その情熱、実現させよう。



化粧品開発のお仕事 美しさ、若さ、そして健康を守る化粧品を生み出すクリエイター。

化粧品開発のお仕事とは?

肌にも、自然にも優しい次世代の化粧品開発に携わる。

「美」と「健康」のために、化粧品は女性の生活の中でなくてはならないものです。そして近年では女性だけでなく、男性も美容や健康、そして身体のケアのために化粧品を使用することが多くなっています。美しくきれいになるためだけでなく、今後高齢化が進む社会では、健康維持・増進の面から考えても、化粧品の持つ役割はさらに大きくなるでしょう。化粧品開発の仕事は、安全性や使用感、そして機能性を高めるためにさまざまな研究を繰り返しながら、新しい化粧品を作り上げていく仕事です。化粧品の製造技術者、化粧品の品質管理者、化粧品販売員など化粧品の科学的知識が必要となる仕事はたくさんあります。化粧品は、一つの製品でも使用者によって感じ方や効力、評価もさまざまです。最近では、化粧品の効力はもちろん、人や環境にも優しい化粧品が求められています。化粧品開発は大変難しい仕事ですが、その分、人の役に立つ喜びとやり甲斐を感じられる仕事と言えるでしょう。

関連職種
化粧品開発技術者、化粧品製造技術者、化粧品の品質管理者、化粧品販売員 など

化粧品開発のプロになるためには?

化粧品開発の仕事で必須となる資格はありませんが、生物学や化学、薬学の幅広い知識と経験が必要になります。専門学校や大学、短大などで学んだ後、化粧品関連の会社に入社して、 開発の部署をめざすのが一般的です。実際に化粧品開発に取り組んでいる専門学校なら、より実践的に学ぶことができます。また、化粧品開発には分析機器などを使う機会も多いため、パソコンの基礎的なスキルも身につけておいた方が有利でしょう。学生時代から化粧品各社の製品を使って、使用感や特徴をユーザーの視点で分析しておくことも大切です。

プロになるための4つの要素

プロからのアドバイス

化粧品は人間が使用するものですから、まず人間に興味を持たなければなりません。人が何を考え、何が好きで何が嫌いなのかを理解することから化粧品開発はスタートするのです。ただ「実験室で研究するのが大好きで、人と話すのは嫌い…」というような人には化粧品に携わる仕事は不向きかもしれません。人に興味を持って好きになることが、化粧品 開発の基本なのです。現在、まだ化粧品について学べる学校は非常に少なく、普通の場合、新入社員は入社後に「化粧品技術」を学ぶことになります。ですから化粧品技術を専門学校で学ぶことができるみなさんはとても有利だと思います。この機会を生かして貪欲に化粧品技術を学んで欲しいと思います。

詳しい資料が見たい!

資料請求

化粧品製造、そしてバイオテクノロジーの理論を学び、美容と健康を科学的な観点からクリエイトすることができる、化粧品開発のプロフェッショナルを育成。オリジナル化粧品開発プロジェクトにも取り組んでいます。

資料請求 無料進呈中!

なれる学科一覧

環境・バイオ科 応用科学専攻

化粧品製造、そしてバイオテクノロジーの理論を学び、美容と健康を科学的な観点からクリエイトすることができる、化粧品開発のプロフェッショナルを育成。オリジナル化粧品開発プロジェクトにも取り組んでいます。

環境・バイオ科

設置校:
蒲田

体験してみよう!

オープンキャンパス+体験入学

化粧品開発の実際の仕事内容や、プロを育てる専門学校の授業を体験してみましょう。プロとして活躍する先生から詳しい話を聞くイベント日も用意されています。日本工学院では、一年を通して体験入学を開催。ぜひお友達と気軽にご参加ください。

オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要