日本工学院 日本工学院

Menu

AIの専門学校 AIシステム科

AI技術を活用し、新しい価値をプロデュースするAI開発エンジニアを育成。

ITカレッジ AIシステム科 専門学校 ITカレッジ AIシステム科 専門学校
  • 2020年度学生募集
  • 蒲田
  • 八王子

AIシステム科

2年制
2020年度 新設

2020年4月、これからの社会で必須の技術、最先端AIが学べる新学科誕生!

今、時代は人工知能(AI)によって必要な情報が必要な時に提供される社会(Society5.0)に向けて変化しています。iPhoneに内蔵された音声アシスタントSiriや、車の自動運転システムやロボット、そしてIoT技術を駆使した各種家電まで、生活の中のさまざまなモノにも人工知能が搭載され浸透しています。このようにAIの技術がすでに生活に入り込んでいる現在、AIを理解し活用できる技術者が、さまざまな業界で求められています。日本工学院ITカレッジでは、2020年4月、これからの社会で必須の技術、最先端AIが学べるAIシステム科を新設。さまざまな業界で活躍可能なAIエンジニアを育成します。

AIエンジニア育成

AI技術を活用し、新しい価値をプロデュースするAIエンジニアを育成

AI専門学校の日本工学院 AIシステム科では、今後の社会を大きく動かすAIの活用技術を中心に、ITに関する幅広い知識やスキルを習得。大手IT企業が提供するAIソリューションを構築するためのクラウドプラットフォームやツールを利用した体験型教育を通して、ITの基礎スキルから、AI活用・AIプロデュースのためのスキルまでを身につけることが可能です。AI技術とITスキルを身につける[Technology]、クリエイティビティを培う[Humanity]、そして社会やビジネス課題を解決できる力を養うための[Society]をバランスよく学ぶことで、業界の求める人材を育成。実践的ITスキルとともに、AIを利用したソリューション(解決)だけに留まらず、新しくイノベーション(革新)を行うことのできる創造性や、プロデュース能力を兼ね備えたAIを活用できるエンジニアを育成します。

図

AIシステム科の学び4つのPOINT

  1. POINT1 クラウドAI環境を教育に導入!AI開発・活用技術を実践的に学ぶ

    Google Cloud Platform(GCP)を教育に導入。最先端ツールを利用し、本格的なAI技術開発、活用技術を実践的に学びます。

  2. POINT2 ものづくり体験を中心に、創造力、実践力を養うための「体験型プロデュース教育」を実施

    “ものづくり”や”挑戦”を経験する中で生まれる感動を通じて、技術力、そしてアイデアや発想を形にする力を養います。

  3. POINT3 AIスキルと、ITスキルをバランスよく学ぶ

    AI関連技術に加え、ITの基礎からクラウド、Web、IoTのスキルまでをバランスよく習得。AI技術を生かした新しい価値を生みだすための力を身につけます。

  4. POINT4 より高度なAIを学びたい方へ、大学への編入をサポート

    AIシステム科で学んだ技術・知識をさらに深めたい、スキルアップや研究に取り組みたい方のために、併設校である東京工科大学への編入をサポートしています。

教 育

最先端のクラウドコンピューティング環境でAI活用技術を習得

AIシステム科では、AIプログラミングに欠かせないプログラミング言語・Pythonを習得するとともに、大手企業もマーケティングやゲーム開発、アプリ開発などで利用するGoogle Cloud PlatformやAmazon Web Servicesといったクラウド上でAIソリューションを構築できるクラウドプラットフォームを演習、実習でフル活用。さらに機械学習に用いるためのソフトウェアライブラリTensorFlowを授業に導入し、AIソリューションを生み出すためのスキルを実戦的に習得します。

google clound platform

Google Cloud Platformプレミアパートナー企業・クラウドエース(株)と教育提携

AI専門学校の日本工学院 AIシステム科では、Google Cloud Platform(GCP)のトータルサポートおよびコンサルティングサービス、そしてGCPの技術を最大限に活用するためのトレーニングなどを行なっているクラウドエース(株)とパートナー契約を締結。トップエンジニアでもある認定トレーナーが、最前線の技術を用いて技術トレーニングを行います。

ものづくり体験を中心に、創造力、実践力を養うための「体験型プロデュース教育」を実施

IoTデバイスや教材を活用した多彩な”ものづくり”、さまざまな企業課題やアイデアコンペ、コンテストなどへのチャレンジを中心にした「体験型プロデュース教育」を実施。”創る”そして”挑戦する”の中で生まれる感動を通じて、技術力、そしてアイデアや発想を形にする力を養います。また、 チームワークで開発を手がけ、その成果を競い合うハッカソン形式による演習を導入。実戦的に発想力を育成し、デザイン思考やアイディアの実現手法を身につけます。

体験型プロデュース教育

AIスキルと、ITスキルをバランスよく学び、幅広い業界で求められる人材をめざす

AI関連技術に加え、そのAIを生かすためのITスキルをバランスよく学びます。ITの基礎から、クラウド、Web、IoTのスキルを主軸に、実習中心の実践的なカリキュラムでAI関連技術と合わせて習得。これからのAIエンジニアに必須のスキルをしっかりと身につけ、幅広い業界の第一線での活躍をめざします。

AI・ITスキル

詳しい教育内容についてはこちら

企画の達人から極意を学ぶ「くぼたつセミナー」

数々のヒット商品やサービスを世の中に送り出してきた第一線の企画マン、株式会社イッツ社長「くぼたつ」こと久保田達也氏による、「くぼたつセミナー」を開催。親しみやすいトークで、世の中に新しい価値や感動を届けるアイデアを生み出すヒントを学生に伝授しています。

くぼたつセミナー

講師についてはこちら

めざす進路

多彩な業界へ就職、進学、そしてフリーで活躍も可能

AIエンジニアは、現在さまざまな業界・企業から需要があり、幅広いシーンでの活躍が可能。大手企業への就職のほか、フリーランスでの活躍も可能です。また、さらにAIを深く学びたい方は、大学への編入という進路も。日本工学院では、学科と担任、そして学生一人ひとりの就職をサポートするキャリアサポートセンターの連携で、個々にきめ細やかなサポートを受けることができ、確実に望みの就職・進学へと導きます。

■AI システム科でめざせる業種・職種

先端IT系企業

AIエンジニア/データアナリスト/IoTエンジニア など

コンサルタント系企業

ITコンサルタント/データマーケター/データコンサルタント など

システム開発系企業

システムエンジニア/プログラマ など

大学編入をサポート

AI専門学校の日本工学院 AIシステム科では、卒業後に併設校の東京工科大学2年次、3年次やITスペシャリスト科の3年次へ有利な条件で編入できる制度を設置。さらに学びの幅を拡げ、より進路の選択肢も増えるほか、最短4年間で「専門士」と「学士」の2つの卒業資格を取得することも可能です。

大学・ITスペシャリスト科編入

就職サポートについてはこちら

資 格

AIエンジニアとして活躍するために必須の各種重要資格取得を徹底サポート

授業ではもちろん、特別対策講座や、専門講師による個別指導など、各種資格取得を万全の体制でサポート。Python3エンジニア認定基礎試験やAssociate Cloud Engineer(Google Cloud認定資格)など、エンジニアとして業界で活躍するために必須の重要資格を取得可能です。

python

■取得可能な主な資格

Associate Cloud Engineer(Google Cloud認定資格)/ITパスポート試験/情報活用試験/IoT検定(IoT検定制度委員会)/G(ジェネラリスト)検定(日本ディープラーニング協会)/基本情報技術者試験/Python3エンジニア認定基礎試験/AWS認定アソシエイト(AWS認定資格) など

資格についてはこちら

AIシステム科をもっと知る

まずはオープンキャンパス+体験入学にご参加ください。

開催日

4/28()
5/19() 26()
6/2() 9() 16() 23() 30()

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
お申し込み不要。無料送迎バス運行中!

AIシステム科では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。

進学系イベント

もっと見る

日本工学院WebTV

日本工学院をムービーでご紹介

  • 前へ
  • 次へ

ここがポイント!

日本工学院 ITスペシャリスト科の実習の様子や学生が開発した作品についてムービーで紹介します。

すべてを見る