日本工学院 日本工学院

Menu

アドビ社製品を使った実践教育

プロの現場で即戦力となる人材を育成。

アドビ社製品を使った実践教育 アドビ社製品を使った実践教育

日本工学院は
Adobe社の製品を使って
教育を行っています

東京の専門学校 日本工学院TOP >アドビ社製品を使った実践教育

クリエイター・デザイナーに必須のAdobeソフト

Adobe(アドビ)はアメリカのカリフォルニア州に本社を置く、世界最大手のソフトメーカー。Adobe社は、「Adobe Creative Cloud」というサブスクリプション形式でさまざまなアプリケーションを提供しています。Adobeのソフトウェアは、画像編集、動画編集などのグラフィック分野を中心に、映画、ゲーム、アニメ、グラフィックデザイン、ウェブデザインなど、あらゆるクリエイティブの現場で利用されています。Adobeソフトウェアは、さまざまなプロの制作現場において標準装備といえるもので、クリエイター・デザイナーをめざすには、スキルの習得が必須です。
日本工学院では、クリエイター、デザイン系をはじめとするさまざまな学科で、各専門分野で使用されるAdobeソフトウェアのスキルを身につけるための環境を用意。実践的に学ぶことで、現場で即戦力として活躍可能な人材を育成するためのカリキュラムを行なっています。

  • Photoshop

    Photoshop

    画像や写真の加工や合成、色調整、テキストの追加やさまざまな装飾、またイラストの作成など、ビットマップ形式の画像を編集するデジタル画像編集ツールです。

    Photoshopの教育についてはこちら

  • Illustrator

    Illustrator

    テキストと画像を組み合わせたデザイン制作、線や図形を組み合わせたイラストの作成に最適な、ベクタ形式の図形や文字などを編集するグラフィックデザインツールです。

    Illustratorの教育についてはこちら

開催日

7/10() 17() 24() 30() 31()
8/6() 7() 19(金) 20() 21() 27() 28()

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
事前申し込み制。