日本工学院 日本工学院

Menu

教育について グラフィックデザイン科 専門学校 日本工学院

デザインのスキルはもちん、企業課題・産学共同制作で、プロデザイナーの腕を磨く。

教育について グラフィックデザイン科 専門学校 日本工学院教育について グラフィックデザイン科 専門学校 日本工学院

産学連携やコンペ参加など、学外での多彩な活動で実践力を高める

グラフィックデザイン科では、即戦力となるスキルを持った人材を育成するため、基礎デザイン教育の徹底はもちろんのこと、実践的な学習の場をたくさん用意しています。産学連携によって、企業からの依頼でデザイン制作に取り組んだり、さまざまなコンペへの挑戦、学外展示会へ参加するなど、プロ同様の仕事を体験することで即戦力の力を身につけます。

基礎デザイン教育の重視

デッサン・彫塑・平面構成・色彩構成・立体構成といった造形演習のトレーニングに加えて、パソコンを使ったデザインソフトの操作も学習。各演習を通じて、形態や色彩に対するバランス感覚を身につけ、アナログからデジタルまであらゆるデザイン制作のためのスキルを身につけることが最終目標です。

基礎デザイン「平面:デッサン」課題

専門教育の徹底

現役デザイナーの指導のもと、学科ごとに専門的な実習に取り組みます。リサーチ、企画、制作、プレゼンテーションと続くデザインのプロセスを理解し、2 年後期からは、各自が専攻を決定して授業を選択。プロになるための専門的なデザインスキルを磨くとともに、就職活動の準備もスタートします。

グラフィックデザイン科実践課題

デザイン業界のニーズへの対応

3 年次には、デザイナーとして社会に出るための最終準備期間として、さまざまな実践的課題を用意。企業の依頼を受けてデザイン制作を行う「企業ゼミ」などのゼミ形式の選択課題(デザイン実践演習)のほか、デザインを通じて地域への貢献をめざす活動などにも精力的にチャレンジします。

[企業ゼミ]三菱鉛筆やセガトイズなど有名企業との共同プロジェクトが多数

三菱鉛筆やテレビ神奈川、シモジマ、モスフードサービスなどの有名企業からの依頼で、各種デザインを制作するプロジェクトが多数行われています。オリエンテーションからデザイン制作、プレゼンテーションまで、プロの現場同様の作業を体験し、デザイン力、実践力を高めます。

三菱鉛筆/4色ボールペン+ シャープペン「JET STREAM」のお店で使用するディスプレイ用品のデザインを提案

モスフードサービス(モスバーガー)/モスバーガーで販売するお子様向けメニュー「キッズプレート」のパッケージデザインを提案。

はとバス/はとばす日帰りツアー「極まるTOKYO夜景」特設Webサイトを企画し、デザインを提案。

【企業課題実績】
FMヨコハマ(「ハチヨンナビ」の表紙デザイン)、テレビ神奈川(高校野球神奈川県大会ポスターデザイン)、明治安田ペンタオーシャンパイレーツ(広報ポスターのデザイン)、株式会社大珍樓(本店・新館入口ファサードデザイン)、ヤマト運輸株式会社(新横浜観光案内書・横浜東口手荷物預り所内装デザイン)、株式会社セガトイズ(おもちゃの企画デザイン)、株式会社ダイト(歯ブラシの企画デザイン)、株式会社村内ファニチャーアクセス(村内取扱家具を用いたワンルームのインテリアコーディネート)、株式会社種沢製作所(革アクセサリーデザイン)、株式会社シモジマ(マスキングテープのデザインと商品化)、ポラール・エレクトロ・ジャパン株式会社(活動量計”POLAR A360″交換ベルトデザイン)、株式会社デザインフィル(お祝い袋のデザイン)、マルマン株式会社(キャディバッグのデザイン)など


[地域貢献・社会貢献]八王子まつりのヴィジュアルを担当

グラフィックデザイン科では、本学の地元である大田区・八王子市の人たちと、地域を活性化する企画を実行したり、デザインを通じたボランティア活動に取り組みます。毎年、八王子まつりの公式ポスターを担当するほか、蒲田西口商店街ハロウィンイベント各種制作物、羽田空港国際化記念フラッグのデザイン、八王子音楽祭「音楽の森」のヴィジュアル制作、八王子市小比町盆踊り大会への協力などを行っています。

【地域貢献・社会貢献実績】
蒲田西口商店街ハロウィンイベントへの協力、羽田空港国際化記念フラッグのデザイン、八王子音楽祭「音楽の森」への協力、西東京バス「にしちゅんバス」ラッピング・内装デザイン、「もしものかるた」など


[コンペゼミ]学生作品がFMヨコハマのフリーペーパーの表紙デザインに採用!

日本全国、そしてときには海外の企業などが幅広くデザインを募集するコンペにも数多く参加、挑戦するゼミです。コンペは、自分の学習成果や実力が社会でどう評価されるかを試す絶好の機会。また、コンペのほかに学外展示会にも参加。学外で作品を展示して鑑賞者の反応を直接知ることは、デザイナーとしての自信と成長につながります。

【コンペゼミ実績一覧】
TLF革のデザインコンテスト2015(入賞)、第4回100年文具への道「100年後も愛される文具」(優秀賞)、第12回インテリアデザインコンぺ2015(奨励賞・入選)、MUJI AWARD 04 in CHINA(入選)、DUSKIN×PenエコTシャツデザイン大賞2012(大野拓郎賞)、児童労働×デザインポスター・デザインコンテスト(優秀賞)、デザイングランプリTOHOKU2015(奨励賞)、国際交流基金設立40周年記念ロゴマークコンペ(優秀賞)、第13回エンターテインメントパッケージアワード(審査員特別賞)、平成25年度「世界エイズデー」ポスターコンクール(優秀賞)、第21回アイリス生活用品デザインコンクール(学生奨励賞)など


[インターンシップゼミ]デザイン関連企業で職業体験を実施

インターンシップとは就職前に企業内で仕事を経験することです。これに参加することにより、実際の仕事や会社の雰囲気と、頭の中で思い描いていたイメージとのギャップを知り、自分の適正について深く考えることができます。このゼミでは担当の先生の指導のもと、デザイン関連企業で職業体験を行います。実務の現場を知ることで、就職のミスマッチを防ぐとともに、就職活動を有利に進めることができます。

教育設計図

グラフィックデザイン科では、学習内容をステップ式に明示し、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる「教育設計図」を導入しています。学生全員がしっかり学べる日本工学院独自の教育制度です

教育設計図についてはこちら

職業実践専門課程認定学科

2014年度より、専門学校に新しい専門課程である「職業実践専門課程」が創設され、グラフィックデザイン科が認定されました。「職業実践専門課程」とは、従来の都道府県ごとではなく、文部科学省が認可を行う制度で、「職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成する」ことを目的としています。カリキュラムの編成や授業内容、教員研修などにおいて、各分野の企業と連携しながら実施することが編成要件となっており、長年、産学連携による実践教育を行ってきた本校にとってはまさに待望の制度です。

職業実践専門課程

Message from OG

3年制でじっくり学べたスキルを手に、プロデザイナーとして活躍中

山中 里紗さん
株式会社カーブ デザイナー
グラフィックデザイン科 2017年卒
埼玉県・私立正智深谷高校出身

グラフィックデザイン科の良い点は、先生が一人ひとりの技術や性格まで熟知して、個々に指導してくださること。そして3年制の学科なので、焦らずに学ぶことができるというメリットもあります。私はグラフィックデザイン科へ入学する時点では、まったくデザインのことを知らない初心者でしたが、基礎からプロスキルまでをしっかりと習得することができたおかげで、現在プロのグラフィックデザイナーとして広告やチラシ、ロゴマークなどの制作を行っています。仕事で喜びを感じる瞬間は、自分が制作したものを手に取ったときですが、そこに至るまでにブラッシュアップを重ねて完成度が上がっていくプロセスも非常に楽しいものです。今の自分にとってこれが最高!と思えるようなデザインを毎回つくれるよう、先輩の技術を盗みながら日々格闘しています。

在学中に身につけた一つひとつのスキルが、今、仕事の中で生きています!

小清水 萌々子さん
株式会社スパイス デザイナー
グラフィックデザイン科 2016年卒
埼玉県立所沢高校出身

日本工学院のグラフィックデザイン科は、実際にデザイナーとして活躍している先生が多く、デザインの基礎はもちろん、仕事の現場で使えるさまざまなテクニックを直接学ぶことができます。課題も実践的なものが多かったので、今でも学生の頃のノートを参考にすることがあります。在学中には、授業で企業の方を相手にプレゼンテーションを行う機会もありましたが、この経験が就職活動はもちろん、現在の仕事の中でも大いに役に立っています。デザインのプロとして大切にしていることは、いつでもアンテナを張っておくこと。広告・デザインの世界はつねに新しいものを求められていますから、世の中の流行を普段から気にかけていることが優れた発想につながります。将来はアートディレクターとして、自分で作った作品を見ない日がないくらい沢山のデザインに関わっていきたいです。

授業で学んだことが、今の仕事の基礎になっています。

生形 みゆきさん
株式会社ADKアーツ 勤務 デザイナー
グラフィックデザイン科 2015年卒
千葉県立成東高等学校出身

日本工学院在学中にインターンシップでお世話になった会社が、今働いているADKアーツでした。インターンシップの際に会社の雰囲気を直に感じ、 幅広い広告の仕事ができるところに惹かれて志望しました。日々仕事をしていて感じることは、日本工学院で多くの課題をこなしたことが、あらゆる面で生かさ れているということ。日本工学院では、デッサンや平面構成はもちろん、写真についても学ぶことができ、そのすべてが役に立っています。学生のうちにいかに 学び、吸収しておくかで、将来の道は変わってくると思います。デザイナーをめざすみなさん、ぜひ一緒にがんばりましょう!