その情熱、実現させよう。



医療秘書・医療事務のお仕事 チーム医療を支えるエキスパート。

医療秘書・医療事務のお仕事とは?

多くの知識やスキルが求められる医療秘書・医療事務。
病院などの受付や会計などで、私たち患者と多く接点を持つスタッフ。それが医療事務です。医療事務には私たちの目に見えない場所でもいろいろな仕事があります。特に中心になる仕事としては、患者さん一人ひとりの診療報酬明細書(レセプト)を作成し、診療費を計算して関係機関に提出するための、レセプト業務というものがあります。ほかにもカルテを運んだり病院のあらゆるデータを取ったり、保険会社とのやり取りをしたり、さまざまな業務があります。また、業務が円滑になるように医者や看護師をサポートをするスタッフが医療秘書です。医療秘書は、医師や看護師が診察や治療に専念できるようにスケジュール管理や文書作成をしたり、医薬品会社などの来客の接待をしたりします。医療秘書・医療事務は、ともに保険制度や医療用語、薬の知識、病気の知識、コンピュータによる情報処理、そしてレセプト業務など、普通の事務職にはない、医療秘書・医療事務としての専門知識と技術が必要です。また患者さんと接することも多いので、明るく健康的で人柄の良いことも重要視されます。人の役に立ち、社会に貢献できるやりがいのある仕事で、結婚・出産後でも働けるので女性にも人気の仕事です。
関連職種
医療秘書、医療事務、病棟クラーク、電子カルテインストラクタ、医療システムインストラクタ、医療系のシステムエンジニア、医療系のセールスエンジニア など

医療秘書・医療事務のプロになるためには?

医療秘書や医療事務を必要としているのは病院、医院、診療所や薬局など数多くあります。医療系学科のある専門学校でレセプト作成や医学・薬学の基本、そしてビジネスマナーなどを学び、医療秘書・医療事務のエキスパートとして現場で力を発揮できるスキルを身につけることが必要です。また、レセプトコンピュータや電子カルテなどに必要なIT知識も必須です。医療秘書・医療事務系の資格を取得するためにも、専門学校などのカリキュラムで学ぶことはとても有利。基本的な資格としては診療報酬請求事務能力認定試験、医療秘書技能検定、医事コンピュータ技能検定などの資格があり、スキルアップの目標になります。病院実習などを経験し、実践的なスキルを身につけておくと就職にも役立ちます。
プロになるための5つの要素
詳しい資料が見たい!
資料請求
医療秘書・医療事務の業界・お仕事のことをもっと詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)
 
資料請求 無料進呈中!
 

オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要