日本工学院 日本工学院

Menu

ロボット科 教育について

ロボット分野の技術者・エンジニアを育成するロボット専門学校。

ロボット科 教育についてロボット科 教育について

ロボット作りを楽しみながら先端技術を身につける

基本的な工具の使い方から、高度なプログラミングまで、ロボット作りに一から取り組めるよう、実習中心に楽しくステップアップ。自分がつくったロボットが完成し、思いどおりに動いたときの感動や喜び、自信は大学などではなかなか得られないものです。タイヤを使わずに移動する多脚機構を備えた自律型「すもうロボット」にマイクロコンピュータやセンサーを搭載させたり、エンタテインメントロボットの「AIBO(アイボ)」を使ってロボットをコンピュータプログラムで動かしたりと、バラエティ豊かな実習で、楽しみながらロボット作りの技術を学びます。

ロボット競技会への参加を積極的にサポート

ロボット科ではロボットを作る、ロボットを動かすという基本的スキルを身につけるために、各種ロボット競技会への参加を学科全体でサポート。毎年好成績を収めています。

全国専門学校ロボット競技会で団体優勝!

ロボット科では、ロボットのハードウェアやソフトウェアなど4部門で技術力を競うロボット大会「全国専門学校ロボット競技会」に参戦。毎回プロジェクトチームを結成して参加し、全国の専門学校から毎年約60チームが参戦する中、常にトップレベルの成績を収めています。2015年に行われた第24回競技会では「二足歩行ロボット競技」において優勝&準優勝、「自律型ロボット対戦競技ハードウェア部門」で優勝、「自律型ロボット対戦競技ソフトウェア部門」で3位など、各部門で優秀な成績を収め、団体優勝も勝ち取りました。

ロボットサッカー大会でも好成績を多発

近藤科学の二足歩行ロボット「KHR」を使用した、ロボットによる3対3のサッカー大会「KONDO CUP」に日本工学院ロボット科チームが参戦。今までに過去3回優勝、5回準優勝という実績を誇っています。また、センサーを頼りにフラッグを倒す時間を競う「自律BEACH FLAG競技会」でも、過去6回開催のうち、実に3回も優勝を飾っています。

ものづくりスキル標準ロボット「MRSS」を採用

ものづくりスキル標準 ロボット「MRSS」はロボットづくりにおいて確かな技術力を身につけるため、日本工学院が策定したオリジナルの指標。関連業界にヒアリングして作られており、高い信頼性を誇ります。

教育設計図

ロボット科では、学習内容をステップ式に明示した日本工学院独自の教育制度「教育設計図」を導入。ロボット制作のための基礎学習から、プロのスキル習得まで、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる技術者教育を行っています。

教育設計図

Message from OB

勉強も楽しくなければ意味がない。ロボット科は楽しく学べます!


(株)ナチロボット エンジニアリング ロボットシステムサービス部 名古屋センター勤務
ロボット科 2007年卒
宮崎県立都城工業高校出身

私の仕事は自社ロボットのメンテナンスやティーチング、トラブル対応など。トラブルの種類によって多様な仕事がでてくるのが楽しいです。ロボット科では本当に楽しくロボットの勉強ができました。メカの構造、プログラムの組み方、電気系統係などロボット科で学んだことは、いろいろな面で仕事の役に立っています。勉強ももちろんですが、一番思い出に残っているのは2年生のときのロボット大会。チームメイトと力を合わせて頑張りました。結果は2位でしたが、とても大事な経験になりました。

Message from Student

つねに親身にサポートしてくれた先生方に感謝しています


東京地下鉄(株)内定
ロボット科 2年
神奈川県・横浜市立横浜創英高校出身

ロボット工学を基礎から学ぶことができるので、ものづくりが好きな私にとってとても楽しく充実した2年間でした。専門的な知識・技術だけでなく、 資格の取得も手厚く指導していただける所が日本工学院の特長。私は在学中に、高所作業車運転技能講習や小型車両系建設機械、ビジネス能力検定など、数多く の資格を取得しました。社会に出る前に資格取得に取り組めたことは、とても大きなメリットだと感じています。また、就職に関しても万全のサポートを受ける ことができ、第一志望だった東京地下鉄に就職を決めることができました。常に学生のことを考え、勉強、資格、就職とすべてにおいて支援してくださる先生方 がいてくれたからこそ、2年間でさまざまなスキルを身につけられたのだと実感しています。日本工学院を選んで本当に良かったです!