その情熱、実現させよう。



パーソナルトレーナーのお仕事 マンツーマンのスポーツ指導で、人々の健康をサポート。

パーソナルトレーナーのお仕事とは?

適切な運動プログラムで、人々の健康づくりをサポート。

パーソナルトレーナーとは、子どもから大人まで幅広い年齢層に適切なトレーニングメニューを作成し、運動指導をする仕事です。トレーニング目的もダイエットや筋力トレーニング、若返り、ストレス解消など人それぞれ。パーソナルトレーナーの仕事内容は、カウンセリングからはじまり、個々の目的に合わせたトレーニングプランの作成、栄養バランスのとれた食事の提案、トレーニングを楽しく継続するための、適切なアドバイスなど。さらに、トレーニング結果をもとに運動メニューの改善を行うのもパーソナルトレーナーの仕事です。医療の知識を身につければ、メディフィットトレーナーとして活躍の場も広がります。パーソナルトレーナーの仕事は、小さな子どもから、ストレスや運動不足による肥満、生活習慣病に悩む中高年、介護が必要な高齢者まで、さまざまな人の健康を運動プログラムによってサポートすることができる仕事といえます。

関連職種
パーソナルトレーナー、フィットネスケアスタッフ、医療・福祉機関スタッフ、ホームヘルパー、スポーツクラブ指導員/スタッフ、メディカルフィットネストレーナー、フィットネスクラブ指導員/スタッフ など

パーソナルトレーナーのプロになるためには?

パーソナルトレーナーをめざすには、スポーツ系の専門学校や大学でトレーナーの知識・技術を学ぶことが理想です。実践的な実習を体験し、パーソナルトレーナーに必要な健康や運動に関する知識・技術に加え、介護の知識などを身につけましょう。在学中に、NSCA認定パーソナルトレーナー(CPT)やメディフィットトレーナー(MFT)、健康運動実践指導者など、実力の証明とも言える各種スポーツ系資格を取得すれば、パーソナルトレーナーとしての道はさらに開けます。また、幅広い年齢層の人を対象とするパーソナルトレーナーは、誰とでも明るく話せることも大切です。

プロになるための6つの要素

プロからのアドバイス

教科書の知識しかないマニュアル人間でなく、臨機応変に応用できるパーソナルトレーナーをめざしてください。自分の知識だけでなく、選手や他の専門家の意見を統合しながら常に進化していく姿勢が大切です。現場ではさまざまなことに対応し解決していける能力が望まれているのです。そのためにはベースとなる正しい知識をしっかり身につけてください。支えていた選手が、自分では到底成しえない偉業を達成したとき、トレーナーとしての喜びは例えようもないくらい大きいものです。

詳しい資料が見たい!

資料請求

パーソナルトレーナーの業界・お仕事のことをもっと詳しく知りたい方は、入学案内書をご請求ください。(無料進呈)

資料請求 無料進呈中!

オープンキャンパス+体験入学 お申し込み不要