日本工学院 日本工学院

Menu

映像編集コース(テレビ・TV・映像・動画)放送芸術科

プロのテレビ(TV)の映像・動画編集スタッフを育成する東京の専門学校。

映像編集コース(テレビ・TV・映画・映像・動画) 専門学校 映像編集コース(テレビ・TV・映画・映像・動画)専門学校
  • 2017年度学生募集
  • 蒲田
  • 八王子

映像編集コース

放送芸術科
  • 文部科学省認定 職業実践専門課程認定学科

動画編集からCG制作、VFXまで、幅広く学び映像編集のエキスパートになる

映像業界のプロをめざすためには、現在主流となっているAvidなどのCG・映像編集ソフトを使ったノンリニア編集技術が必須です。映像編集コースではノンリニア編集を中心に幅広い映像制作スキル学び、CGによる映像・番組タイトルやVFX、インターネット向け動画制作など、次世代を担う映像クリエイター・映像エディター(リニア・ノンリニア)・編集エンジニア・オーサリング・映像編集スタッフ・特撮スタッフをめざします。専門学校 日本工学院では40年以上の教育実績で培った映像編集スタッフ育成のノウハウで、卒業後は映像制作現場の最前線で即戦力として活躍が可能。また業界との太いパイプで就職のサポートも万全。多くのOB・OGがテレビ(TV)局をはじめとする映像・テレビ・映画業界で活躍中です。

映像編集技術のすべてを学ぶ

リニア・ノンリニア編集

リニア・ノンリニア編集

アナログのビデオテープ素材を使いながら編集するリニア編集、パソコンに映像を取り込んでデータ上で編集を行うノンリニア編集。アナログ・デジタル両方のの基礎知識や技術を学びます。

CG・VFX・アニメースオン映像処理

CG・VFX・アニメーション映像処理

映像編集ソフト・AvidやFinal Cutを使い、映像素材をパソコンに取り込んだ後、タイトルを入れ込んだり、映像をCG処理、VFX加工などを行う技術を学びます。

映像制作に必須の資格、映像音響処理技術者資格(JPPA)の取得をサポート

映像音響処理技術者資格(JPPA)とは、テレビ・映画などの映像作品制作において、ポストプロダクション(映像編集・MA)の段階で必要となる技術に関する認定試験。映像編集の仕事に関わるために有利な資格です。映像そのものを編集するだけでなく、映像に対する音づけや編集技術・知識までが問われます。映像編集コースでは、通常のカリキュラムで、認定試験の範囲をほぼカバー。試験直前には、問題解説を中心とした特別講座を実施するなど、資格取得をサポートしています。

豊かな実習施設

編集ライン

CGルーム

リスニングルーム

MAルーム

施設ページはこちら

【関連学科】CG映像科(3年制)

3年間の学習で、実写とCGの合成やエフェクトまで、映像表現に欠かせないCGデザインを追求するCG映像科。

CG映像科

学科の特徴

  • 施設
  • カリキュラム
  • 講師
  • 教育
  • OB・OG

施設

業界標準の映像編集システム・Avidをはじめ、最新システムがずらり!

授業で使う機材などは、放送・映像専門学校の中でも群を抜くプロ仕様レベルのものばかり。CGや実写の合成、デジタルモーションキャプチャー、バーチャル合成、業界標準のAvid社製の最新編集システムなど、プロになるためのスキルアップに必要なものがキャンパス内に全て揃っています。

施設ページはこちら

カリキュラム

映像業界で即戦力となるAvidのスキルを手に入れる

今、映像編集のプロスタッフをめざすなら、映像編集ソフトAvidを扱うスキルは必須。映像編集スタッフコースでは、テレビ・映画業界でスタンダードな映像編集ソフトAvidを使って、プロの現場に対応できる編集技術を学びます。プロの講師による指導と豊富な実習で、確実に映像編集のプロテクニックを身につけ、Youtubeなどのソーシャルメディアから放送の現場まで、幅広く活躍可能な動画クリエイターを育成します。

カリキュラムについてはこちら

講師

各種映像コンテンツの制作現場で活躍する映像編集のプロが講師

放送局や映画制作などの現場で活躍する経験豊富な映像編集のプロフェッショナルスタッフを講師に、現場で即戦力となるプロのスキルを徹底的に指導しています。

講師一覧ページはこちら

教育

本格的な番組制作・映像制作の実習を中心にプロの映像編集スキルを実践的に習得

放送・映像制作全般で映像編集・映像処理・映像制作スタッフとして活躍するためのスキルを、プロの現場同様の制作環境を使った、本格的な番組制作・映像制作の実習を中心に実践的に学習。現役で活躍中のプロ映像編集スタッフを講師に、直接プロのノウハウを指導します。

教育についてはこちら

OB・OG

一瀬 将吾さん
(株)イマジカデジタルスケープ
エディター
放送芸術科 2005年卒
山梨県立市川高校出身

テレビ番組やPVを作ってみたい人、ぜひ一緒にがんばりましょう。

私は現在、バラエティ番組の編集業務に携わっています。高校生の頃からテレビや音楽PVが好きで、将来は映像制作に関わる仕事がしたいと思っていました。日本工学院 放送芸術科では、映像編集のおもしろさに惹かれて、編集コースを選択。長時間撮影した素材を、観る人に楽しんでもらえるように編集し、さまざまな工夫を凝らす。これは、編集マンの仕事の醍醐味だと思います。映像の仕事は、楽しみながらできる仕事。少しでも興味のある方は、日本工学院で学んで、ぜひ同じ業界に入ってきてほしいですね。

映像編集コースでめざせる業種・職種

映像編集、映像エンジニア(リニア・ノンリニア)、映像エディター、VTR編集、テクニカルディレクター、ビデオエンジニア、マスターエンジニア、オーサリング など

まずはオープンキャンパス+体験入学にご参加ください。

開催日

12/11() 1/9(月・祝)

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
お申し込み不要。無料送迎バス運行中!

放送芸術科映像編集コースでは、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催。実際に映像編集のプロ機材にさわったり、プロ仕様のスタジオを使用しての番組制作体験など、映像編集の仕事がよくわかる体験実習を多数用意。ぜひご参加ください!

イベント情報

進学系イベント

もっと見る

放送芸術科をもっと知る

日本工学院WebTV

日本工学院をムービーでご紹介

  • 前へ
  • 次へ

ここがポイント!

日本工学院 放送芸術科が取り組むプレゼンテーションやインターンシップ、学科の枠を越えた多彩なコラボ実習、企業プロジェクトなどの実践教育、技術熟練教育などをムービーで紹介します。

すべてを見る