その情熱、実現させよう。



IT・コンピューター・ビジネスの資格 No.8   .com Master 資格

.com Masterの資格とは?

.com Master は、NTTコミュニケーションズが、インターネット活用に関する知識と技術を検定する民間資格。インターネットの仕組みとサービスなどの知識、そして目的に応じた活用能力を測るものです。今日、日々の生活でもビジネスシーンでもインターネットは欠かせない存在です。.com Masterの検定を受けることで、自身の実力を確認できるだけでなく、ビジネスにも活かせるインターネット技術を持っていることが証明されるため、あらゆる分野にアピールできる資格といえるでしょう。.com Master は、3つのグレードに分かれており、それぞれ★の数で表されます。.com Master ★(シングルスター)は、メール、ブラウザの設定と活用、トラブルシューティングができる初級ユーザー向き、.com Master ★★(ダブルスター)は、サーバを使っての情報発信や情報管理、セキュリティなどの知識や、ホームページの作成技術などを持っている中級ユーザー向き、.com Master★★★(トリプルスター)は、ネットワークシステムの設計や構築、運用管理知識と業務サービスの理解など、ビジネスに直結した能力を持つ上級ユーザー向きと考えてください。就職後のキャリアアップをめざすなら、ダブルスター以上をめざしたいですね。
この資格に関わる職種
.comMaster★ 
IT関連販売員、インターネット設定サービスマン、コールセンター要員、ITインストラクター、Webサイトデザイナー など
.comMaster★★、★★★
セールスエンジニア、システム管理者、SE、ネットワーク管理者、企業ネットワークデザイン など

.com Masterの資格を取得するためには?

.com Master を取得するには、NTTコミュニケーションズが実施する検定を受ける必要があります。例えば、2008年に★★(タブルスター)の検定に合格すると、「インターネット検定.com Master ★★2008」が取得できるのです。受検方法は、年に2回(トリプルスターのみ1回)行われる検定を指定の会場に受けにいく方法と、随時、受験可能なコンピュータ形式の検定を受ける方法(CBTと言います)の2つから選べます。日本工学院 ITカレッジのITスペシャリスト科、情報処理科、パソコン・ネットワーク科では、インターネットやネットワークなどITに必要な知識・技術をしっかりと身につけるとともに、資格対策を実施。過去問題を中心に取り組んでいく資格対策講座を開講しています。また、日本工学院は指定校のため、通常の70〜75%の費用で.com Masterを受検することができます。.com Masterの★が増えるほど難易度は増しますが、日本工学院では受検者全員合格をめざし、講師陣が全力でサポートします。
【主催団体】
NTTコミュニケーションズ
http://www.com-master.jp/

プロからのアドバイス

佐藤和彦さん
日本工学院 ITカレッジ  教員
IT業界のみならずさまざまな業界・業種において、ITスキルの必要性が年々高まっています。資格はその能力の客観的な証明となりますから、ITカレッジでは取得を目標とした授業を行っています。特に「.com Master」はITスキルの基礎を網羅しつつ、さらに上をめざせる体系なので、資格取得とともにスキル向上にもつながる好都合な資格です。高いITスキルを持つ人材をめざして、がんばりましょう。
詳しい資料が見たい!
.com Masterに興味がある!.com Masterを取得できる学科のことを詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
資料請求 無料進呈中!
オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要