日本工学院 日本工学院

Menu

東京の情報処理専門学校

プログラミングの基礎を学んで、システムエンジニア・情報処理技術者を育成。

情報処理科 専門学校 情報処理科 専門学校
  • 2020年度学生募集
  • 蒲田
  • 八王子

情報処理科

2年制
  • 基本情報技術者試験午前試験免除対象学科
  • 文部科学省認定 職業実践専門課程認定学科

ITに強い即戦力として、多彩な進路で活躍

オープンキャンパス+体験入学情報

情報処理科の学び4つのPOINT

  1. POINT1 「感動教育」を通して創造力、実践力を養う

    ロボット教材などを使った“ものづくり”の感動を通じて、楽しみながら技術力、そして創造力を養います。コンピュータ内で完結させる従来のIT教育では成し得ない実践教育を行います。

    教育についてはこちら

  2. POINT2 IT業界で活躍するために必要なスキルが短期間で身につく

    卒業までに学生が習得するべき知識・技術と社会人基礎力を策定し、そのために必要な学習内容を、ステップアップ式で具体的に明示した教育設計図をもとに、段階的に効率良くスキルアップできます。 教育についてはこちら

    教育についてはこちら

  3. POINT3 就職はもちろん、大学編入学も可能な幅広い進路

    日本工学院 ITカレッジでは、毎年幅広い業界からの求人があり、高い就職率を維持。長い教育実績が生んだ多くのOBたちが、コンピュータ、IT業界で活躍中です。また、4年制学科への編入や、姉妹校東京工科大学への編入学をバックアップ。

    就職についてはこちら

  4. POINT4 めざす資格を効率良くたくさん取得が可能

    授業ではもちろん、さまざまな資格対策講座など資格サポートが充実。在学中にはIT系を中心に、多くの資格を取得可能です。ITカレッジでは独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)からの認定により、入学後、指定の認定要件を満たすと「基本情報技術者試験」の試験が一部免除になります。

    資格についてはこちら

  5. POINT5 さまざまな企業での就業体験「インターンシップ」を実施

    50社以上のIT企業と提携、望みの進路での体験が可能なインターンシップを実施。職業体験を通じて、IT業界の実際を知り、就職・進路を考える大きなきっかけとなるほか、就職にも大きな力となります。

    就職についてはこちら

IoTの普及により、あらゆる分野でITに強い人材のニーズがアップ

テレビや照明、冷蔵庫といった家電から、自動車、医療機器、さらには住宅や店舗、工場の設備まで、さまざまなモノがインターネットに接続することで、画期的な機能を実現する「IoTデバイス」は今、社会のさまざまな分野で急速に普及が拡大。これに伴い、従来はITと無関係だった業界でも、ITの専門スキルを備えた人材に対するニーズが高まっています。ITスキルを身につけることで、コンピュータ関連はもちろん、将来あらゆる業界での活躍をめざせます。

IoTを駆使した製品開発を行う(株)Cerevoが学びをバックアップ

日本工学院ITカレッジでは、インターネットと家電を組み合わせたIoT関連のものづくりで革新的な製品を創出している(株)Cerevoと提携。情報処理科では同社から講師を招き、特別講義や技術実習のほか、教材の提供やカリキュラムへのアドバイス、インターンシップなどを実施しています。

さらにスキルアップをめざし、ITスペシャリスト科や東京工科大学への編入をサポート

情報処理科卒業後、さらに学びを深めたい方は、同じ学校法人である東京工科大学の2年次または3年次に入学金免除など有利な条件で編入可能。さらに他大学への編入や、ITスペシャリスト科の3年次に編入して専門力を強化することも可能です。情報処理科では、大学・ITスペシャリスト科への編入学をサポート。これまでに多くのITカレッジの学生が大学編入を果たしています。

編入学

ITカレッジ新施設誕生 新しいコンセプトのプログラミング実習室誕生

ITカレッジ新施設誕生 モバイルアプリ開発に特化したモバイルアプリ開発実習室誕生

ITカレッジは「基本情報技術者試験」
午前試験の免除制度の認定を受けています

「基本情報技術者試験」は、IT業界でプロとしてキャリアをスタートさせる時に大きなアドバンテージとなる重要国家資格。I T カレッジでは独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)からの認定により、指定の講座を履修して修了試験に合格すると「基本情報技術者試験」の午前試験 が免除になります。

資格についてはこちら

情報処理科でめざせる業種・職種

システム開発系

●コンピュータに自動で作業を行わせる仕組み(システム)を企画・設計・構築する仕事です。プロジェクトチームを組んで開発することが多く、システムエンジニアやプログラマなどが代表的な職種です。近年、モバイルに関わる仕事も増えています。
システムエンジニア/プログラマ/プロジェクトマネージャ/Webシステムエンジニア/Webプログラマ など

アプリケーション開発系

●iPhone やAndroid などのスマートフォンプラットフォームやWebなどで利用されるアプリケーションを企画・設計・開発・運用する仕事です。
Webアプリケーションスペシャリスト/モバイルアプリ開発者/Webエンジニア/Webディレクター/Webプログラマ/Webデザイナー/モバイルプログラマ/組み込みエンジニア など

情報処理科からめざせる主な進路

●ソフトウェア関連会社/Webサービス会社(ヤフーや楽天など)/メーカー開発部門/Web制作会社/各業種のシステム開発部門/一般企業のWeb制作・運用部門/カスタマーサービス・販売部門
  • 学び
  • 資格
  • 就職
  • 学習環境
  • 講師

学び

2年間の学びで、IT業界のさまざまな業種へ就職を実現します

情報処理科では、2年間の充実した学習カリキュラムでIT業界の幅広い職種で即戦力となる人材を育成します。システム開発、プログラミング、Web、アプリ開発やさまざまなパソコン開発のプロフェッショナルとして活躍するためのITスキルとヒューマンスキルを最短で習得。初心者でも安心して学べる教育システムです。IoTやAIなどの最新技術にも触れるなど、幅広い知識・技術を習得することで、IT業界はもちろん、コンピュータに関わるさまざまな業界への就職が可能。また大学編入や4年生学科のITスペシャリスト科への編入など多彩な進路から望みの道を選ぶことができます。

教育についてはこちら

資格

資格ロードマップでめざす資格の取得を確実にサポート

情報処理科では、コースごとに目標とする資格をきっちりと設定する資格ロードマップを作成。めざす資格を効率よく取得するためのサポートを行っています。授業ではもちろん、対策講座や模擬試験などさまざまな角度から資格取得をバックアップ。また、さまざまな民間資格の認定校となっているため、資格によっては受験料が半額になったり、学内で受験できたり、CBT(コンピュータを利用した試験)を利用できるなどのメリットもあります。基本情報技術者試験対策講座を受講し、修了試験に合格した学生は、国家資格「基本情報技術者試験」の午前の試験が免除。 また、情報処理科では、入学以前にIT系の対象資格をすでに取得している方に対し、入学金相当分、または一部を給付する「IT系資格特待生」制度を設け、資格取得者のやる気をサポートしています。

資格についてはこちら

就職

IT分野をはじめ、多彩な業界へ就職!入学後の進路変更も可能

情報処理科での学習は、ITスキル習得とともに、ビジネスマナーやコミュニケーション能力もしっかり身につけることができる2年間。社会人としての知識や技術をしっかりと身につけることで、IT業界をはじめ、多彩な業界への就職が可能です。また、じっくり進路を考える中でさらにスキルを高めたいという人のためには、4年制のITスペシャリスト科や、併設校の東京工科大学への編入についてもサポートしています。

就職についてはこちら

主な就職先・進学先

NTT-ME、NTTコムテクノロジー、NTTデータ先端技術、NTTデータカスタマサービス、NTTソフトサービス、日立アイシーシー、日立INSソフトウェア、日立コンシューマ・マーケティング、インターネットイニシアティブ、IIJエンジニアリング、ネットワンシステムズ、富士ソフト、GMOインターネット、サイバーコム、JR東日本、丸井グループ、セコム、綜合警備保障、パナソニックテクニカルサービス、みずほオペレーションサービス、ジョルダン、PFU、コベルコソフトサービス、第一情報システムズ、旭情報サービス、海洋電子工業、ドコモ・データコム、ネットチャート、日テレITプロデュース、読売システック、イセトー、京装コンピューター、共栄情報システム、大崎コンピュータエンヂニアリング、キーウェアソリューションズ、日本ビジネスコンピューター、ラック、TIS、CTCテクノロジー、データ・マネージメント、テクニカルエンジニアリングサポート、アイエスエフネット、アドービジネスコンサルタント、ブイキューブ、トランスネット、ヒューマンシステム、技研電子、ホンダテクノフォート、リコージャパン、システム設計事務所、ジャノメクレディア、ミクロ情報サービス、AppBank、LINE、DeNA、羽田空港グランドサービス、USEN-NEXT HOLDINGS、日本郵便、明治安田システム・テクノロジー、KDDIエボルバ、ジャステック、アイ・エス・ビー、東邦システムサイエンス、三信電気、ネオシステム、TISソリューションリンク、パスコ、セラク、昭和電線ホールディングス、ウェブフロンティア、東京工科大学大学院、早稲田大学大学院 ほか多数( 順不同)

就職実績はこちら

学習環境

モバイルアプリ開発&プログラミング専用の施設を完備

LEGO社の教育版マインドストームやマルチコプター(ドローン)などを使い、プログラミング技術を身につけるための専用施設「iLabo(アイラボ)」、iOSアプリケーション開発を基礎から学べる「iOSアプリ開発Labo」、Androidのアプリケーション開発を基礎から学べる「Androidアプリ開発Labo」など、新しい実習施設が充実。ITを楽しく、そして深く学ぶための学習環境を整えています。

講師

講師はIT業界で活躍するプロエンジニアや資格試験のプロ

システムやWeb、ネットワーク、セキュリティのプロとして業界の最先端で活躍するプロを講師に、実践的なスキルを直接指導。また、資格対策も、重要資格取得者で、試験のプロフェッショナルでもある講師が、実践的に指導するので安心です。

講師一覧ページはこちら

取得可能な資格

●ベーシック資格 ★目標資格 ◯推奨資格

■公的資格

★情報処理技術者試験(IPA情報処理技術者試験センター)
◯応用情報技術者試験、★基本情報技術者試験、◯情報セキュリティマネジメント試験、●ITパスポート試験
・情報検定(J検)(職業教育・キャリア教育財団)
★情報システム試験、●情報活用試験、★情報デザイン試験
◯簿記検定(日本商工会議所)(全国経理教育協会)、●ビジネス能力検定(B検)ジョブパス(職業教育・キャリア教育財団) など

■民間資格

◯MTA、●MOS(以上 マイクロソフト認定技術資格)、◯OCJ-P、◯OCJ-A、(以上 日本オラクル認定資格)、★Androidアプリケーション技術者認定試験(OESF)、◯Androidプラットフォーム技術者認定試験(OESF)、★LPIC(LPI認定資格)、★LinuC(LPI-japan認定資格)、★CompTIA認定資格(CompTIA Japan)、★ITIL ファンデーション試験(EXIN社)、★パソコン整備士(パソコン整備士協会)、◯.com Master(NTTコミュニケーションズ インターネット検定)、◯UML技術者認定資格(OCUP・UMTP)、◯IoT検定(IoT検定制度委員会)、◯G(ジェネラリスト)検定(日本ディープラーニング協会) など

情報処理科をもっと知る

日本工学院ブログ

情報処理科

まずはオープンキャンパス+体験入学にご参加ください。

開催日

4/21() 28()
5/19() 26()
6/2() 9() 16() 23() 30()

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
お申し込み不要。無料送迎バス運行中!

情報処理科では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。システムやプログラミング、モバイルアプリ、Webなどの仕事を体感できるさまざまな体験メニューを用意。講師が優しく指導しますので、パソコン初心者でも安心して参加できます。ぜひご参加ください

進学系イベント

もっと見る

日本工学院WebTV

日本工学院をムービーでご紹介

  • 前へ
  • 次へ

ここがポイント!

日本工学院 情報処理科の実習の様子や学生が開発した作品についてムービーで紹介します。

すべてを見る