日本工学院 日本工学院

Menu

教育について マンガ・アニメーション科 4年制 専門学校 日本工学院

4年間の教育で、業界の即戦力を育成する東京のマンガ(漫画家)・アニメーション専門学校。

教育について マンガ・アニメーション科 4年制 専門学校 日本工学院教育について マンガ・アニメーション科 4年制 専門学校 日本工学院

最新のマンガ・アニメ業界に準拠したデジタル制作環境での学習を推進

マンガ・アニメーション科四年制では、ペンタブレットやデジタル制作ツール・ソフトなどイラストやマンガ ・アニメ制作をデジタル環境で行える施設・設備を導入。デジタル化が進むアニメ・マンガ業界の制作環境に対応できるよう、作画など基本となるスキルに加え、デジタル制作環境を中心にした実践教育を実施しています。

大学とは比較にならない実習時間と本格的な実習施設で実践的に学ぶ4年間

マンガ・アニメーション科四年制では、コンピュータ、CGの最新実習施設を使った、大学とは比較にならない実習時間を中心に、企業との共同研究やインターンシップ、学内外に向けた多彩な作品発表を設けるなど、クリエイターに必要なスキルを4年間でじっくりと身につけていきます。初心者の方でも安心して学べます。
大学は幅広い教養と総合的な判断力を養う場であり、研究重視。それに対しマンガ・アニメーション科四年制は実習を重視。実習時間の量は実に数倍にもおよびます。これらの豊富な実践教育により、業界が求める能力が身につけられるのです。

プロの現場体験で就職にも有利なインターンシップを多数実施!

3年次からは、授業から一歩進んでプロの現場を体験することがカリキュラムに組み入れられています。学生のうちから企業のプロジェクトメンバーとして実務に参加できるのは、4年制ならでは。有名アニメ・CGプロダクションや一流ゲーム会社など、インターンシップで協力いただいている企業は多数に登ります。

ゲームアプリ『黒騎士と白の魔王』のキャラクターデザインに挑戦!

株式会社グラニよりリリースされている人気スマートフォンゲーム『黒騎士と白の魔王』に登場するキャラクターを想定して、キャラクターデザインに取り組みました。

  • 森拓人

  • ジョーンズヤスミンミレイ

他学科とのコラボにより、本格的なアニメーション制作が可能

アニメーションコースでは、声優・演劇科がアフレコを担当し、放送芸術科が録音や効果音を入れるなど、他学科とのコラボレーションによる、本格的なアニメーション作品を制作することが可能です。これは総合専門学校の日本工学院ならではのメリットのひとつです。

「AnimeJapan」や「東京ゲームショウ」へ作品を出展

マンガ・アニメーション科四年制/マンガ・アニメーション科では、学生作品発表の場として、「AnimeJapan」や「東京ゲームショウ」に毎年参加しています。また、秋葉原で行う卒業制作展など、プロのクリエイターに実力を思う存分アピールできるチャンスを豊富に用意しています。

日本工学院xcomicoタイアップ!「日本工学院投稿作品グランプリ」開催!

マンガ・アニメーション科四年制と漫画・小説投稿サイトcomicoがコラボレーション!comicoのサイトで開催された「日本工学院投稿作品グランプリ」では、学生たちがオリジナル作品を投稿。読者の押す“オススメ”ボタンの数の合計を競う投稿レースを行い、多くの読者を持つcomicoで作品をアピールする貴重な機会となりました。

異文化に触れ、刺激を受ける海外研修

クリエイターとしての感性を磨くために海外研修を積極的に行っています。過去には、ロサンゼルスで開催されるアメリカ最大のアニメイベント「Anime EXPO」に参加したり、南カリフォルニア大学(USC)を訪れるなどの実績があり、学生にとって貴重な経験となっています。

教育設計図

マンガ・アニメーション科四年制では、学習内容をステップ式に明示し、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる「教育設計図」を導入しています。学生全員がしっかり学べる日本工学院独自の教育制度です。

教育設計図についてはこちら