その情熱、実現させよう。



ロボットのお仕事 高度な技術と優れたデザイン。ものづくりの新しい分野。

ロボットのお仕事とは?

総合技術を身につけたエンジニアは、業界からの需要は高い。
ロボットなんてマンガの中の話、そういう時代はもうすでに終わってしまいました。マンガやアニメの中で活躍していたロボットが現実のものとなって、今では一般の企業や学校、個人でも開発されているのを知っていますか?テレビなどでも放送されて話題の、ROBO−ONE(二足歩行ロボットバトル大会)やRoboCup(ロボットによるサッカー大会)、ロボコンなど、ロボットの性能を競う競技会も人気。これからさらに、より人間に近い動きをする二足歩行ロボットや、暮らしや介護などにも活躍するロボットなどが社会にどんどん普及し、私たちの生活にロボットが入りこんでくればくるほど、あらゆる形でロボットの専門家が必要とされてくるでしょう。ロボットを開発したり作ったり、プログラムを設計・入力するロボットエンジニアはもちろん、モデラーというロボットの造形をデザインする仕事もあります。最先端の技術をすべて結集して作り上げていくロボット。世界に誇れる日本のロボット技術は、マンガやアニメを超え、より良い未来を作っていくでしょう。
関連職種
ロボット開発者、ロボットエンジニア、制御プラグラム開発者、ロボットモデラー、プロダクトデザイナー、メカトロニクス設計、デジタル回路設計、機械・機構設計、金型設計、生産管理・製造管理、品質管理、生産・製造技術、セールスエンジニア、サービスエンジニア など

ロボットのプロになるためには?

ロボットのプロになるためには、機械や電気の基礎から学ぶ必要があります。デジタル回路の設計やプログラミング、生物の動きや身体の仕組みを知るためのバイオメカニクス。さらには、自律型ロボットに必要となる人工知能の基礎知識、ロボットのデザインや造形をするための機械製図、CADモデリングなどの技術にいたるまで、ロボットに関するさまざまな技術・知識を身につけることが大切です。資格としては情報処理技術者試験(基本情報技術者・ITパスポート試験など)やパーソナルコンピュータ利用技術認定(1〜4級)、CAD 利用技術者(1・2級)などの取得がスキルアップに役立ちます。ロボット開発には総合技術が必要。幅広い資格を効率的に取得することが、ロボットのプロになるための力になります。
プロになるための6つの要素
プロからのアドバイス
梁取 弘明さん CLUB WAD 代表
日本工学院八王子専門学校
テクノロジーカレッジ ロボット科 教員
ロボットという分野には「こんなもんでいいや」という中途半端な到達感がありません。どんなに突き詰めてみても、まだまだ奥が深いという冒険みたいな魅力があるんです。常に新しい技術に出会い続けますから、自ら学び続ける事が好きでないと大変です。またこれからの社会でロボットが活躍するであろう分野は幅広く存在しています。介護であったり、危険作業であったり、警備であったり。そうした分野のことを勉強したり資格を取得しておく事もロボットの仕事をする上で大きくプラスになると思います。
詳しい資料が見たい!
資料請求
ロボットの業界・お仕事のことをもっと詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
 
資料請求 無料進呈中!
 
なれる学科一覧
ロボット・機械科
ロボットの最先端技術を学びさまざまな業界で活躍する一流のエンジニアをめざします。
ロボット科
設置校:
八王子
体験してみよう!
オープンキャンパス+体験入学
ロボットの実際の仕事内容や、プロを育てる専門学校の授業を体験してみましょう。プロとして活躍する先生から詳しい話を聞くこともできます。日本工学院では、一年を通して体験入学を開催。ぜひお友達と気軽にご参加ください。

オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要