日本工学院 日本工学院

Menu

カリキュラム紹介 マンガ・アニメーション科4年制 専門学校 日本工学院

4年間のカリキュラムでプロを育成する東京のマンガ(漫画家)・アニメーション専門学校。

カリキュラム紹介 マンガ・アニメーション科4年制 専門学校 日本工学院カリキュラム紹介 マンガ・アニメーション科4年制 専門学校 日本工学院

4年間という有意義な学習期間がマンガ・アニメのプロを育成

4年間という充実した学習期間をフルに活用し、実習中心の実践的な授業、企業との産学協同プロジェクトやインターンシップの実施、そして数多くの作品づくりとその学外アピールなどを行っていきます。マンガ・アニメ業界で高度な即戦力クリエイターとして活躍することができるスキルをしっかりと身につけることが可能です。

カリキュラム

電子パンフレットは、PC、タブレット、スマートフォンデバイスでも、特別なソフトウェアを使用することなく、通常のブラウザだけで実際に本をめくる感覚で文書を読むことができます。本校の電子パンフレットはmeclibのサービスを使用しています。

4年間の流れ・主な授業内容

主な授業内容(参考)を、2017年度カリキュラムより抜粋して掲載しています。詳しくは上記カリキュラム(PDF)を参照してください。

1年次

基礎的なマンガ・アニメーション制作スキルの習得

漫画(マンガ)・アニメーションに関するカリキュラムを総合的に学習。マンガ家・アニメクリエイターに必要な基礎力を身につけます。

2年次

テクニックや表現力のスキルアップ

漫画(マンガ)・アニメーション制作のテクニックや表現力を徹底的にスキルアップ。プロの指導で作品づくりにも力を入れていき、実践力を高めることで、プロの現場で即戦力となる知識・技術力を身につけます。

3年次

他学科や企業とのコラボなどを通じ実践力を身につける

希望職種に応じて専門スキルをマスター。また、他学科とのコラボや企業でのOJTなどに参加する事で、実践的にプロスキルを習得していきます。

4年次

業界との連携でデビュー・就職をめざす

4年間で身につけた技術・知識・感性の成果を作品にし、学内外でアピール。漫画(マンガ)家デビュー、またアニメ業界をはじめとする、さまざまな業界への就職を実現します。

主な授業内容

●制作基礎

アニメーションやキャラクターデザイン・イラスト、マンガ制作の作画や、その関連技術の基礎を学びます。

●マンガ制作

デジタル作画技法の習得と共に、マンガ制作に必要なペンテクニックやトーンワークを中心にマンガ原稿作成の基礎理解を身につけます。

●アニメーション制作

デジタル作画技法の習得と共に、原画や動画、背景美術、彩色、撮影、映像編集などをアニメーション現場に即した内容でアニメーション制作の基礎を身につけます。

●キャラクターデザイン

デジタル作画技法の習得と共に、オリジナルキャラクターのデザインから使用コンテンツを想定したイラスト、グラフィック制作の基礎を身につけます。

●プロダクションワーク

さまざまな作品に触れ、構成、コンセプトなどについてディスカッションやブレインストーミングを繰り返し、作品制作におけるプリプロダクション、プロダクション工程の理解を深めます。

マンガ・アニメーション科四年制の時間割

時間割 1年次 前期 (サンプル) 蒲田校

★授業は1コマ90分。9:00始業、16:10終業(4時限)です。(予定)
時間/曜日
1時限 美術基礎1 制作基礎1 制作基礎2 プロダクション
リテラシー
ワークショップ1
(フレッシュマンズゼミ)
2時限 ワークショップ1
(業界研究)
3時限 ワークショップ1
(検定試験講座)
4時限 ワークショップ1
(制作講座)
ワークショップ1
(制作講座)

教育設計図

マンガ・アニメーション科四年制では、学習内容をステップ式に明示し、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる「教育設計図」を導入しています。学生全員がしっかり学べる日本工学院独自の教育制度です。

教育設計図についてはこちら

開催日

9/25()
10/2() 16(※八王子校のみ) 23(※蒲田校のみ) 30(※八王子校のみ)

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
お申し込み不要。無料送迎バス運行中!