
設置校:
蒲田 八王子
体験してみよう!
オープンキャンパス+体験入学
CAD・設計の実際の仕事内容や、プロを育てる専門学校の授業を体験してみましょう。プロとして活躍する先生から詳しい話を聞くこともできます。日本工学院では、一年を通して体験入学を開催。ぜひお友達と気軽にご参加ください。

オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要