日本工学院 日本工学院

Menu

機械設計科 教育について

機械設計分野の技術者・エンジニアを育成する機械設計専門学校。

機械設計科 教育について機械設計科 教育について

企画・設計・製造、ものづくりのすべての工程をトータルで学ぶ。

機械設計科では、2次元CADはもちろん、3次元CADを学びながら機械の基礎から学び、企画・設計から製造にいたるプラント(製造行程)の全てをトータルに学習。機械設計技術者に求められる、材料や製造方法、図面制作など設計から製造までの幅広い知識や技術、そして2次元・3次元CADを使いこなすスキル、さらには3D造形や多軸加工など、短期のスクールなどでは得られない最先端技術まで網羅したスキルを学ぶことが可能です。

機械設計科なら、プロ用の多彩なソフトがすべて学べます!

機械設計科では、業界の幅広いニーズに応えるため、プロの現場で使用されている多彩なCAD系ソフトを導入。あらゆる政策に対応できる環境と教育を用意しています。

【導入ソフト】
AutoCAD、CATIA、VectorWorks、Pro/ENGINEER、Alias Studio、Jw_cad、RenderWorks、Autodesk Revit、SketchUp、Dynavista、Power Sketch、Maya、Illustrator、Photoshop 他

世界で最も普及している3D-CG・CAD「CATIA」を完全マスター

「CATIA(キャティア)」は、全世界で最も普及しているとされる3次元CADソフト。このCATIAをマスターした人材は、航空業界や鉄道業界、自動車業界、そして家電業界などでたいへん重宝されているのが実状。そのため、機械設計科では、徹底した「CATIA実習」を行い、さまざまな業界から数多くの求人を獲得。多くの卒業生が、製品の開発や設計・製図・デザインの現場で活躍しています。

3Dプリンターなどのマシンを使った最先端の高度加工技術を学習

「3Dスキャナー」「3Dプリンター」「CNCルータ」「5軸マシニングセンタ」などの機械から多様なCADソフトまで、これからのものづくりの現場で主流となる、高度な加工技術を実践的に学べる環境を用意しています。時差胃にCADや3Dスキャナーなどで作成したデジタルデータから3Dプリンタで立体物を出力するなど、これからの現場で求められる高度なスキルをしっかりと身につけます。

メイカーズラボ

実践力を育む「ものづくりプロジェクト」

機械設計科の学びの特徴のひとつが「プロジェクト型教育」。機械設計科では、さまざまな「ものづくりプロジェクト」を行い、企画から設計、試作、生産までを実際に体験することで、ものづくりに必要な実践力を養います。

レーシングカー製作プロジェクト

本校顧問でもある、レーシングカーデザイナー由良拓也氏が代表を務めるムーンクラフトが日本工学院とコラボレーション。由良拓也氏監修のもと、本物のレーシングカー製作を体験します。CADによる設計、3Dプリンターによる試作品作成、ムーンクラフトでの風洞実験など、学生たちは精力的に活動。実践的にプロの機械設計スキルを学んでいます。

下町ボブスレープロジェクト

蒲田校の地元である大田区産業振興協会からの要請により、3Dプリンターによるボブスレーの試作を担当。CADデータの処理から3Dプリンターによる試作模型の出力を行いました。現在では国際大会で実際に使用されるなど、絶大な支持を得ています。

コマ大戦参加で、設計・製造能力の高さを実践

ものづくり企業の面白さと魅力をPRするため、日本中の中小製造業が自社の高度な技術を駆使して制作したコマを持ち寄って、一対一で戦う全日本製造業コマ大戦「日本工学院 コマ大戦 ~頑張ろう熊本~」が、HFA(Hachioji Future Association)と日本工学院テクノロジーカレッジの共催で開催。この大会に先立ち、日本工学院テクノロジーカレッジでは、学生たちが考える「コマ」のアイデアを八王子異業種交流会、HFA(Hachioji Future Association)へプレゼンテーション。採用された学生企画は、企業によって実際に製作され、今回の大会で、学生+企業コラボレーションチームとして出場しました。

学生のための大型デザインコンペに参加

おおたオープンファクトリーの企画で行われる「モノづくりたまご学生コンペ」は、学生によるものづくりの斬新なアイデアを競うデザインコンペ。テクノロジーカレッジからも、機械設計科をはじめとする多くの学生が参加。毎回、優秀賞や入賞など好成績を残しています。

カプセルトイ製品製作

おおたオープンファクトリーの目玉企画として開催された「第1回モノづくりたまご学生デザインコンペ」に本科学性が挑戦。二次(公開)審査会にて、見事最優秀賞を獲得しました。受賞した6名の学生デザインが、町工場の技術力と匠の技で製品化・販売され大変好評でした。

その他実施予定プロジェクト

アニメロボット再現プロジェクト、スマートフォン製作プロジェクト、オリジナル鉄道設計プロジェクト、アクセサリー製作プロジェクト、フィギュア製作プロジェクト、航空機設計プロジェクト ほか

教育設計図に基づいた技術者教育

機械設計科では、学習内容をステップ式に明示した日本工学院独自の教育制度「教育設計図」を導入。CAD、機械設計の基礎学習から、プロのスキル習得まで、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる技術者教育を行っています。

教育設計図についてはこちら

Messeage From Student

プロの設計現場と同じ環境での学びが、自信につながりました!


ヤマハ発動機 内定
機械設計科2年
神奈川県立深沢高校出身

バイクや自動車を開発、設計する仕事に就きたい、そんな私の夢を現実にすることができたのは、機械設計科での2年間の学びのおかげです。授業では、基礎からしっかりと学ぶことができ、また実務経験の豊富な先生から教わることで、実践的な技術を身につけることができました。特に役立ったのは、CADの実習です。企業で実際に使用されているものと同じ「CATIA 」というツールを使っていたので、これからプロの現場でも戸惑うことなく、実力を発揮することができそうです。早く仕事を憶え、たくさんのユーザーに喜んでもらえる、誰もが乗りたくなるような製品づくりをして行きたいです。