日本工学院 日本工学院

Menu

教育について ITスペシャリスト科 専門学校 日本工学院

充実した教育サポートで即戦力を育成するITスペシャリスト科(4年制)の教育紹介。

教育について ITスペシャリスト科 専門学校 日本工学院教育について ITスペシャリスト科 専門学校 日本工学院

4年制専門学校だからできる圧倒的実習量!

大学は幅広い教養の習得や総合的な学問・研究を重視するのに対し、ITスペシャリスト科は実践を重視。IT業界で即戦力となる実力を身につけるためには、実践力を高めなければなりません。ITスペシャリスト科は4年制という環境を生かし、実習量は大学の約2倍。座学で学んだことも実際に自らが実践し経験することで、大きなスキルアップに繋がります。

業界で活躍するために必要となる、3つのスキルをバランス良く身につける

パソコン・ネットワーク科では、ITスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキルの3つのスキルを合わせて学ぶことで、IT業界が求める実践力を持つ人材を育成します。在学中にこれらのスキルをバランス良く身につけることで、卒業後に即戦力として活躍することが可能です。

●ITスキル
ネットワーク、プログラミング、システム開発、セキュリティなど各分野の専門知識&技術。

●ビジネススキル
各種業界の業種・業務知識、経営戦略、システム戦略、広告戦略、マネジメント能力など。

●ヒューマンスキル
社会人としての常識や仕事に対する責任感、プレゼン能力、コミュニケーション能力など。

企業との太いパイプを生かした産学連携で、実践力や人間力を強化

ITスペシャリスト科では、有名企業や団体との産学連携により、共同開発や特別講義、インターンシップなどプロの仕事を知り、実際に経験することで実践力と同時に幅広い視野を身につける機会を多数設けています。

主なインターンシップ協力企業

●アドビシステムズ
●日立INS ソフトウェア
●コアード
●JIT
●ソフテム
●ビリングシステム
●インキュベート・ジャパン
●コンピュータ・ネットワーク

●オー・エイ・エス
●技研電子
●インターネットイニシアティブ
●古河インフォメーション・テクノロジー
●ヒューマンシステム
●AppBank Games
●システム・ランド
●カヤック ほか

日本マイクロソフト(株)と連携し、ハンズオンセミナーを実施!

ハンズオンセミナーとは、専門家から直接指導を受ける体験学習のこと。ITカレッジでは2016年6月、日本マイクロソフト(株)のエバンジェリスト(IT環境のトレンドや最新技術を社内外に伝える職種)を招き、同社の「Microsofto Azure」に関するハンズオンセミナーを開催。当日の様子や学生インタビューが後日、同社のインターネット番組で配信されました。


1人1台最新ノートパソコンを無償提供。場所と時間を問わず自由に学べる!

コンピュータ・ITの学習に欠かせない最新型ノートパソコン(日本工学院オリジナルモデル)をITカレッジ入学者全員に提供。マイクロソフト(株)とのソフトウェアライセンス契約により、在学中にOfficeなどのソフトウェアが無償で利用でき、バージョンアップも無償で更新されます。さらに、MOSの模擬試験ソフトやJUDE(世界中で使用されている開発ツール)などがバンドルされているので、どこでも自由に資格試験対策の学習が可能。また、卒業する際には全員にプレゼントされます。
※在学期間を通して安心してお使いいただくための補償料と一部ソフトウェア代金が別途必要となります。

最新型ノートパソコン無料提供

日本工学院オリジナルモデル
東芝「dynabook RX73」
(2017年度採用モデル)

担任教員が、学習・就職・学生生活を親身にサポート

日本工学院では、クラス担任制を採用。ITスペシャリスト科でも、入学から卒業までを一人の専任教師が責任持って担任し、学習・就職・そして学生生活全般まで、あらゆる面で親身なサポートを行います。担任教員が、定期的に学生一人ひとりと面接を行うことで、個々の状況をしっかりと把握するとともに、信頼関係を構築。学生と担任教員の距離は近く、絆も深くなるため、卒業後も先生のもとへ近況を伝えにくる学生も少なくありません。こうした雰囲気がITカレッジ全体の就職の良さなどに結びついています。

  • ●就職サポート

    クラス担任は、キャリアサポートセンターや講師の先生方と連携を取り、学生一人ひとりの就職活動をサポート。適性試験、模擬試験の実施や、模擬面接、そして履歴書の添削、求人情報の紹介などを行います。特に模擬試験では、前年度の試験問題の傾向や、採用のポイントなどの有用な情報をもとに実践的に指導。内定が決まるまで、あらゆる面でていねいにサポートします。

  • ●学習サポート

    授業内容や進行についての相談や、卒業制作や大学編入などに対する助言や指導、そして各種資格取得のためのサポートとして、個別に過去問題を配って解説するなど、きめ細やかに学習をバックアップ。学生一人ひとりが安心して学べるよう、最適な環境づくりを行います。

  • ●学生生活サポート

    学生一人ひとりとの面談により、個人の特性をしっかりと把握。個々の学生に合わせ、さまざまな悩みや将来の目標など、あらゆる面で親身に助言、指導を行います。より専門的な相談を行うことのできる学生相談室もありますが、まず担任教員が相談の窓口となり、学生生活の道案内的な役割を果たします。

体験型学習をベースに、段階的にスキルアップをはかります

ITスペシャリスト科では、ワークショップや産学連携プロジェクトなど、実践型の授業を豊富にカリキュラムに組み込み、大学にはない、密度の濃い専門教育を展開。特にITスペシャリスト科では、3年次以降、PBL(Project Based Learning)やインターンシップ・企業と連携したワークショップなどの体験型学習が活発に行われます。


●ワークショップ

一つのテーマに全員で取り組み、ディスカッションや共同体験を通して、相互作用の中で学び、技術を身につけていきます。


●ケーススタディ

企業など、プロの現場での具体的な事例について、さまざまな角度から分析・研究することで知識を深め、問題解決方法などについて学びます。

●PBL(Project Based Learning)

学生がプロジェクトを実施し、そのプロジェクト体験を通して自主的に学ぶ中で、専門知識やチームワーク、マネジメント等のスキルを総合的に身につけていきます。

●プロジェクト学習

産学連携プロジェクトなど、企業との連携により実プロジェクトを推進し、プロの仕事を経験。実践力を強化します。

●インターンシップ

実際に企業に赴き、プロの現場で就業体験を行います。短期(約1週間)、中期(2週間~1ヶ月間)、長期(1~3ヶ月間)があり、長期は4年制のみが参加可能です。

ITSSをカリキュラムに導入!IT業界で活躍するための即戦力を養います

経済産業省が、各種IT関連サービスの提供に必要とされるスキルを明確化・体系化した指標・ITスキル標準(ITSS)。ITスキル標準(ITSS)は、スキルをITの職種と35の専門分野に分類し、個人の能力や経験に基づいて7段階のレベルを規定しています。ITスペシャリスト科では、多くのIT企業が注目するこのITSSをカリキュラムに反映し、レベル1~4のスキル習得を目標に即戦力を養成します。一般的に大学の場合、卒業後に仕事をして初めてレベル1に到達するので、ITスペシャリスト科で学ぶことが就職時に大きなアドバンテージとなります。

入学 1年次 2年次 3年次 4年次 卒業
プロジェクト学習
プロジェクト学習 PBL(学生主導)
PBL(教員主導) 長期インターシップ
ケーススタディ 中期インターシップ
短期インターシップ
ベーシック
ITSSレベル1 ITSSレベル2 ITSSレベル3 ITSSレベル4

授業だけでは学べない、ビジネス業界の最新技術動向

ITの世界は、言うまでもなく世界共通のグローバルな世界。どこの国でも活躍できる大きな可能性を秘めています。ITスペシャリスト科では、希望者を対象とした外国語のレッスンを実施。また、語学研修と海外のIT事情に触れることを目的とした『海外研修』では、外国のIT企業や展示会の見学や、さらに現地でベンダー 資格の取得に挑む構想もあります。

初心者、女性、文系、社会人など、誰もがゼロから学べ、楽々スキルアップ

ITスペシャリスト科では、基礎から段階を踏んで学べるカリキュラムを用意していますので、パソコンは初めてという方でも安心です。また、文系や理系、男女の違いも気にする必要はありません。IT業界で活躍する文系出身者や女性も少なくないので、初心者の方はもちろん、文系・女性の方でも安心して学べます。

LEGO社のプログラミングロボット教材を使用した授業を展開

ITスペシャリスト科では、LEGO社の教育版マインドストームを授業に採り入れています。マインドストームは、プログラムが組み込めるブロックやセンサーなどの部品を組み立てることで、ロボットやさまざまな機械をつくるプログラミングロボット教材。プログラミングで何かを動かす、そしてシステムを実践するアイディアを体験的に学習することができ、プログラミングに対する理解がいっそう深まります。

課外活動についてはこちら

教育設計図

ITカレッジでは、学習内容をステップ式に明示し、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる「教育設計図」を導入しています。学生全員がしっかり学べる日本工学院独自の教育制度です。

教育設計図についてはこちら

一人ひとりの習熟度に合わせて学べるラーニングサポート

学生がそれぞれのレベルに応じて自分のペースで学べるよう、定期的に自習形式の学習時間(期間)を設け、教員が一人ひとりの学習をサポート。前期・後期をそれぞれ1~16週目と17~20週目の2つに区分してサポート内容を変えたり、基礎学力を高めるために毎朝10分間のトレーニングを行うなど、さまざまな角度からサポートを行っています。

ITカレッジの教育について

職業実践専門課程認定学科

2014年度より、専門学校に新しい専門課程である「職業実践専門課程」が創設され、ITスペシャリスト科が認定されました。「職業実践専門課程」とは、文部科学省が認可を行う制度で、「職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成する」ことを目的としています。カリキュラムの編成や授業内容、教員研修などにおいて、各分野の企業と連携しながら実施することが認定要件となっており、長年、産学連携による実践教育を行ってきた本校にとってはまさに待望の制度です。

職業実践専門課程

Message from Student

目標は、まわりから頼りにされる一流エンジニアになることです。

笠井 啓太
ITスペシャリスト科
システム専攻
埼玉県立久喜北陽高校出身
TIS内定

日本工学院での4年間で、ITについて基礎から応用まで、幅広く学ぶことができました。また、資格取得や就職についても手厚くサポートしてもらったおかげで、念願だったシステムエンジニアとして就職内定をいただけました。就職サポートで印象的だったのは、2年次の夏休みの間に企業を10社選び、履歴書を書くという課題です。この課題があったからこそ、企業研究や業界研究を早い時期から進めることができ、自分の進みたい道が明確になりました。内定が決まったTISには、さまざまな業種・業態のお客様がいるので、広い視野を持ち、柔軟に対応していくことが大事だと思っています。日本工学院で学んだ知識・技術を生かして、周りから信頼されるエンジニアになれるようがんばりたいです。

充実の学習環境で学び、生きたスキルを身につけることができました。

渡邊 舜
ITスペシャリスト科
ネットワーク専攻
埼玉県・私立埼玉平成高校出身
セコムトラストシステムズ内定

日本工学院の授業は実践を想定したものが多く、社会に出てすぐに役立つ知識・技術を習得することができました。ネットワークを学ぶ実習は、シスコシステムズ社製のルータやスイッチを用いて行われます。学生のうちから実際に業界標準の機器に触れることで、生きたスキルを身につけることができ、就職活動でも自信を持って自己アピールできました。内定をいただいたセコムトラストシステムズでは、ネットワークエンジニアとして業務にあたる予定です。エンジニアという職業は人前に出るような目立つ仕事ではありませんが、確実に人の役に立てるところに魅力を感じています。入社後はまずはしっかりと仕事を覚えて、ネットワークのスペシャリストをめざしたいです。私達の生活に欠かせないネットワークを通して、社会をサポートしていくことが今の私の夢です。