日本工学院を詳しく知るなら 今すぐ!資料請求【無料】

日本工学院 日本工学院

Menu

第10回 高校生いすデザインコンテスト

高校生が創造する新しいデザインのカタチ。

第10回 高校生いすデザインコンテスト第10回 高校生いすデザインコンテスト
東京の専門学校 日本工学院TOP >高校生コンテスト >高校生いすデザインコンテスト

テーマは、“待つための いす”

今年の「いすデザインコンテスト」のテーマは、“待つための いす” 。人が何かを待つシーンをイメージすると、駅前の広場、映画館のロビー、病院の受付、電車のホーム、バス停など、いろんな場所が考えられます。待つためのシーンの「いす」は、どんなものが良いでしょうか? 具体的な場所やシチュエーションを設定し、「待つ」という機能性からいすの形・材質・色彩・使い方をゼロから考えてみましょう。

第10回 高校生いすデザインコンテスト 応募要項

募集作品・内容

テーマは「待つための いす」

高校生が素直に考える「待つための いす」のアイデアをお待ちしています。

◎A4用紙をご使用ください。

◎手書き、パソコンなど、デザインの形式は自由です。(スケッチ、模型写真、説明文など)

◎パソコンで制作する場合、必ずプリントアウトしたものをご用意ください。

◎応募用紙に、作品のタイトル、説明文をお書きください。

応募期間

2017年10月2日(月)~11月13日(月)必着

応募資格

高校生 ※日本語学校等も含む

応募方法

ダウンロードボタンよりPDFをダウンロードし、必要事項をご記入の上、作品に添付して下記送付先まで郵送してください。 グループでの応募も可です。 ※メンバーも高校生に限ります。

応募用紙PDF

応募上の諸注意

作品は未発表でオリジナルなものに限ります。応募作品は原則として返却いたしません。応募作品の著作権は応募者に帰属します。ただし入賞作品の発表・掲載に関する権利は主催者が保有します。

作品送付先

〒144-8655

東京都大田区西蒲田5-23-22 日本工学院テクノロジーカレッジ

「日本工学院×ITOKI 第10回高校生いすデザインコンテスト」事務局

問い合わせ先

0120-123-351(日本工学院広報部)

主催

日本工学院/株式会社イトーキ

後援

公益社団法人 全国高等学校文化連盟

協力

有隣堂

《賞品・賞金》

金賞:1点

◯賞状

◯TACIT

◯3万円分の図書カード

銀賞:2点

◯賞状

◯2万円分の図書カード

銅賞:3点

◯賞状

◯1万円分の図書カード

審査員賞:3点

◯賞状

◯記念品

学校賞:5点

◯賞状

◯記念品

2018年3月結果発表/審査結果は個別連絡の他、日本工学院HPでも発表します。

審査委員長:
清水忠男(共生環境デザイナー、千葉大学名誉教授、金沢美術工芸大学大学院教授)
審査員:
清水俊也(株式会社イトーキ ソリューション開発本部 執行役員/本部長)
河東梨香(テキスタイル&インテリアデザイナー)

審査委員長 : 清水忠男(しみず ただお) 共生環境デザイナー。クランブルック美術大学院修士課程修了。ザ・バーディック・グループ主任デ ザイナー、ワシントン大学美術学部助教授等を経て、千葉大学工学部教授を務める。現在、千葉大 学名誉教授、金沢美術工芸大学大学院教授。


金・銀・銅賞を受賞された方には、ご本人へご連絡後、授賞式のご案内を送付させていただきます。授賞式は、2018年3月頃の予定です。

「オープンキャンパス+体験入学」に参加すれば、
コンテストの応募作品へのアドバイスがもらえます!

蒲田校・八王子校「オープンキャンパス+体験入学」 ●蒲田校のみ ◯八王子校のみ

10月1日(日)◯ /10月9日(月・祝)● /10月15日(日)◯ /10月22日(日)● /10月29日(日)◯ /11月5日(日) /11月19日(日) /12月10日(日)