日本工学院 日本工学院

Menu

日本工学院専門学校テクノロジーカレッジ建築学科・建築設計科 NEWS&TOPICS

建築学科(4年制)が株式会社 住宅工営との産学連携・共創プロジェクト『明日も楽しみで”たまんない”~学生シェアハウスdesign project @暁町~』を始動

日本工学院専門学校テクノロジーカレッジ建築学科・建築設計科 NEWS&TOPICS日本工学院専門学校テクノロジーカレッジ建築学科・建築設計科 NEWS&TOPICS
東京の専門学校 日本工学院TOP >学科紹介 >テクノロジーカレッジ >建築学科(4年制)/建築設計科 >NEWS & TOPICS >産学連携・共創によるリノベーションプロジェクト「学生シェアハウス」始動
2020年08月20日
カリキュラム教育就職・デビュー蒲田校八王子校産学連携

産学連携・共創リノベーションプロジェクト「学生シェアハウス」始動

sharehouse_title
建築学科(4年制)3年約60名の学生が、自分も住みたくなる人気のシェアハウスの提案、実現に向けて、産学連携・共創で地域の問題発見、課題解決に向けてプロジェクト『明日も楽しみで”たまんない”~学生シェアハウスdesign project @暁町~』を始動しました。このプロジェクトは、建築学科と株式会社 住宅工営(八王子市旭町)の産学連携・共創によって行われるもので、創業87年となる老舗の料亭なか安[八王子市暁町]の現在使われていないフロアーを学生シェアハウス(共用部、居住部)へリノベーションする計画で、最優秀のプランは、㈱住宅工営の協力のもと2021年3月末入居開始(予定)のシェアハウス物件として実際に施工、入居募集を行う予定です。
建築学科3年生は現地調査をもとに、リノベーション案を企画、提案。CGや建築模型を使いながら、ライフデザイン、予算の策定などについて、クライアントへプレゼンテーションをしていきます。
今回のプロジェクトは、学生たちにとって身近なテーマであるとともに、実現可能、リアルな課題としてこれまでにない貴重な実学の機会となります。また、全国有数の学園都市である「八王子ならではの学校の枠を越えた学生同士や地域の交流拠点として、地域のさらなる活性化へつながることも期待しています。

sh01
sh02

sh04

sh03

◎参加学生コメント
・このプロジェクトは実現するリアルな設計課題であり、やる気、モチベーションが高まりました。課題提供いただきました関係者の期待に応えられるようにシェアハウスの調査・研究、現状の建物、地域性などを調べ、楽しみながら、実務と思って課題制作に取り組みます。

・これまで2年間の学びの成果を今回発揮したいと考えております。より実践的な機会の場であり、夢中に取り組み、楽しめる学生シェアハウスを提案したいと思います。リアルな建築の仕事を学生時代に体験できて嬉しく、最終プレゼンテーションでしっかりと考えを伝えたいです。

・コロナ禍のため、オンライン授業で課題がスタートし、不安もありましたが遠隔授業ならではの良い所を知り、課題制作に取り組みます。ニューノーマル(新しい日常)を考えながら、学生目線、自分が住みたいと本気で思える提案をしたいです。

≪スケジュール(予定)≫

2020年6月 課題・趣旨説明、産学連携企業課題キックオフ(オンラインにて)現地調査
2020年7月 クライアント、関係者へ課題中間提出・発表(オンラインにて)
2020年9月 クライアント、関係者へ課題最終発表

年内 工事着工。工事中の見学等も計画。

2021年3月末 入居開始(予定)

≪産学連携・協力先≫

株式会社 住宅工営 https://jutakukouei.com/
料亭 なか安  https://www.nakayasu.jp/

関連の記事Related Posts