日本工学院を詳しく知るなら 今すぐ!資料請求【無料】

日本工学院 日本工学院

Menu

就職サポート 演劇スタッフ科 専門学校 日本工学院

劇団四季などの有名劇団、大手劇場・ホールなどへの実績多数。

就職サポート 演劇スタッフ科 専門学校 日本工学院就職サポート 演劇スタッフ科 専門学校 日本工学院

劇団四季などの有名劇団、大手劇場・ホールなどへの就職実績多数

演劇スタッフ科では、業界の第一線で活躍する講師と学科、そして学生の就職活動をサポートする専門機関・キャリアサポートセンターとの連携で、舞台・演劇業界へプロスタッフとしての就職を実現。 在学中より、プロの舞台での仕事を経験するなど、業界を知り、プロの現場を知ることで、即戦力としての採用が見込まれます。

Message from OB・OG

写真左から

先輩方の作った伝統をベースに、私たちの時代の新しい舞台を作る

劇団四季 舞台監督 矢武 佑太さん 2011年卒 島根県立出雲工業高校出身

私たちの世代には、これからの舞台を支えていくという使命があります。これまでに先輩方が作り上げてきた伝統を大切にし、そしてそこに新しいアイディアをプラスしていくことでつくり上げる舞台。新しい舞台の可能性を見つけ、さらに前に進んでいきたいと思っています。

舞台はつねに変化を繰り返す。大変だけど、大きなやりがいがあります

劇団四季 舞台監督 東 恒史さん 1992年卒 神奈川県立氷取沢高校出身

生身の俳優が演じる舞台では、一瞬一瞬がその時限り。お客さまもその時によって変わり、私たちはその反応に一喜一憂します。舞台監督という仕事は、そんな舞台を動かす中心となる仕事。とても大変ですが、とてもやりがいがあり、公演の最後に味わう達成感は格別です。

人と人とのつながりの力が、舞台を動かしています

劇団四季 舞台監督助手 仁田野 涼子さん 2003年卒 大分県立日田林工高校出身

舞台は、照明、音響、美術などさまざまなスタッフによってつくられています。そのスタッフをつなぎ、舞台を作り上げるのに必須となるのはコミュニケーション能力。日本工学院で学んだ、さまざまな舞台製作のスキル、そしてコミュニケーション能力は現場でとても役に立っています。

日本工学院で学んだ舞台づくりの基礎が、今プロの現場で生きています

劇団四季 照明 高橋 未依さん 2003年卒 神奈川県立港北高校出身

舞台の照明をデザインするには、さまざまなプロスキルが必要となりますが、やはり基礎がしっかりと身についていないと良い照明づくりはできません。日本工学院では基礎からプロスキルまでをしっかり学びますが、やはり舞台作りの基礎は、今もあらゆる場面で生かされていることを実感します。

次世代へ受け継がれていく舞台製作の技術。私から、新しい世代へ伝えたい

劇団四季 小道具 大坂 昌義さん 1995年卒 千葉県・市立松戸高校出身

小道具という仕事は舞台上のさまざまなものを作り出す仕事。私も裁縫から溶接まで、あらゆる技術を駆使して舞台上に物語の世界を作り上げています。学校で学んだスキルをベースに、現場で先輩から受け継いだ伝統の技術を受け継いでいくこの仕事。これからの若い世代の活躍を期待しています。

主な進路

アートコア、ASG(アート・ステージライティング・グループ)、オフィス新音、金井大道具、共立、劇光社、劇団四季、シアター・ブレーン、シミズオクト、松竹衣裳、世田谷パブリックシアター、綜合舞台、宝塚舞台、テイク、電音エンジニアリング、東京朝日照明、東京舞台照明、東舞トータルサービス、東宝舞台、特効、トラパル、日生劇場、俳優座劇場、ハートス、パシフィックアートセンター、バンケット・プランニング、プランニング・アート、明治座舞台、ライティングカンパニーあかり組 ほか多数 50音順

キャリアサポートセンターが望みの就職をサポート

キャリアサポートセンターでは、キャリアコンサルタントの資格を持つ専門の職員が、就職に関する不安や疑問にマンツーマン体制で応え、適切なカウンセリングを実施。 就職の斡旋だけではなく、学生一人ひとりの将来の夢や適性などを考慮し、適切なアドバイスを送っています。

キャリアガイダンス

「就職するとは?」という大きなテーマから、履歴書の書き方、面接の受け方まで、実践的にアドバイスします。

キャリアコンサルティング

キャリアコンサルタントの資格を持つ職員が、一人ひとりの希望と適正を考慮し、最善の職業選択をサポートします。

就職模擬試験・模擬面接

「一般常識問題」「作文」「SPI」と呼ばれる適性検査を実施。模擬面接は自信がつくまで何度も挑戦可能

合同企業説明会

日本工学院では、多くの企業を集めた合同企業説明会を開催しています。就職をめざす学生と、優秀な学生を採用したい企業とが出会う貴重な機会となっています。

学内個別企業説明会

学内で企業説明会を開催します。日本工学院の学生の採用を考える企業と直接コンタクトできる絶好のチャンスです。

インターンシップ、企業・現場見学の実施

有名企業をはじめ、さまざまなプロの現場を体験可能なインターンシップの他、適職を探すために、実際に仕事の現場を見学。その仕事の内容を理解し、キャリアプランに生かします。

就職に有利となる講座を多数開講

就職対策講座を実施し、問題意識やモチベーションを高めるきっかけづくりをします。

<主な講座>

・模擬試験講座 ・模擬面接講座 ・履歴書作成講座 ・作文添削講座 ・エントリーシート作成講座 ・適性試験、一般常識講座・公務員試験対策講座 など

演劇の世界で、自分も夢を届けたかった。

庄司 健太郎さん 日生劇場 舞台機構担当 1998年卒 東京都立三田高校出身

この世界をめざしたのは、小学生のとき。実は、この日生劇場で観た演劇がきっかけだったんです。あのとき夢をもらったこの劇場で、これからもたくさんのお客さんに夢を届けていけたらと思っています。

多くの人とともに舞台を作り上げる、やりがいのある仕事です。

角浜 有香さん 舞台美術家 東京造形大学出身 2010年卒
『そこのみにて光り輝く』、劇団仲間『小さい“つ”が消えた日』などを手がける。

自分の思い描いた舞台デザインを、照明や音響、美術など多くのスタッフたちと連携しながら形にしていき、そこに役者が立ち、本番を迎える。舞台作りの醍醐味を味わえるのが、舞台美術家という仕事の魅力ですね。舞台美術家をめざす後輩を待っています!

客席と舞台がひとつになるその瞬間を支えたい。

武藤 祥平さん 舞台監督 宮城県塩釜高校出身 2002年卒
劇団☆新感線の舞台スタッフを務めるほか、最近では2.5次元ミュージカルも手がける。

舞台袖から上演されている舞台を見ていると、舞台と観客がひとつになる瞬間に立ち会うことがあります。この仕事で一番好きなところは、その感動を間近で味わえる所。2.5次元ミュージカルを手がけることも増えてきましたが、舞台作りの醍醐味は変わらないですね。

就職特集 > 音楽業界・芸能業界で活躍するOB・OG(卒業生)

開催日

7/23() 29() 30()
8/5() 6() 18(金※八王子校のみ) 19() 20() 26() 27()

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
お申し込み不要。無料送迎バス運行中!