その情熱、実現させよう。



テクノロジーの資格 No.8 1・2級建築施工管理技士 資格

1・2級建築施工管理技士の資格とは?

建築施工管理技士は、建設工事の円滑な施工と、工事完成品の質的水準を図る上で、それに携わる建築技術者の技術力や管理能力を認める国家資格です。建築施工管理技士は、建設現場で、いかに、良く(品質)、安く(予算)、早く(工程)、事故なく(安全に)、地球にやさしく(環境)工事ができるか……という5つの面を任されます。時代とともに、建設工事の高度化、多用化、そして専門化が進む今日、施工管理技術の重要性がますます大きくなり、建築施工管理技士の有資格者の需要も増えてきているのです。資格を取得すれば、施工技術の指導ができる技術者として社会的に高い評価を受けるだけでなく、責任者として管理できる現場の規模が広がります。将来、転職や独立をする場合にも有利に働く資格です。ちなみに、一般・特定の建設業の営業所には「専任の技術者」を、建設工事の現場には「主任技術者」「監理技術者」を置くことが義務づけられているため、建築施工管理技士の資格を持っている人は、このいずれかになることができます。将来、現場管理、現場監督をめざす人はぜひ、取得したい資格です。
この資格で活躍できるフィールド
建築施工・工事監理者として
建設会社、工務店、設備会社、内装会社、設備メーカー、住宅設備メーカー など

1・2級建築施工管理技士の資格を取得するためには?

建築施工管理技士は、建築に関する高度な知識、深く広い見識が求められるため、受験するには定められた学歴と実務経験が必要になります。ただし2006年から、建築・土木系の大学・短大・専門学校に在学中の人でも、2級の学科試験のみ、所定の科目を履修すれば受験することができます。日本工学院の建築学科(4年制)/建築設計科および北海道校の建築学科では、在学中に2級建築施工管理技士の学科試験の全員合格をめざしたカリキュラムを用意しています。希望者には放課後に講座を開催し、過去の問題の解説や質疑応答、模擬試験なども行いますので、積極的に参加して、建築施工管理技士合格をめざしましょう。
【主催団体】
財団法人 建設業振興基金
http://www.fcip-shiken.jp/

プロからのアドバイス

清水憲一さん
日本工学院 テクノロジーカレッジ
建築設計科 教員
 
建築施工管理技士は、卒業後に現場管理、現場監督をめざす人にはぜひ取得してもらいたい資格。資格を持っていれば、現場で監督業務をする際に、職人さんからも一目置かれ、施主や設計関係者からの信頼も得られます。さらに1級建築施工管理技士を取得すれば、超高層ビルをはじめ、どんな建物でも責任者として管理することができるのです。学科試験に関しては、過去問題の反復練習がおすすめ。受験勉強で疑問点があれば、いつでも声をかけてくださいね。
詳しい資料が見たい!
建築施工管理技士に興味がある!この資格を取得できる学科のことを詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
資料請求 無料進呈中!
オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要