日本工学院 日本工学院

Menu

ラジオの専門学校 日本工学院

プロのラジオエンジニア・スタッフを育成する専門学校。

ラジオスタッフ専攻 音響芸術科 専門学校 ラジオスタッフ専攻 音響芸術科 専門学校
  • 2019年度学生募集
  • 蒲田
  • 八王子

ラジオスタッフ専攻

音響芸術科
  • ProTools認定 110/201/210M/210P
  • 文部科学省認定 職業実践専門課程認定学科

ラジオ番組制作のすべてを学び、ラジオ番組スタッフとして活躍する

ラジオスタッフ専攻ではラジオ番組制作に関わるすべてを学習します。リスナーに向けてより良い音を届けるため、出演者の声や音楽の音質・音量を調整するほか、ディレクターの演出に合わせて効果音などを挿入するのもラジオミキサーの大事な役割。音響の知識や機材の操作方法などはもちろん、さまざまな音楽や音、声などに触れることで、感性やセンスを養い、ラジオ局のラジオ制作現場で即戦力となるスタッフを育成します。DJ番組やラジオCM制作、ラジオドラマ制作などの実習授業を数多く実施。実際にFM放送局の番組制作を体験することで、より深く学習することが可能です。

ラジオスタッフに必要なノウハウを実践的に学ぶカリキュラム

ラジオスタッフ専攻では、サウンドミキシング、マイクアレンジなどの基礎技術の学習に加え、多くの実習で、DJ番組・CM制作・バラエティー番組・ラジオドラマ、そしてインターネットラジオ用の番組など、ラジオ用のさまざまなコンテンツ制作に挑戦。シーンの第一線で活躍中のプロミキサーによる実践的な指導で、ラジオミキサーのノウハウやテクニックを習得。ラジオスタッフとしてラジオ局内で幅広く活躍するためのスキルを身につけます。

ラジオ番組制作に参加!FMヨコハマ「Startline」

本校卒業生 坂詰美紗子さんがパーソナリティを務めるFMヨコハマのラジオ番組「Startline」の制作に音響芸術科の学生が参加しています。学生たちは番組のAD、構成作家、ミキサーとして番組制作に携わっています。実際にラジオスタッフとして働くことで実践力を身につけます。

毎週土曜日20:30~

FMヨコハマ 84.7MHz にてON AIR

Startlineについて詳しくはこちら

専攻の特徴

プロ同様のラジオ番組収録・アフレコなどが可能なハイスペックスタジオを完備

海外の一流スタジオと同様に、個性的な響きのあるライブフロア、最新スペックでフル装備したコントロールルームを完備したスタジオを蒲田校に設置。プロ同様のラジオ番組収録やアフレコを行うことのできる専用スタジオも併設され、さまざまな業界で活躍するための幅広い録音スキルを実践的に学ぶことが可能です。学校のレベルを超えたハイクオリティなスタジオ環境でのレコーディング実習は他では経験できない貴重なものです。

施設紹介はこちら

先輩たちがソニー・ミュージックスタジオのレコーディング・マスタリングエンジニアとして活躍中!

音響芸術科の卒業生が、大手レコーディングスタジオの「(株)ソニー・ミュージックスタジオ」のレコーディングエンジニア、マスタリングエンジニアとして活躍しています。「レコーディングエンジニアは音楽を通して、素晴らしいミュージシャン・アーティストと関わります。多彩なジャンルの音楽に触れ合うので、とてもいい刺激を受けますよ。やりがいのある仕事なので、日々何事にもチャレンジしながら経験を積み、この業界をめざしてください。」とエールを送っています。

就職・デビューについてはこちら

Pro Toolsをはじめ、各種音響系重要資格を取得

Pro Tools技能認定試験をはじめ、舞台機構調整技能士[音響]1〜3級(本科が東京都認定第1号)、映像音響処理技術者(JPPA)、MIDI検定(2・3級) 、サウンドレコーディング技術認定試験など、多くの資格取得に挑戦します。特に音響芸術科ラジオスタッフ専攻では、ラジオ番組制作の現場でもスタンダードとなっているPro Tools資格取得を万全の体制でバックアップ。日本工学院は専門学校で唯一のPro Toolsの資格認定校として、Pro Toolsに特化したカリキュラムやPro Toolsインストラクターによる直接指導などを行い、上級Pro Tools認定資格「201」についても毎年高い取得率を誇っています。

資格についてはこちら

Pro Toolsについて詳しくはこちら

MA・レコーディング業界を中心に、進路の幅を広げる独自の教育システムを採用

日本工学院ミュージックカレッジでは、一人ひとりの個性に合わせた教育でスキルアップし、望みの進路を手に入れられるよう、独自の教育システムを採用。学習達成度を計る「グレードシステム」、プロのレコーディングスタジオなどとの連携により行われインターンシップなどを実施し、万全の体勢で学生一人ひとりをサポートしています。

ラジオ業界で活躍するミキサーエンジニアが直接指導

ラジオ制作の現場で現役で活躍中のラジオミキサーをはじめ、音響・レコーディングのプロフェッショナルが講師。現場を良く知るプロだからこそのハイレベルなスキルと感性を直接伝授します。

講師一覧

めざせる業種・職種

ラジオミキサー、ラジオ局スタッフ、放送ミキサー、番組制作スタッフ、音響効果マン など

主な就職先

ソニー・ミュージックスタジオ、キング関口台スタジオ、ビクターエンタテインメント、エイベックス・グループ・ホールディングス、シグマコミュニケーションズ、サウンドインスタジオ、電音エンジニアリング、プロセンスタジオ、ホリプロ、ミキサーズラボ、麻布プラザ、音響ハウス、ビークル、AZABU WEST STUDIO、オムニバス・ジャパン、SHOW-YA projecT、東芸エンタテイメンツ、日本テレビビデオメディアセンター、イマジカデジタルスケープ、ワタナベエンターテインメント、ポニーキャニオン、スタジオエコー、綜合舞台、ネオテック、コスモ・スペース、クロステレビ、創音、放送技術社、サウンドボックス、バンケット・プランニング、朝日放送設備、ブレーン、西武ホールディングス、NACK5プロジェクト、エフエムサウンズ、サンフォニックス、プラネットキングダム、共立ファシリティ・マネージメント、タムコ、アンサーズ、IMAGICA、パシフィックアートセンター、宝塚舞台、白川プロ、ローソンHMVエンタテインメント、プレステージインターナショナル、TCP、スワラプロ、三友、ザ・チューブ、エフビーコミュニケーションズ、BOマーズ、グリーンバードスタジオ、アンクル、デジタル・セッション、ワンステップワークショップ、共立、東芸グループ、シールズ関東、長野三光、スズキオーディオ、ソニースタジオ、BB・JOB、ロックンバナナ、ブル、ビデオスタッフ、共同エディット、シネ・フォーカス、サンジゲン、サンパチクリエイティブ、Free Market A-tone、藤沢エフエム、ワンステップワークショップ、メディアリリース、ビデオスタッフ 他多数

就職・デビュー

まずはオープンキャンパス+体験入学にご参加ください。

開催日

4/29(日・祝)
5/6() 20() 27()
6/3() 10() 17() 24()

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
お申し込み不要。無料送迎バス運行中!

音響芸術科では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。プロが使用するレコーディング環境で、プロのミュージシャンと一緒に、Pro Toolsを使ったレコーディングを体験!そのほかにも開催日によってさまざまな体験メニューを用意。レコーディングエンジニアの仕事を体感することができます。ぜひご参加ください!

イベント情報

進学系イベント

もっと見る

音響芸術科をもっと知る

日本工学院WebTV

日本工学院をムービーでご紹介

  • 前へ
  • 次へ

ここがポイント!

日本工学院 音響芸術科が取り組むプレゼンテーションやインターンシップ、学科の枠を越えた多彩なコラボ実習、企業プロジェクトなどの実践教育、技術熟練教育などをムービーで紹介します。

すべてを見る