日本工学院 日本工学院

Menu

電子工学 専門学校 日本工学院

電子機器・通信・家電などのエンジニアをめざせる東京の電子工学 専門学校。

電子工学コース 電子・電気科 電子工学コース 電子・電気科
  • 2017年度学生募集
  • 蒲田
  • 八王子

電子工学コース

電子・電気科
  • 文部科学省認定 職業実践専門課程認定学科
総務省/経済産業省/国土交通省/厚生労働省資格認定

40年以上の歴史が誇る実力で毎年高い就職率!多彩なフィールドで活躍が可能

電子工学コースでは、スマートフォン、パソコン、カーエレクトロニクス、医療機器、通信機器、鉃道、家電など、その幅広い分野で使われる電子回路の設計技術や通信技術を学びます。電子工学専攻とオーディオ・家電、スマート技術専攻の3専攻でより専門性の高い知識・技術を習得。最新の設備に囲まれた実習環境で実践的に習得することで、多彩な業界での就職を可能にしており、就職難の時代においても毎年安定した高い就職率を誇ります。

電子工学コース 6つのPOINT

  1. POINT1 多彩な分野へ、抜群の就職実績

    電子・電気機器・コンピュータ・オーディオ・通信・自動車・鉄道など多彩な業界の各種大手企業から数多くの求人があり、電子工学コースからは、毎年高い就職実績を誇ります。

    就職についてはこちら

  2. POINT2 豊富な認定資格、合格へ万全の体制

    第一・二級陸上特殊無線技士、工事担任者DD第2種をはじめとする、各種資格の認定校として指定を受けており、無試験やまた有利に取得できる資格がたくさんあります。

    資格についてはこちら

  3. POINT3 スマート技術で次世代のエンジニアをめざす

    太陽光発電システムや風力発電、EV、蓄電システム、スマート家電など、次世代のエネルギー技術について、基礎からしっかりと学ぶことのできるカリキュラムや施設を用意しています。

    スマート技術専攻はこちら

  4. POINT4 東京工科大学への編入が可能

    併設校である東京工科大学の3年次に編入が可能で、専門学校2年+大学2年の計4年間で「専門士」と「学士」の2つを手にすることが可能です。また、他大学への編入学や進学も可能です。

    大学編入についてはこちら

  5. POINT5 豊富な実習施設

    高電圧実験室やスマートハウス、そしてオーディオ・ビデオ実習室など、プロと同レベルの実習施設を多数設置。実践的な教育を行うためのハイレベルな実習環境で学ぶことが可能です。

    施設についてはこちら

  6. POINT6 教育設計図に基づいた技術教育

    日本工学院独自の教育制度「教育設計図」を導入。基礎学習からプロのスキル習得まで、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる技術者教育を行っています。

    教育設計図はこちら

電子工学の幅広いジャンルを学び、多彩な分野への就職が可能

電子機器の設計や、無線通信技術、オーディオや家電の設計・メンテナンスから次世代のスマート技術まで、幅広く、そして専門的にスキルを身につけることのできる、電子工学コースの学びは、さまざまな業界・業種からニーズの高い人材を育成しています。電子・電気機器・コンピュータ・光学・精密機器・オーディオ・放送・無線・通信・自動車・鉄道・航空・宇宙開発など、進路は多彩です。

資格についてはこちら

電子工学コースでめざせる業種・職種

業種

電子・電気機器メーカー、電気会社、ガス会社、通信関連企業、コンピュータ関連企業、航空・宇宙・鉄道関連会社、自動車メーカー、医療機関、精密機械メーカー、AV・オーディオメーカー、家電メーカー、無線・ネットワーク関連企業、光学機器系企業、放送・通信関連産業、エコ・新エネルギー産業、量販店 ほか

職種

カスタマエンジニア、情報通信エンジニア、電気・電力設備の施工・保守・管理者、サービスエンジニア、電気・通信配線工事の施工技術者、電気エネルギー技術者、製造業・メーカー開発者、ホームエレクトロニクス関連の技術者・サービス、家電技術者、オーディオ・音響技術者、インターネット技術者 など

4省から認定を受けている日本工学院が、価値ある重要資格の取得を有利にサポート

電子工学コースでは、各種重要資格の取得を徹底サポート。日本工学院 電子・電気科は、経済産業省、総務省、厚生労働省、国土交通省の4省から認定を受けている国家資格認定校のため、有利に国家資格が取得可能。無試験で取得できる第2・3種電気主任技術者試験(電験)、第二種電気工事士、第1・2級陸上特殊無線技士の他、さまざまな資格の取得を授業や特別講義などによって合格に導きます。

資格についてはこちら

コースの特徴

  • 学び
  • 就職
  • 資格
  • 施設
  • 講師

学び

実践的に身につける電子工学のプロスキルを学ぶ

スマートフォン、パソコン、そしてオーディオ・家電など、幅広い分野で活用される電子通信技術を学ぶ電子工学コース。基本となる電子回路の知識は、アンプなどの電子機器の原理や動作から学習。知識の習得と同時に、電子回路や回路設計を学ぶ「電子回路設計」、携帯電話などの通信技術について学ぶ「エレクトロニクス通信実験」などの実習を実施。実践的な実習の積み重ねの中で、確かな技術力を磨きあげていきます。

教育についてはこちら

就職

電機業界、通信業界、鉃道業界などさまざまな進路への就職が可能

電子工学コースでは、多くの資格と即戦力となる専門技術を身につけることで、卒業生の多くは大手企業への就職を実現しています。また、さらなるスキルアップをめざしたい人は、併設校である東京工科大学の2年次・3年次への編入や、他大学への編入学・進学の道も用意しています。

就職についてはこちら

資格

万全の資格サポートで、電子工学系を中心に重要資格を豊富に取得!

長い教育実績により、4省から資格認定を受けている電子・電気科では、第一・二級陸上特殊無線技士が無試験で取得可能なほか、就職に有利に働く電子工学関係の資格取得も徹底サポート。授業ではもちろんのこと、各種特別講座や個人指導などで、さまざまな重要資格を合格へ導きます。

資格についてはこちら

施設

プロレベルの施設・設備を利用した充実の学習環境で学ぶ

音の反射がなく、スピーカの特性を極めて正確に測定できる「無響室」や最新のスマート家電を備えた「スマートハウス実習棟」など、有名大学が借りにくるほどの珍しい設備が充実しています。こうしたすぐれた設備環境で学習することで、日本工学院でしか得ることができないスキルや優れた技術を習得します。

施設についてはこちら

講師

講師は各業界で活躍する電子・電気のプロエンジニア

講師はさまざまな業界で活躍する、電子・電気・スマート機器のプロエンジニア。現場で即戦力となるためのプロスキルやノウハウを実践的な授業で直接指導します。

講師一覧ページはこちら

主な就職先

ソニーエンジニアリング、パナソニックITS 、日産自動車、富士重工業、JR 東日本、オムロンフィールドエンジニアリング、オリンパス、神奈川ゼロックス、池上通信機、京セラコミュニケーションシステム、京王電鉄、コナミ、ドコモエンジニアリング、成田エアポートテクノ、新日本電子、セイコーエプソン、セコム、東京リコー、アルプス電気、三菱化学メディエンス、東芝電波プロダクツ、富士レビオ、 NHK アイテック、 NEC ネットワーク・センサ、JFE スチール、日立コンシューマ・マーケティング、富士テクノサービス、東名メディック、アキュフェーズ、JVCケンウッド、アルプスビジネスサービス、一幸電子工業、東洋エンジニアリング、ニキョウ電子、ケンウッドエンジニアリング、タイコー、IHI運搬機械、ヤマダ・エスバイエルホーム、菱神電子エンジニヤリング、三波工業、 PFU 、テレビ埼玉、エフエムナックファイブ ほか多数

まずはオープンキャンパス+体験入学にご参加ください。

開催日

10/2() 16(※八王子校のみ) 23(※蒲田校のみ) 30(※八王子校のみ)
11/6() 20()

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
お申し込み不要。無料送迎バス運行中!

電子・電気科では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催。省エネランプの製作、送電シミュレーション、そして電気設備やエコエネルギーについてのさまざまな実習にチャレンジしたりなどさまざまな体験を用意しています。ぜひ電子・電気技術の魅力を体感してください。

イベント情報

進学系イベント

もっと見る

電子・電気科をもっと知る

日本工学院WebTV

日本工学院をムービーでご紹介

  • 前へ
  • 次へ

ここがポイント!

日本工学院 電子・電気科が取り組むプレゼンテーションやインターンシップ、学科の枠を越えた多彩なコラボ実習、企業プロジェクトなどの実践教育、技術熟練教育などをムービーで紹介します。

すべてを見る