日本工学院 日本工学院

Menu

教育について スポーツトレーナー科3年・2年制

個々のスキルに合わせた段階的な教育でスポーツトレーナーめざせる専門学校。

教育について スポーツトレーナー科3年・2年制教育について スポーツトレーナー科3年・2年制
  • スポーツトレーナー科三年制
  • スポーツトレーナー科

スポーツトレーナー科三年制

各種スポーツ系重要資格の取得を多角的にサポート

2年制はコース別にそれぞれアスレティックトレーナーとNSCA認定パーソナルトレーナー(CPT)の資格合格を、3年制はアスレティックトレーナーとパーソナルトレーナー(CPT)両方の資格合格をめざし、綿密なサポートを展開。その他にも、JSA認定ストレッチングトレーナー、JATI認定トレーニング指導者、健康運動実践指導者などスポーツ系資格の一発合格をめざした各種資格対策授業を多数用意しています。スポーツトレーナー科三年制/スポーツトレーナー科では開設以来、アスレティックトレーナー資格、NSCA認定パーソナルトレーナー(CPT)を中心に、数多くの合格実績を誇ってます。

資格についてはこちら

スポーツトレーナー科

多彩なスポーツトレーナーを育成

アスレティックトレーナー、パーソナルトレーナー、メディカルトレーナーをはじめ、サッカートレーナーやテニストレーナーなど、スポーツ・トレーニング業界で活躍するための各種トレーナースキルを徹底習得。経験・実績を持つ専門の講師による指導で、多彩なスポーツトレーナーをめざします。

自分に合った学びをカスタマイズ「フリーウェイ・キャリアアップシステム」

スポーツカレッジでは、興味や目標に応じて科目選択を行い所属コースを決定する独自のシステム「フリーウェイ・キャリアアップシステム」を採用。自分の進路をじっくりと見極めたうえで、最適なカリキュラムを選べるほか、資格取得を重視して履修科目を決めたり、複数分野にわたる専門能力の習得も可能。2年制卒業後に3年制へ編入することもできます。

フリーウェイ・キャリアアップシステム

各種企業・スポーツチームとの提携で学びをバックアップ

日本工学院スポーツカレッジでは、Jリーグの名門サッカーチーム、横浜F・マリノスや、「ヴィクトリア」などを経営する業界の大手企業「ゼビオ株式会社」、スポーツクラブの大手「セントラルスポーツ株式会社」、トレーニング&ウェルネス業界の一流企業「テクノジムジャパン株式会社」などさまざまなプロスポーツチームやスポーツ関連企業と教育提携。テクノジムのウェアラブルデバイスを活用したフィットネスプログラムの導入をはじめとして、さまざまな形でカリキュラムを支援しています。また、Jリーグ、プロ野球、オリンピックなど国際大会の日本代表、MLB(アメリカ大リーグ)の選手などを対象にトレーナー経験のある先生が授業を担当。一流スポーツチームでトレーナーとしての経験を積むインターンシップ・企業での現場実習も豊富に実施するなど、スポーツシーンでプロフェッショナルとして活躍できる実力を実践的に身につけられる学習環境を用意しています。

資格取得に必要な知識や技術を身につける「トレーナー研究会」

通常授業内での資格取得サポートに加え、意欲ある学生が参加する「トレーナー研究会」では、より深く資格取得のためのサポート講座や実習を行っています。アスレティックトレーナー試験合格を目標にした対策講座や、本校サッカーコースとテニスコースの試合に帯同してのトレーナー活動をはじめ、各種競技のフィールドで選手のサポートを実施。資格取得に必要な知識や技術を実践を通して身につけていきます。

さらなるスキルアップをめざして、2年制から3年制への編入も可能

2年制のスポーツトレーナー科修了時には、就職という進路とともに、さらにスキルアップを望む方のために、スポーツトレーナー科三年制の3年次へ編入も可能です。

高校生の部活をスポーツトレーナー科がサポート

高校生が、野球部、バレーボール部、バスケットボール部などの部活動や大会で最高のパフォーマンスを発揮できるよう、スポーツトレーナー科がサポート。本校の先進的トレーニング施設「MFC(メディカルフィットネスセンター)」を利用して、トレーニング指導などを行うコンディションニングサポートを実施しています。プロアスリートのサポート経験も豊富な本校教員の指導で行われるこの活動は、スポーツトレーナー科の学生にとって現場の生きたノウハウを学ぶ貴重な機会になっています。

スポーツドクターや医療系学科との連携で医療知識や整体の技能を習得

メディカルトレーナーコースでは、スポーツドクターや医療系学科との連携により、生理学や解剖学などの基礎理論を学ぶとともに、スポーツマッサージや体バランスを調整するための整体などの技能を実習形式で習得。一定以上の技能を身につけた学生は、施術現場でのインターンも体験します。医療知識・技能を習得したトレーナーは、将来の活動の場も大きく広げられます。

実践体験を力に!海外研修&現場実習を数多く実施

スポーツトレーナー科三年制/スポーツトレーナー科では、実践的な知識とスキルを肌で学ぶため、一流スポーツチームと協力。プロの現場でトレーニングを学ぶ現場実習の機会を豊富に用意しています。また、希望者を対象に、スポーツ先進国アメリカで最新のトレーニングスキルを学ぶ海外研修も実施。カリフォルニアスポーツ医学センターやゴールドジム、アメリカ有数のトレーニング施設EXOなどで貴重な経験を積むことができます。

スポーツトレーナー科の主な実習先
【アメリカンフットボール】IBM BigBlue/富士通フロンティアーズ/明治安田PentaOceanパイレーツ/オール三菱ライオンズ/日本代表(BIGBEARコンディショニbrングルーム) 【サッカー】神奈川大学/横浜F・マリノスJr/東京トレセンU-16 【ラグビー】帝京大学/山梨学院大学/三菱重工相模原ダイナボワーズ/栗田工業ラグビー部/RICOH BlackRams 【バスケットボール】東京八王子トレインズ/青山学院大学/アルバルク東京 ほか

教育設計図

スポーツトレーナー科三年制/スポーツトレーナー科では、学習内容をステップ式に明示し、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる「教育設計図」を導入しています。学生全員がしっかり学べる日本工学院独自の教育制度です。

教育設計図についてはこちら

Message from OB

ケガから復帰した選手が活躍した時、この仕事の喜びを感じます!

吉澤 昌和さん
フリーランス トレーナー
2006年卒 神奈川県立厚木東高校/成蹊大学出身

専門学校 日本工学院では、現役で活躍しているトレーナーの方が先生をしていたので、現場の話など、自分の進路をイメージしながら学ぶことができました。スポーツトレーナーの仕事は、選手が練習や試合で力を出し切れるように準備をするのが役目。現在は、トレーニングやケガをした選手のリハビリ、試合中の応急処置など、アスレティックトレーナーの仕事に加え、個々の選手に応じた最適なトレーニングプログラムの作成など、パーソナルトレーナーとしての役割も担当しています。ケアをした選手が試合で活躍してくれた時は本当に感動しますよ。