その情熱、実現させよう。



ITの資格 No.9 MTA(マイクロソフト テクノロジー アソシエイト) 資格

MTA(マイクロソフト テクノロジー アソシエイト)の資格とは?

パソコンのOSがWindowsかMacかで、システムの基本的理論や操作方法が違うように、ベンダー企業によって製品を活用する技術・知識は異なります。Microsoft テクノロジー アソシエイト(MTA)は、IT認定資格を取得して就職活動に備える上で最適な出発点となるエントリーレベルの認定資格です。1科目の試験に合格するだけで認定資格を取得でき、これを通じてテクノロジ一分野におけるキャリアの第一歩が踏み出すことができます。MTAは、ITキャリアの道を歩み始めたばかりの方や情報技術系志望の学生がITの基礎的な知識習得を実証するものであり、マイクロソフトテクノロジーを活用するITインフラ、データベース設計、またはソフトウェア開発におけるキャリアパスの追求を目的とした、業界でも高く評価されている認定資格です。MTAを取得することにより、さらにMCSA(マイクロソフト認定ソリューションアソシエイト)やMCSE(マイクロソフト認定ソリューションエキスパート)など、IT業界で実務経験がある、1~2年の実務経験があるなどの上級者資格もめざせます。MTAは、世界で実施されている国際的な資格なので、取得した資格は世界で通用します。
この資格に関わる職種
システムエンジニア、ネットワーク管理者、セキュリティスペシャリスト、ソフトウェア開発者、データベース管理者、セールスエンジニア、事務・営業(IT系マーケティング・営業)、ITインストラクタ など

MTA(マイクロソフト テクノロジー アソシエイト)の資格を取得するためには?

MTAは、CBT形式にて受験を行ないます。CBTとはパソコンを使って、PC画面に表示された約50問の多肢選択問題に解答していくスタイル。試験終了後、すぐに画面上で合否を確認できます。希望する分野によって試験内容は異なりますが、ITの基本知識とマイクロソフト製品の専門的知識も必要となるため、IT・コンピュータ系の専門学校などで体系的に学ぶことが合格への近道です。日本工学院 ITカレッジの各学科では、授業がMTA資格取得につながるカリキュラムになっており、それぞれの専門分野に特化したITスキルが学べます。どの学科とも、資格対策講座を設けMTA資格をめざす学生たちをサポートする体制は万全です。
【主催団体】
マイクロソフト株式会社
http://www.microsoft.com/ja-jp/learning/mta/
詳しい情報が見たい!
MTAに興味がある!MTAを取得できる学科のことを詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
資料請求 無料進呈中!
オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要