日本工学院 日本工学院

Menu

教育について テニスコース

2年間の教育でテニスの競技力とコーチング力を徹底して学べる東京八王子のテニス専門学校。

教育について テニスコース教育について テニスコース
  • 3年制
    スポーツ健康学科三年制 テニスコース
  • 2年制
    スポーツ健康学科 テニスコース

スポーツ健康学科テニスコース(3年制)

ハイレベルなプロテニスプレイヤー、コーチ指導者をめざすための3年間教育

テニスコース3年制では、坂井利郎総監督や現役プロ選手を講師に、豊富な学習期間を有効に使い、テニスに関するより高度な能力の習得および経験の蓄積をはかります。テニスのフィールドでプロとして活躍するための競技力、コーチング力、マネジメント力の強化を中心に、トップレベルの競技経験に基づく実践的指導を受けることが可能です。

スポーツ健康学科テニスコース(2年制)

プロテニスプレイヤー、コーチ指導者として活躍するためのスキルとノウハウを学ぶ2年間

テニスコース2年制では、テニスのフィールドでプロとして活躍するための競技力、コーチング力、マネジメント力の強化を中心に、テニスに関するあらゆるスキルを徹底指導。講師は坂井利郎総監督をはじめとする一流のプロ選手、そしてテニスを学ぶのに最適な学習環境の中、2年間で実力ある選手・コーチを育成します。

専任コーチ陣により、競技力とコーチング力を強化

テニスコースでは、プレイヤーや監督として日本テニス界の頂点で活躍した坂井利郎氏がアドバイザー兼監督を務めるほか、トップレベルの競技実績や指導技術を有する専門コーチ陣が、情熱を持って学生の指導にあたります。

  • アドバイザー兼監督 坂井 利郎

    (財)選手時代はデビスカップ、全英・全米オープン本選などで活躍し、3年連続日本ランク1位を達成。引退後はフェドカップ、五輪代表チーム監督などを歴任。2013年デビスカップ監督。現在、(財)日本テニス教会常務理事。本校テニスコースアドバイザー兼総監督。

    講師紹介

プレイヤー専攻


●プレイヤー演習

学外の一般大会やJOP大会に積極的に参加し、さらなるスキルアップ、ランキングアップをめざします。

●テニス実践実習

対外試合を通じて、実践的なプレイ感とテクニックを習得します。

●トレーニング演習(コンディショニング)

テニス選手のための正しいコンディショニングの基本から応用、トレーニング計画の考え方、トレーニング法などについて学びます。

コーチ・指導者専攻


●テニス演習

テニス指導員やテニス教師の受験に必要なフィーディング、デモンストレーション、指導実技などを学びます。

●コーチング演習

テニスを指導するための基本的な考え方や、テニススクールにおけるコーチングの理論・技術を学習します。

●テニス実践実習

実際のテニス大会に審判やスタッフとして参加し、イベント運営を支えるさまざまな仕事を体験します。

Total Wellness Consultingがテニスコースをサポート

アスリートにとって大切な、運動・食事・メンタルケアを専門家チームであるTotal Wellness Consulting®(トータルウェルネスコンサルティング)との産学提携によりサポート。専門家チームがテニスコースの学生の栄養やメンタル面を幅広くバックアップ。FacebookなどのSNSと、スポーツ栄養、メンタルセミナーなど、効果的なアスリートサポートを展開しています。

教育設計図

スポーツ健康学科テニスコースでは、学習内容をステップ式に明示し、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる「教育設計図」を導入しています。学生全員がしっかり学べる日本工学院独自の教育制度です。

教育設計図についてはこちら

Message from OB

夢はトップジュニア選手を育成することです。

二見 健介さん
テニスプロジェクト
テニスコーチ
テニスコース 2009年卒
神奈川県立大和西高校出身

テニススクールのヘッドコーチとして、ジュニア選手コースから成人スクールまで幅広く指導しています。この仕事をする上で大切なことは、やはりコミュニケーション能力だと感じています。テニスの技術やコーチとしてのスキルももちろん必要ですが、それ以上に対話力や言葉遣い、マナーなどに注意し、生徒さん一人ひとりに誠実に対応するよう心がけています。日本工学院 テニスコースで は、技術、コーチ、トレーナーと、さまざまな視点からテニスを学ぶことができました。在学中に習得した知識・技術は、現在の仕事に大いに役立っています。これからも日々努力を続けて成長し、トップジュニアを育成できるようにがんばりたいです。