日本工学院 日本工学院

Menu

プロダンサー専攻

プロのプロダンサーになりたいと考えている方へ
基礎からじっくり学べる日本工学院のプロダンサー専門学校。

プロダンサー専攻 ダンスパフォーマンス科 専門学校 プロダンサー専攻 ダンスパフォーマンス科 専門学校
  • 2017年度学生募集
  • 蒲田

プロダンサー専攻

ダンスパフォーマンス科

プロダンサーに必要なすべてを学ぶ

プロダンサーとは、自分が好きな、得意なダンスだけ踊れてもダメ。どんな要求にも応えられるのがプロダンサー。プロダンサー専攻ではJAZZ(ジャズ)、BALLET(バレエ)、CONTEMPORARY(コンテンポラリー)の基礎に加え、HIPHOP(ヒップホップ)、HOUSE(ハウス)まで幅広いダンスを学びます。また技術面だけでなく、精神力や、現場での立ち振る舞いなどヒューマンスキルも培い、プロダンサーとしての心と体を養います。

徹底した基礎づくりと多彩なジャンルの学びが、プロダンサーの土台を形成

プロダンサー専攻では、プロダンサーに必要なダンスの基礎力を徹底的に磨きます。JAZZ(ジャズ)やBALLET(バレエ)などでダンサーの土台をつくり、それと並行してHIPHOP(ヒップホップ)やHOUSE(ハウス)など、幅広いダンススキルを実践的に習得。基礎力を高めることでダンサーとしての素養をつくり、表現力に幅を持たせるのです。このことが、一過性ではなく、長くダンサーとして活躍可能な人材を育てます。

プロダンサー「SAM」がプロダンサーに必要なカリキュラムを作成

日本のダンスシーンをリードしつづけるSAMが、授業内容、講師の選定などダンスパフォーマンス科のすべてをトータルプロデュース。一流プロダンサー達によるダンスレッスンには、もちろんSAM自身も参加。プロダンサーをめざすための最高の学習環境を用意しています。ダンス業界との深いつながりにより、在学中からプロダンサーデビューをサポートします。

教育についてはこちら

SAM’s Message

好きなジャンルだけ踊り込んでも大きな成長なんて期待できないんだ

2年間好きなダンスだけをやったところで、大きな成長は期待できないもの。それよりはBALLET(バレエ)、CONTEMPORARY(コンテンポラリー)、JAZZ(ジャズ)といった幅広いダンスの基礎をしっかりと学ぶべき。2年後には、想像以上にあなたの可能性は広がっているはずです。HIPHOP(ヒップホップ)、JAZZ(ジャズ)、CONTEMPORARY(コンテンポラリー)、BALLET(バレエ)、HOUSE(ハウス)まずはダンサーとしての骨格を骨太にすることです。ダンスが好きなら、誰でもプロになれる可能性はあります。大切なのは真摯に、探究心を持って、身体が忘れないほど踊り込めるか。最近の高校生はレベルが高い。だからこそ本物の技術を身につけてほしいのです。

PROFILE

15歳の頃からダンスを始める。19歳で「全国フラッシュダンスコンテスト」に優勝。さらに本格的なダンス技術習得のため、単身NEW YORKへ。本場のストリートダンスとともにクラシックバレエ、ジャズダンスを学ぶ。帰国後結成した“MEGAMIX”でテレビ番組『DANCE DANCE DANCE』にレギュラー出演、一大ダンスブームを巻き起こす。1992年にはTRFのメンバーに。一方でSMAP、東方神起、BoA、浜崎あゆみ、V6、Coming Centuryなど数多くのアーティストのコンサート演出、振り付けを手がける。近年はメディアを通じて次世代ダンサーの発掘、育成にも力を注いでいる。

講師一覧ページはこちら

専攻の特徴

めざせプロデビュー!在学中からプロダンサーとして活躍する先輩多数!

ダンスパフォーマンス科では、業界との太いパイプで各種オーディション情報などを数多く提供し、プロデビューをバックアップ。PVやコンサート、ショーにダンサーとして出演するなどのチャンスを数多く用意しています。そしてデビューに向けてのマネジメントなども完全サポート。在学中からプロダンサーとして業界デビューする先輩達もたくさんいます。日本工学院のダンスパフォーマンス科ならではのデビューサポートで、たくさんの在校生・卒業生が業界でプロダンサーとして活躍中です。

就職・デビューについてはこちら

ダンスシーンの中心を担う現役のプロによる豪華な講師陣

SAM自身が人選したダンス業界トップのプロたちが講師陣にずらり勢揃い。HIPHOP、HOUSEなどのストリート系から、BALLET(バレエ)、JAZZなどの基礎、そしてコリオグラファー(振付師)まで、そうそうたるプロダンサーが親身になってダンススキルを伝授します。

講師一覧ページはこちら

ダンスシーンを中心に、さらに進路の幅を広げる独自の教育システムを採用

日本工学院・ミュージックカレッジでは、一人ひとりの個性に合わせた教育でスキルアップし、望みの進路を手に入れられるよう、独自の教育システムを採用。学習達成度を計る〈グレードシステム〉やプロのダンサー、ダンススタジオなどとの連携により行われる〈インターンシップ〉などを実施し、万全の体勢で学生一人ひとりをサポートしています。

教育についてはこちら

SAMプロデュースのダンスパフォーマンス科専用スタジオ

SAMプロデュースのダンススタジオ、”GEM STONE STUDIO(ジェムストーンスタジオ)”。直訳すると「宝石の原石(を磨く)スタジオ」という意味。学生を原石に例え、一流のダンサー講師陣によってその原石を磨き多彩なカラーに輝かせる。その思いに応え、ダンスを真剣に学び、磨かれて輝いて、このスタジオから世界に羽ばたくダンサーをめざそう!また2016年6月には、新スタジオが入った音楽系の新施設が蒲田キャンパスに登場!すべてが一新された学習環境で学ぶことができます。

施設についてはこちら

めざせる業種・職種

ソロダンサー、ステージダンサー、バックダンサー、ダンスインストラクター、コリオグラファー(振付師)、ミュージカルダンサー、テーマパークダンサー、スポーツジムインストラクター、ダンス&ヴォーカルアーティスト、PVダンサー、CMダンサー、プロチアダンサー、コンサートツアーダンサー、パレードダンサー、キャラクターダンサー など

取得可能な資格

ダンスインストラクター検定、初級スポーツ指導員(ダンス・スポーツ)、ウォーキング検定、ビジネス能力検定(B検)ジョブパス など

まずはオープンキャンパス+体験入学にご参加ください。

開催日

12/11() 1/9(月・祝)

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
お申し込み不要。無料送迎バス運行中!

ダンスパフォーマンス科では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。ダンスの初級レッスンからHIPHOP、JAZZ、HOUSEなど多彩なダンスレッスンまで、さまざまなレッスンを体験!優しく指導しますので、初心者でも安心です。何回でも参加OK!ぜひご参加ください。

イベント情報

進学系イベント

もっと見る

ダンスパフォーマンス科をもっと知る

日本工学院WebTV

日本工学院をムービーでご紹介

  • 前へ
  • 次へ

ここがポイント!

日本工学院 ダンスパフォーマンス科が取り組むプレゼンテーションやインターンシップ、学科の枠を越えた多彩なコラボ実習、企業プロジェクトなどの実践教育、技術熟練教育などをムービーで紹介します。

すべてを見る