その情熱、実現させよう。



ITの資格 No.6 情報検定(J検) 資格

情報検定(J検)の資格とは?

情報検定はJ検とも呼ばれ、現代のビジネスパーソンに必要なICT能力(情報通信技術に関する能力)を客観的な基準で評価しようと誕生したもの。2007年に新しい制度に改正された文部科学省後援の検定試験です。J検は、大きく3つの分野に分かれています。第一が、情報処理技術を総合的に評価する「情報システム試験」。第二が、パソコン利用者に求められる情報利活用能力を体系的に評価する「情報活用試験」。第三が、情報の収集・分析力、構成力、伝達・表現力を総合的に問う「情報デザイン試験」です。それぞれにレベルが設けられており、コンピュータの勉強を始めたばかりの初心者から、IT業界の専門分野で活躍したいスペシャリストまで、レベルに応じてトライできるのが情報検定の特徴です。自分のスキルのレベルアップの過程が資格として認めてもらえる……と考えると、わかりやすいかもしれませんね。情報検定のどの分野に合格するかで活躍の場も変わってきますが、基礎的なICT能力は今日、どの業界でも欠かせないもの。情報検定は、情報化社会で生きるうえで必ず役に立つだけでなく、仕事にも趣味にも活かせる、応用力のある資格なのです。
この資格に関わる職種
○情報システム系 プログラマ、システムエンジニア、ネットワークエンジニア など
○情報活用系 カスタマエンジニア、オペレータ、営業、事務 など
○情報デザイン系 Webプログラマ、Webデザイナー など

情報検定(J検)の資格を取得するためには?

情報検定(J検)を取得するには、各分野・レベルにあった専門知識・技術が必要です。「情報システム試験」ならプログラミングやシステムデザインのスキルが求められ、「情報活用試験」は、コンピュータを扱う基本的な知識と技能。また「情報デザイン試験」では、ビジュアルデザインなど、視覚や聴覚を介して記憶に残る企画や発想を整理して伝える知識が問われます。まずは、情報検定のどの分野をめざしたいかを決めましょう。日本工学院ITカレッジでは、 IT・コンピュータ系の各分野に特化した学科・コースを設置。どの学科も情報検定(J検)取得につながる授業を実施しています。また、入学してすぐに対策講座を実施するので、入学直後の6月に受験が可能です。自分の実力に合わせて3級を受験する学生、2級を受験する学生、3級・2級を併願受験する学生など、資格取得への第一歩として多くの学生がJ検にチャレンジし、合格しています。
【主催団体】
全国専修学校教育振興会
http://jken.sgec.or.jp/

プロからのアドバイス

石山聡さん
日本工学院 ITカレッジ  教員
J検は情報を「創る・使う・伝える」という3つの観点から、その能力・技術を測る検定試験です。資格試験を受けたことがなく不安を覚える人でも、レベルに合った試験を選択すれば合格への道も開けるはず。そして、在学中に知識を磨き、技術力を高めて、資格もレベルアップしていけばいいのです。ITカレッジでの授業の多くが、J検の資格に対応していますが、誰よりも早く、たくさんの資格を手にしたい人は、公式テキストを活用し、一歩先をめざすのもおすすめ。J検合格のための勉強は、学校の授業の予習にも役立ちますよ。
詳しい資料が見たい!
情報検定(J検)に興味がある!情報検定(J検)を取得できる学科のことを詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
資料請求 無料進呈中!
オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要