日本工学院 日本工学院

Menu

カリキュラム紹介 テニスコース

基礎から実践的なカリキュラムで、テニスの競技力・コーチング力を磨く。

カリキュラム紹介 テニスコースカリキュラム紹介 テニスコース
  • 3年制
    スポーツ健康学科 テニスコース
  • 2年制
    スポーツ健康学科 テニスコース

スポーツ健康学科テニスコース(3年制)

プロのフィールドで活躍するためのテニススキルを培う3年間

3年間の豊富な学習期間で、テニスの基礎スキルからプロのノウハウまでを習得するとともに、数多くの試合経験により、プロのフィールドで活躍するための実践力を身につけていきます。幅広い学びで、プレイヤー、コーチ、そしてテニス関係のさまざまな業種への所属・就職を可能にします。

カリキュラム

電子パンフレットは、PC、タブレット、スマートフォンデバイスでも、特別なソフトウェアを使用することなく、通常のブラウザだけで実際に本をめくる感覚で文書を読むことができます。本校の電子パンフレットはmeclibのサービスを使用しています。

3年間の流れ・主な授業内容

主な授業内容(参考)を、2025年度カリキュラムより抜粋して掲載しています。詳しくは上記カリキュラム(PDF)を参照してください。

1年次 テニスプレイヤーとして基礎となるスキル、またコーチングスキルの基礎を実践を中心に習得。段階的にテニスプレイヤー・テニスコーチとして活躍するためのノウハウを身につけていきます。さらにテニスビジネスについても学習。「テニスコーチ」「テニス教師」などの資格取得にも挑戦します。

2年次

プレイヤー専攻

学内はもちろん、学外での各種大会への参加などを中心に、テニスプレイヤーとしての活動を積極的に進めます。プロとして活躍するために必要となるプレイヤースキルを高めていきます。

コーチ・指導者専攻

アシスタントコーチとしての実践を重ね、チーフコーチとして活躍するためのプロコーチングスキルを磨いていきます。イベントや地域のテニス教室へのサポート参加により、指導の経験値もアップ。また、ビジネススキルを強化することで、テニス業界への関わり方の幅を広げます。

3年次

プレイヤー専攻

3年間の総仕上げとして、国内外遠征でさらなる技術向上をはかるほか、JTA公認大会など各種大会へも積極的に参加。さらに実戦経験を積んで卒業後に備えます。

コーチ・指導者専攻

インターンシップで実践経験を積むとともに、テニスクラブなどの組織・部門を学内に設置し、競技・コーチ・大会運営・スクール運営などに必要な能力を習得。卒業後の進路を意識して、レベルアップをめざします。

就職・所属

再入学優遇制度
卒業後、本校の他の学科に再入学できます。
詳しくはこちら

主な授業内容

●テニス演習

テニスの特性について理解し、基本的な技術とそれらを応用した戦術を学びます。

●プレイヤー演習

JTA公認大会や専門学校全国大会に参戦し、上位入賞をめざします。

●ストリングス演習

テニスショップおよびテニススクールにて即戦力となるストリンギングを身につけます。

●トレーニング演習

テニスプレイヤーとして、最適なからだをつくるためのトレーニング方法を学び実践します。

スポーツ健康学科三年制 テニスコースの時間割

時間割 2年次 前期 (サンプル)

★授業は1コマ90分。9:00始業、16:10終業(4時限)です。(予定)
時間/曜日
1時限 テニス教師対策1 テニス演習3 トレーニング演習3 テニス演習3
2時限 ビジネススキル3 トレーニング科学2
3時限 コーチング演習3 テニス演習3 プレイヤー演習1 プレイヤー演習1
4時限 コーチング演習3

★空き時間にはフリー練習が可能です。

教育設計図

スポーツ健康学科三年制テニスコースでは、学習内容をステップ式に明示し、就労に必要なスキルを、卒業までに段階ごとに着実に身につける「教育設計図」を導入しています。学生全員がしっかり学べる日本工学院独自の教育システムです。

教育設計図についてはこちら

スポーツ健康学科テニスコース(2年制)

2年間の学習でテニスのスキルすべてを身につける

短期間でプロフェッショナルを育成するためのカリキュラムで、テニスの基礎スキルからプロのノウハウまでを実践的に身につけていきます。同時に各種テニス関係の資格にも挑戦。幅広い学びで、プレイヤー、コーチ、そしてテニス関係のさまざまな業種への所属・就職を可能にします。

カリキュラム

電子パンフレットは、PC、タブレット、スマートフォンデバイスでも、特別なソフトウェアを使用することなく、通常のブラウザだけで実際に本をめくる感覚で文書を読むことができます。本校の電子パンフレットはmeclibのサービスを使用しています。

2年間の流れ・主な授業内容

主な授業内容(参考)を、2025年度カリキュラムより抜粋して掲載しています。詳しくは上記カリキュラム(PDF)を参照してください。

1年次 テニスプレイヤーとして基礎となるスキル、そしてコーチングスキルの基礎を実践を中心に習得。段階的にテニスプレイヤー・テニスコーチとして活躍するためのノウハウを身につけていきます。さらにテニスビジネスについても学習。「テニスコーチ」「テニス教師」などの資格取得にも挑戦します。

2年次

プレイヤー専攻

学内はもちろん、学外での各種大会への参加などを中心に、テニスプレイヤーとしての活動を積極的に進めます。プロとして活躍するために必要となるプレイヤースキルを高めていきます。

コーチ・指導者専攻

アシスタントコーチとしての実践を重ね、チーフコーチとして活躍するためのプロコーチングスキルを磨いていきます。イベントや地域のテニス教室へのサポート参加により、指導の経験値もアップ。また、ビジネススキルを強化することで、テニス業界への関わり方の幅を広げます。

スポーツ健康学科三年制 3年次へ転学

Wキャリア制度

就職・所属

再入学優遇制度
卒業後、本校の他の学科に再入学できます。
詳しくはこちら

主な授業内容

●テニス演習

テニスの特性について理解し、基本的な技術とそれらを応用した戦術を学びます。

●トレーニング演習

テニスプレイヤーとして、最適なからだをつくるためのトレーニング方法を学び実践します。

●テニス教師対策

日本スポーツ協会公認「テニス教師」取得をめざします。

●コーチング演習

テニスを指導するための基本的な球出しやヒッティングスキルを学びます。

スポーツ健康学科 テニスコースの時間割

時間割 1年次 後期 (サンプル)

★授業は1コマ90分。9:00始業、16:10終業(4時限)です。(予定)
時間/曜日
1時限 テニス演習2 テニス演習2 コーチング演習2 テニス演習2 健康教育学
2時限 スポーツ医学概論
3時限 トレーニング演習2 スポーツ心理学 ビジネススキル2 PC活用 コーチング概論2
4時限 トレーニング科学1 コーチ学

教育設計図

スポーツ健康学科テニスコースでは、学習内容をステップ式に明示し、就労に必要なスキルを、卒業までに段階ごとに着実に身につける「教育設計図」を導入しています。学生全員がしっかり学べる日本工学院独自の教育システムです。

教育設計図についてはこちら

日本工学院が開催するオープンキャンパス+体験入学で実習を実際に体験してみよう!

開催日

4/21() 28() 5/5(日・祝) 12() 26()
6/2() 9() 16() 23()

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。