日本工学院 日本工学院

Menu

教育について スポーツインストラクターコース

大手スポーツ企業・クラブと教育提携する東京八王子のスポーツインストラクター専門学校。

教育について スポーツインストラクターコース 教育について スポーツインストラクターコース

5Sプロジェクトで「ウェルネスサービス」「フィットネスサービス」を実践学習

MFC(メディカルフィットネスセンター)を拠点に行う「5Sプロジェクト」では、学習成果を5つのサービス領域で発揮できる環境を作ることで、実践力を高め、卒業後に即戦力として活躍できる人材の育成を行います。「5Sプロジェクト」の一つとして、スポーツ健康学科三年制/スポーツ健康学科が力を入れているのが「ウェルネスサービス」「フィットネスサービス」。エクササイズや健康運動指導、そして運動プログラムの提供や、スポーツクラブの管理・運営、マネージメントなどを実施し、トレーナーとしてのスキル・実践力を効果的に高めます。

5Sプロジェクトについてはこちら

  • 3年制
    スポーツ健康学科三年制
    スポーツインストラクターコース
  • 2年制
    スポーツ健康学科
    スポーツインストラクターコース

スポーツ健康学科三年制

多彩なスポーツインストラクターのスキルを合わせて習得

フィットネスクラブの各種プログラムの特徴を理解するとともに、トレーニングメニューの理解と指導能力を習得。またダンスフィットネス、キッズスポーツ、レジャースポーツなどスポーツインストラクターに必要となるスキルを「ウェルネス」「ダンス」「レジャー・スポーツ」「チャイルドスポーツ」の4つの専攻で実践的に学び、運動プログラムの作成能力と、ウェアラブルデバイスを活用するために必要な能力も身につけます。3年次は健康運動実践指導者や指導者マネジメントなどの各レベルに相当する能力へとスキルアップし、「健康運動実践指導者」「JATIトレーニング指導者」「メディカルフィットネストレーナー(MFT)」などの資格取得も目標にします。

スポーツ健康学科

スポーツインストラクターそれぞれの専門スキルを基礎から学習

各種スポーツやフィットネスクラブのプログラムについて理解するとともに、基本的なトレーニングメニューの理解と指導能力、マシンやフリーウェイトのトレーニングスキルを習得。さらにダンスフィットネス、キッズスポーツ、レジャースポーツなどを各専攻で実践的に学び、運動プログラムの作成能力と、ウェアラブルデバイスを活用するために必要な能力を持つスポーツインストラクターをめざします。また「健康運動実践指導者」などの各種資格取得にもチャレンジします。

2年制から3年制への編入が可能です

【2年制】スポーツ健康学科(スポーツインストラクターコース)からスポーツ健康学科三年制への編入が可能です。2年修了後に3年制の3年次に編入することで、より高度な資格や能力の習得をめざせます。

他大学への編入制度も用意。スポーツカレッジWキャリア制度

スポーツカレッジでは他大学への編入をめざせる制度を用意しています。大学に編入することにより、専門学校で習得した専門技術を社会でより効果的に発揮するための、プラスアルファの能力を身につけることができます。

〈他大学編入実績〉国際武道大学、国士舘大学、鹿屋体育大学、仙台大学、日本大学、日本女子体育大学、城西国際大学、尚美学園大学 など

専門学校の枠を超えたハイレベルな実習環境

日本工学院の広大な敷地には、バスケットコートが3面取れるアリーナを有する巨大な体育館をはじめ、陸上競技、サッカーに対応した総合グラウンド、テニスコート、プール、一流スポーツクラブと同等の機能を持つメディカルフィットネスセンターやボウリング場などのスポーツ施設を完備。外部スポーツイベントの会場やテレビのスポーツ番組の収録にも使われるなど、学外からも高く評価されています。

施設紹介はこちら

各種企業・スポーツチームとの提携で学びをバックアップ

スポーツインストラクターコースでは、さまざまなスポーツ関連企業と教育提携。カリキュラムの支援や講師の派遣、MFC運営に関するアドバイス、インターンシップ学生の受け入れなどを、スポーツクラブの大手「セントラルスポーツ株式会社」の協力により行っているほか、トレーニング&ウェルネス業界の一流企業「テクノジムジャパン株式会社」との連携で、フィットネスプログラムの指導力や最新のIoTデバイスを活用した健康運動能力を評価する「パーソナルウェルネストレーナー」資格の導入を実現。さらに大手スポーツシューズメーカーの「ニューバランス ジャパン」と共同で、スポーツ愛好家やキッズ向けイベントの実施するなど、スポーツ関連企業が学びをバックアップしています。

ウェアラブル端末POLARを導入

1日のアクティビティを常時記録、スポーツやトレーニングの強度レベルを記録・分析することのできるリストバンドタイプのウエアラブル端末POLAR(ポラール)A360をメディカルフィットネスセンター(MFC)に設置。最新のトレーニングデータ管理システム・Polar Coach機能を利用し、ICT時代に対応したインストラクター実習環境で運動指導を実践的に学ぶことができます。

インターンシップやセミナーの実施で就職率アップ

スポーツ健康学科三年制/スポーツ健康学科 スポーツインストラクターコースでは、業界大手のセントラルスポーツをはじめとする企業との協力関係により、各種スポーツクラブなどでのインターンシップやセミナーを実施。スポーツクラブの第一線で導入されている指導・運営ノウハウを実践的に学ぶとともに、就職への大きなアドバンテージとなっています。また介護学習にも力を入れ、介護資格の取得も徹底サポート。介護分野への就職希望者は、就職率100%を達成しています。

柔軟な学びのシステムを採用

スポーツカレッジでは、個人の興味や目的に応じて科目選択を行い、所属コースを決定する独自のシステムを採用。自分の将来像をじっくりと見極めた上で、最適なカリキュラムを選べるほか、資格取得を重視して履修科目を決めたり、複数分野にわたる専門能力の習得も可能です。2年制卒業後に3年制へ編入することもでき、一人ひとりが思い通りにキャリアアップできる柔軟な学びのシステムです。

楽しんで学べる多彩なスポーツ実習を用意

サーフィン、ダイビング、スノーボード、キャンプなどのアウトドアスポーツから、エアロビックやダンス、球技まで多彩なスポーツに、本格的にチャレンジ。楽しみながら実践的にプロスキルを身につけ、各種インストラクター系や多彩な資格にチャレンジできます。

多彩なダンス・フィットネスプログラムで実践学習

義務教育で必修となっているダンスを実践的に学べる、充実したカリキュラムを用意しています。授業では、インストラクター団体「JAPAN WELLNESS INNOVATION(JWI)」のサポートにより、躍動感あふれるダンスエクササイズや、幅広いダンススタイルを取り入れたフィットネスなど、多彩なプログラムを提供。ダンスの初心者から経験者まで、ダンスのスキルと、ダンスの指導スキルを楽しみながら実践的に学ぶことができます。

自然環境の中でアウトドアスポーツを実践的に体験学習

授業では、東京八王子の豊かな自然に囲まれた広大なキャンパスを活用して、多彩なアウトドアスポーツを体験。ノルディックウォーキングやボルダリング、アウトドアフィットネスなどを実践で学びます。さらに鹿児島県奄美大島を舞台に、美しい海でカヌーやスタンドアップパドルボードなどのマリンアクティビティを体験するアウトドア実習も実施。結人株式会社アマニコガイドサービスとの教育連携により、健康増進に関わる技術や指導方法、環境保全の知識などを幅広く学びます。

注目のスポーツバイクにチャレンジ!スポーツバイクメカニック検定合格もサポート

趣味やレジャー、日常の交通手段として、さらにレースやスポーツと、さまざまなシーンで人気の高まっているスポーツバイク(自転車)。スポーツインストラクターコースでは、大自然の中でスポーツバイクの体験しながら、その魅力を知り、さらに自転車の構造を理解し、基本的なメンテナンス技術を習得できるプログラムを導入。自転車関連業界への就職にも有利な資格、JBPI(自転車産業振興協会)が行っているスポーツバイクメカニック(SBM)修了検定の合格をめざせます。さらに希望者は、スポーツトレーナー科のサポートを受けて自転車レース大会に出場することも可能です。

子どもたちに直接実践指導「エンジョイスポーツ」を実施

スポーツ健康学科三年制/スポーツ健康学科では、学習成果を実践する「5Sプロジェクト」の一つ「ウェルネスサービス」の一環として、子どもたちに実際に指導を行う「エンジョイスポーツ」を月一回実施しています。「エンジョイスポーツ」は八王子市の小学校と協力し、子どもたちのスポーツ活動をサポートする取り組みで、児童を低学年・高学年の2つに分け、指導する内容を授業内で立案して練習。その後、実際に子どもたちに実践指導を行うというものです。自分たちが考えた指導内容を児童に直接指導できる、スポーツ指導の面白さをたっぷり実感できるカリキュラムです。

教育設計図

スポーツ健康学科三年制/スポーツ健康学科 スポーツインストラクターコースでは、学習内容をステップ式に明示し、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる「教育設計図」を導入しています。学生全員がしっかり学べる日本工学院独自の教育制度です。

教育設計図についてはこちら