日本工学院 日本工学院

Menu

ダンスパフォーマンス科 講師紹介

ダンスパフォーマンス・ダンサー分野のアーティストを育成するダンスパフォーマンス・ダンサー専門学校。

ダンスパフォーマンス科 講師紹介ダンスパフォーマンス科 講師紹介

講師はすべてSAM推薦のエキスパートダンサー。業界の最先端で活躍中のプロダンサーが、技とセンス、そしてダンサーとしてのマインドを直接伝授します。

ダンスパフォーマンス科では、一般のダンススクールとは違い、ダンスの基礎となるBALLET(クラシックバレエ)、それに付随するCONTEMPORARY(コンテンポラリー)、そしてストリートダンスと言われるHIPHOP(ヒップホップ)、HOUSE(ハウス)、JAZZ(ジャズダンス)を柱として、基礎からしっかりと学んでいきます。講師はすべてSAM自身が選定した各ジャンルでトップの実力を持つプロダンサー。もちろんSAM本人が学生に直接指導するダンスレッスンもあります。業界の第一線で活躍できるプロダンサーを、本格的に育成するため、そうそうたるプロダンサーがすべてのダンススキルを教えます。

SAM

15才でダンスを始め、単身NYへ渡りバレエ、jazzダンスなどの基礎を修得。 ストリートダンスからアカデミックなダンスまであらゆるダンスをバックボーンに持つ。TRFコンサートの振り付け、構成、演出はもちろん、SMAP、V6.浜崎あゆみ、BoA、東方神起、その他多数のアーティストの振り付け、コンサートプロデュースを行いダンスクリエイターとして幅広く活躍するほか、近年では、次世代ダンサー育成、リサーチの為、多くのダンサーオーディションを手がけ、2016年に一般社団法人ダレデモダンスを設立、代表理事に就任。この団体での活動を通じて、誰もがダンスに親しみやすい環境を創出し、子供から高齢者まで幅広い年代へのダンスの普及と質の高い指導者の育成、ダンサーの活躍の場の拡大をめざす活動を始めている。
日本工学院ダンスパフォーマンス科トータルプロデューサーであると共に、自らHOUSEのダンスレッスンを受け持ち、学生のレッスン・指導を行なっている。

各ジャンルのトップダンサーが揃った鉄壁の講師陣

開催日

8/8() 9() 22() 23() 29() 30()

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
事前申し込み制。