日本工学院 日本工学院

Menu

講師紹介 ミュージックアーティスト科 専門学校 日本工学院

音楽業界の第一線で活躍するミュージシャン・アーティストが直接指導する専門学校。

講師紹介 ミュージックアーティスト科 専門学校 日本工学院講師紹介 ミュージックアーティスト科 専門学校 日本工学院

ミュージックアーティスト科では、現役のプロミュージシャンとして活躍中のアーティストが講師として在籍。親身な指導で音楽の専門知識・演奏スキルを身につけるとともに、オリジナリティを磨き、そして伸ばすことが可能です。

人の心を動かすアーティストをめざすなら、まずは自分の心を動かしてみよう!

学生時代こそ、アーティストとしての感性を磨く努力を惜しまないことです。自ら積極的に吸収していく姿勢は重要。映画や本、音楽…。自分に刺激を与えてくれるものと対峙してみる。なぜそんなことが必要かといえば、刺激を受けないと、詞も曲も創造することができないから。何かに触発されて心の振り幅を広げることはすごく大事。自分の心が動かなければ、人の心もまた動かせないのです。自分のイメージを確実にカタチにできてこそプロ。そのための努力を惜しんではいけません。

日本工学院ミュージックカレッジ エグゼクティブアドバイザー/(株)ハーフトーンミュージック代表取締役/作・編曲家、音楽プロデューサー

武部聡志先生


大学在学時より、キーボーディスト、アレンジャーとして数多くのアーティストをサポート。1983年より松任谷由美コンサートツアーの音楽監督を担当。一青 窈、今井美樹、ゆず、平井 堅、JUJUなどのプロデュース、CX系「MUSIC FAIR」「FNS歌謡祭」の音楽監督、スタジオジブリ作品「コクリコ坂から」の音楽担当など、活躍は多岐にわたる。

ヒットメーカー・末光篤が先生! ヒットを生み出すテクニックとスピリットを伝授。

日本工学院ミュージックカレッジ 専任教師/シンガー・ソング・ライター/音楽プロデューサー/アレンジャー

末光篤先生


これまでに木村カエラの大ヒット曲『Butterfly』、人気アニメ「のだめカンタービレ」オープニングテーマ曲『Allegro Cantabile』などを生み出したヒットメーカー・末光篤が、日本工学 院ミュージックカレッジの専任講師に就任。Every Little Thing、今井翼、坂本真綾など、これまで数々のアーティストへの楽曲提供&プロデュースを手がけ、また自身もアーティストとして活躍する末光篤先生の授業はまさに実践重視。理論に基づいた作曲・編曲のテクニックに加え、個性的で魅力的な楽曲を作るための大切な要素を学生一人ひとりに伝授します。

末光篤Project

マスターインストラクター

入学時から卒業まで、現役のプロミュージシャンがマン・ツー・マンで直接指導を行ないます。従来のレッスンでは学ぶことのできないテクニック、表現力、そしてアーティストマインドまでを伝授します。

  • 山田わたる先生 (Drums)

    FENCE OF DEFENCEのドラマー。圧倒的な存在感とハイクオリティな音楽性で、1985年のデビューから現在まで高い評価を得ている。

  • 西川 進先生 (Guitar)

    「感情直結型ギタリスト」の名のもと、独創的かつ存在感のあるギタープレイで独自のジャンルを築き上げている。

  • 西山 毅先生 (Guitar)

    HOUND DOGのギタリストとして活躍。現在は多数のアーティストのサポートギターとして活動中。

  • 渡辺 建先生 (Bass)

    PRISMのベーシストとして長年にわたり活動。幅広いジャンルをサポートできるプレイヤーとして活躍中。

  • 小野正利先生 (Vocal)

    シングル『You’re the Only・・・』が114万枚を超える大ヒット。日本レコード大賞新人賞ほか、数多くの賞を受賞し、NHK紅白歌合戦にも出場。

  • YOSHIAKI先生 (Drums)

    175Rのドラマーとして活躍。ドラムメーカーのCANOPUSエンドーサー。現在はライブサポートなどを中心に活動中。

  • ISAKICK先生 (Bass)

    175Rのベーシストとして、NHK紅白歌合戦出場・武道館ワンマンライブなどで活躍。

  • 藤本 健一先生 (Drums)

    数々のサポートを経てサウンドホライズンに参加。現在もツアーサポートを中心に活動中。

  • ギターがうまく弾けないのには必ず理由があります

    加茂 フミヨシ先生

    ミュージックアーティスト科

    テクニカル・ディベロップメント/コース実習(ギター)担当

    ギター専攻ではギタリストとして必要な、右手・左手の合理的な演奏フォームを研究し、J-POP、ROCK、Metal、R&B、Jazz、Fusion、Blues…など、あらゆるジャンルでのギタープレイを可能にするテクニックを身につけてもらいます。プレイに行き詰まったりつまづいたりしても大丈夫。講師が一人ひとりに対して、ギターがうまく弾けない理由を具体的に解説し、問題を解決してもらえるよう心がけています。

  • アドリブテクやアンサンブルなど、現場で通用するベーステクを伝授!

    原田 博之先生

    ミュージックアーティスト科

    ベース専攻、ベースアドリブ、アンサンブル担当

    質の高い講師、充実した施設、そしてオーディションなど発表の機会が多いなど、専門学校 日本工学院にはいいプレイヤーが育つ環境が揃っています。特にベーステクニックは教わる講師によって上達度が変わっていきます。現場経験の豊富で質のよい講師陣と一緒に、いいプレイヤーをめざしてください。講師とのコミュニケーションもたくさんできるので、体験入学に参加して、いろいろ話を聞いてみてくださいね。

  • 最小限の技術向上で即戦力ドラマーをめざせ!

    マン・リューベン先生

    ミュージックアーティスト科

    ドラム専攻 実技、ドラム・ベースグルーヴ、アンサンブル担当

    スティックコントロール、4ウェイでのリズム&フィルテクニック、グルーヴ&リズムキープなど、プロドラマーとして、常に楽曲でのリズムアレンジャーであることを意識してプレイするように指導しています。実際の楽曲を用いて、ほかの楽器をよく聴き、ハーモニーの重要性を身につける授業など、すべてが実践的。最小限での技術向上で即戦力になれること、プロへの近道がここにあるというわけです。

  • あらゆる音楽ジャンルに対応できる鍵盤奏法を学びます

    平下 政志先生

    ミュージックアーティスト科

    キーボード担当

    プロのピアニスト・キーボーディストとして活躍できるよう、あらゆる音楽ジャンルに対応する奏法の基礎を教えています。個人の得意・不得意や、音楽的志向に合わせて、一人ひとりの得意なものを伸ばしていけるように指導。また、制作現場での要求にすぐ対応できる力を心身ともに身につけてもらうため、自分の若い頃の失敗談なども披露していますよ。授業では、講師と学生が現場の「先輩」と「後輩」のような雰囲気です。いっしょにプロミュージシャンをめざしましょう。

  • 誰かの真似ではなく、自分の声で歌うことが大事!

    尾崎 久美子先生

    ミュージックアーティスト科

    アンサンブル(ヴォーカルレッスン)担当

    ヴォーカリストとして大事なのは、誰かの声の真似ではなく自分の声で歌えること。自分の声(響)や空気を生かしながら、メロディ・リズム・歌詞を表現できるよう指導。実演後には、本人がどのように感じたか、どうしたらもっとよくなるかを学生同士で話し合うなど、自分以外のものを吸収してもらえるよう心がけています。発表会やオーディションなどが多いので、目標を持ちやすいのもいい刺激になりますよ。

  • 実践的な授業でプロの講師から多くのことを学んでほしい

    祐天寺 浩美先生

    ミュージックアーティスト科

    映像音楽など担当

    コンポーザー、アレンジャーとして仕事をしていくための作曲や編曲のスキル、そして実践として映像に音楽をつける時に必要なテクニックなどを教えています。実際の仕事を例にして具体的に説明するよう心がけているので、仕事をしている自分の将来の姿をイメージしながら、学べると思います。数多くのプロから学ぶことのできる環境で、現場の空気を感じてください。1人では学べない、いろいろなことを体験しましょう!

開催日

10/2() 16(※八王子校のみ) 23(※蒲田校のみ) 30(※八王子校のみ)
11/6() 20()

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
お申し込み不要。無料送迎バス運行中!