その情熱、実現させよう。



音楽系の仕事 No.1 舞台機構調整技能士(音響)

舞台機構調整技能士(音響)の資格とは?

コンサートや演劇の出来を左右する重要な要素のひとつ、音響。舞台機構調整技能士とは、舞台機構調整技能検定試験合格者に与えられる音響技術者のための資格のこと。厚生労働省が認定する国家資格です。舞台機構調整技能士は、舞台の音響バランス・クオリティを任される仕事を担うため、試験ではミキシングコンソールを操作し、簡単な台本に基づいた音量調整をする力や、マイク・セッティング、出演者とのコミュニケーションなど、ミキサーとしての基本能力が試されます。舞台機構調整技能士の資格取得後には、コンサートホールや劇場、舞台などの音響装置を扱う音響・PAエンジニアとして活躍することが可能。近年、現場で活躍しているホール音響スタッフも資格取得に励んでいる注目の資格です。
この資格に関わる職種
コンサートPA、ライブハウス、ホール管理業務、レコーディングミキサー、放送ミキサー、演劇・ミュージカルなどのミキサー、舞台・イベント制作スタッフ など

舞台機構調整技能士(音響)を取得するためには?

華やかな舞台を「音」に特化して裏で支えるスタッフ…それが舞台機構調整技能士です。日本工学院では、ミュージックカレッジのコンサート・イベント科、音響芸術科、放送芸術科で舞台機構調整技能士に関する知識・技術が学べます。厚生労働省による資格認定校なので、2・3級は在学中に受験が可能です。年間の授業を通し舞台関連の授業が設定されているため、日常の授業にしっかり取り組んでいれば、舞台機構調整技能検定合格も高いハードルではないでしょう。もちろん、実技試験に合格するには、より多くの試験課題を練習することが大切。そのために、試験直前に対策講座を実施するなど、サポート体制をしっかり整えています。
【主催団体】
厚生労働省(運営)中央職業能力開発協会
http://www.javada.or.jp/

プロからのアドバイス

中里哲也さん
日本工学院 ミュージックカレッジ
コンサート・イベント科 教員
舞台機構調整技能士(音響)は、PA・レコーディング・放送などの、ミキサーのプロをめざす方には、大変有意義な資格だと思います。第一に自分の実力を確認できること。第二に受験のための対策講座でますます知識と技術力がアップすること。第三に就職活動において、資格取得のために前向きに勉強して合格したという経験をアピールできること。若い時代は、知識を貪欲に吸収する時代です。その証のひとつに、舞台機構調整技能士の資格にトライしてみてはいかがですか?
詳しい資料が見たい!
舞台機構調整技能士に興味がある!舞台機構調整技能士を取得できる学科のことを詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
資料請求 無料進呈中!
オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要