日本工学院 日本工学院

Menu

教育について コンサート・イベント科 専門学校 日本工学院

有名アーティストのコンサート・ライブを在学中に体験できるコンサートスタッフ専門学校。

教育について コンサート・イベント科 専門学校 日本工学院教育について コンサート・イベント科 専門学校 日本工学院

コンサート・イベント科独自の教育システム

基礎から専門までのスキルを確実に伸ばし、より幅広い進路へ進むことを可能にするため、コンサート・イベント科では独自の教育システムを採用。万全の学習環境をつくることで、学生一人ひとりをしっかりとサポートしています。

❶本格的なコンサート実習を2年間で数多く開催

実際のライブイベントが、そのままライブ実習に!コンサート・イベント科では、学内施設はもちろん、学外の有名コンサートホール・ライブハウスを使った本番同様のライブ実習を行っています。企画から制作、照明、PA、舞台演出まですべてを学生たちが担当し、プロの講師による指導によってライブを開催。緊張感に包まれながら実践力を高め、本物の経験を経てスキルアップをめざします。

❷コンサート業界大手「ホットスタッフ・プロモーション」が学びをサポート

コンサート・イベント科では国内有数のコンサートプロモーター「ホットスタッフ・プロモーション」と独占契約。実際のライブイベントをそのままコンサート・ライブ制作実習として行なうほか、ビッグフェスにインターンシップとしての参加、現役コンサートスタッフによる指導や、アーティストによるコンサート実習など、コンサート・イベント科の学びをさまざまな形でバックアップしています。

2019年度 HOT STUFF PROMOTION 主なコンサート実績

●秋山黄色 ●天月 –あまつき– ●__(アンダーバー) ●Anly ●井上陽水 ●上坂すみれ ●上原ひろみ ●内田彩 ●おいしくるメロンパン ●OGRE YOU ASSHOLE ●大橋トリオ ●THE ORAL CIGARETTES ●岡崎体育 ●岡村靖幸 ●OKAMOTO’S ●小沢健二 ●オメでたい頭でなにより ●おやすみホログラム ●カーリングシトーンズ ●感覚ピエロ ●奇妙礼太郎 ●木村カエラ ●清春 ●King Gnu ●くるり ●クレイジーケンバンド ●ザ・クロマニヨンズ ●ケツメイシ ●go!go!vanillas ●KOTORI ●Suchmos ●C&K ●SHE IS SUMMER ●SHE’S ●SIX LOUNGE ●スガシカオ ●SCANDAL ●鈴村健一 ●菅田将暉 ●すとぷり ●ストレイテナー ●スピラ・スピカ ●SPECIAL OTHERS ●関取花 ●cero ●Sonar Pocket ●田所あずさ ●DAOKO ●D.A.N. ●chelmico ●茅原実里 ●チャラン・ポ・ランタン ●東京スカパラダイスオーケストラ ●土岐麻子 ●ドラマストア ●DREAMS COME TRUE ●tricot ●ドレスコーズ ●ナナヲアカリ ●虹のコンキスタドール ●never young beach ●Non Stop Rabbit ●Perfume ●浜田省吾 ●ハルカミライ ●Hump Back ●氷川きよし ●BEGIN ●ヒトリエ ●平井大 ●平原綾香 ●フィロソフィーのダンス ●FOMARE ●藤井フミヤ ●藤原さくら ●BRADIO ●BABYMETAL ●PELICAN FANCLUB ●ポルカドットスティングレイ ●前野健太 ●マカロニえんぴつ ●松任谷由実 ●May’n ●森山直太朗 ●MOROHA ●YUKI ●yonige ●凛として時雨 ●Rei ●ReoNa 他多数

❸国内の数々のビッグフェスにインターンシップとして参加!

コンサートスタッフ科では、業界との深いつながりにより、FUJI ROCK FESTIVALをはじめとする、国内で開催されるさまざまなビッグイベントに、学生がスタッフとして参加するインターンシップを行っています。プロのスタッフワークを身につけるのには絶好の機会。コンサートスタッフをめざす人にとって、現場でのスキルアップは大きなアドバンテージとなります。

ホットスタッフが制作するライブイベントの現場に学生がスタッフとして参加

●FUJI ROCK FESTIVAL’19

会場=新潟・苗場スキー場

■開催=2019年7月26日~28日

毎年恒例、国内外の大物アーティストが多数出演する「FUJI ROCK FESTIVAL」にて、インターンシップとして、オフィシャルグッズの物販や出店管理スタッフなどを担当。日本最大級の野外フェスで働く経験はとても貴重で、学生のステータスとなっています。

●Slow LIVE’19 in 池上本門寺

会場=池上本願寺・野外ステージ

開催=2019年8月30日~9月1日

池上本門寺で行われる3日間の大人のミニフェス「Slow LIVEʼ19」に、オフィシャルグッズ販売などのサポートとして参加しました。

●CHIMERA GAMES VOL.7

会場=お台場特設会場

開催=2019年5月18日~19日

日本初のエクストリーム・ストリート・音楽が熱く絡み合う新感覚フェス「CHIMERA GAMES」に、受付、インフォメーション、ワークショップなどのサポートとして参加しました。

❹学外の有名ライブハウス、コンサートホールを実習フィールドにして実力を磨く!

学内ホールはもちろん、学外のさまざまなホールを利用して行なわれる、本格的なライブ実習。有名ミュージシャン御用達の巨大ライブハウス、コンサートホールを利用したライブやイベント制作実習で、実践経験とともにプロスキルを身につけていきます。

❺スキルのレベルアップを確実にする〈グレードシステム〉

ミュージックカレッジでは、学生の学習達成度を確認する目安としてグレードシステムを導入。単元ごとにグレード試験を実施し、結果を分析することで各自のレベルごとにしっかりと実力アップを図ります。また各グレードをクリアしていることで、一定の専門スキルを身につけている証明にもなり、企業へのアピールポイントとしても活用することが可能です。

❻ミュージックカレッジ音楽業界セミナー

制作系・技術系合わせて20社以上の音楽関連企業が専門学校 日本工学院に集結し行われる、音楽系企業限定説明会。音楽系企業の人事担当者から仕事の内容、採用予定など、音楽業界の就職情報を直接収集できる貴重な機会となっています

❼音楽業界就職に必要な人間力を養う

ミュージックカレッジでは、学生同士の連帯感を高め、人間力を養うことを目的としたイベントや企業で必要なビジネススキル・資格取得支援を行なっています。

◯フレッシュマンキャンプ

入学直後の春に、郊外にてフレッシュマンキャンプを開催しています。数々の課題をクリアしながら、新入生同士のコミュニケーションを図ります。

❽数々のボランティア活動への参加で、社会への参加意識を育てる

コンサートイベント科では、学生が主体となり、地元を始め各地でのボランティア活動に積極的に参加。学んでいる知識・技術をもとに、奉仕の心を育み、また人のつながりを感じることを目的に、その輪を広げています。

❾海外のエンターテインメント、文化、そして価値観に触れる、海外研修を実施

音楽・イベント・エンターテインメントの最先端・アメリカへの海外研修を毎年実施。ライブハウスや、エンターテインメントスポットの見学や、イベントを通じた現地の学生との交流など、グローバルな視点を養い、学びに対するモチベーションアップにつながる研修です。

教育設計図

ミュージックカレッジでは、学習内容をステップ式に明示し、学生一人ひとりの習熟度に合わせて無理なくスキルアップができる「教育設計図」を導入しています。学生全員がしっかり学べる日本工学院独自の教育制度です。

教育設計図についてはこちら

Message from OB・OG

学ぶうちに視野が広がり、将来の夢も大きく膨らみました

井上 綺音さん
コンサート・イベント科2019年卒
イベント企画コース
神奈川県立舞岡高校出身
ナインエンターテインメント 勤務     

音楽が好きで、自分もコンサート・ライブなどのイベント企画に携われたらと思い、イベント企画コースを選択しました。実際に入学して授業が始まると、たくさんのことを実践的に学んでいきます。はじめてのことが多く、いろいろと覚えることも多いですが、好きなことなので毎日の勉強も全然苦にならず、むしろ楽しいくらいです。また、学んでいくうちに、音楽イベント以外にもいろいろと興味が広がり、将来はさまざまなイベントが企画できる能力を身につけたいと思うようになりました。これからさらに視野を広げ、そしてスキルアップしていくために毎日がんばっていきたいと思います。

授業、先生、友達。どれをとっても満足度100%です!

原 彩哉加さん
コンサート・イベント科2018年卒
イベント企画コース
青森県・八戸学院光星高校出身
横浜シミズ 勤務     

音楽が好きで、コンサートやライブに足を運ぶうちに、私もスタッフとしてイベントに携わっていきたいと思うようになりました。コンサート・イベント科のイチオシ授業は、イベントメディア業界研究。J-POPやロック、レゲエなどさまざまな音楽ジャンルの歴史や、これまで知らなかったアーティストについて学び、音楽に対する視野を広げることができました。イベント企画コースの実習では、プレゼンテーションの大切さを実感。プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力は、社会で最も必要とされるスキルなので、卒業までにしっかり身につけておきたいです。在学中に取得したい資格はスポーツイベント検定。音楽のほかスポーツも大好きで、将来はスポーツ関連の企画を担当したいと考えるようになったからです。先生方やクラスメイト、学習環境と、どれをとっても満足度100%の学校生活。日本工学院を選んで本当に良かったです!

コンサートスタッフとしての基礎を学べました!

山本 菜緒さん
コンサート・イベント科2017年卒
コンサート照明コース
茨城県立鹿島高校出身
PRG 勤務

高校生の時に参加した日本工学院のオープンキャンパス+体験入学で、驚くほど充実した学習施設・設備に感動。ぜひここで学びたいと思い、コンサート・イベント科に入学しました。一番思い出に残っている授業は、コンサートプロダクト実習。コンサートスタッフに必要な基礎スキルはもちろん、音楽業界全般についてや社会人としてのマナーなど、数えきれないほど多くのことを学ぶことができました。私の目標は、2020年の東京オリンピックに照明の仕事を通して関わることと、好きなアーティストのコンサートを担当すること。まだ、駆け出しですが、2年間学んだことを糧に、がんばっていきたいです。

豊富なライブ実習を通して成長できました!

笠井 里奈さん
コンサート・イベント科 2016年卒
埼玉県立豊岡高校出身
ソニー・ミュージックレーベルズ 勤務

日本工学院では豊富なコンサート実習があり、学内だけでなく赤坂BLITZ(当時)などの有名ライブハウスでもコンサート制作を体験することができます。これは、音楽業界との太いパイプを持つ日本工学院ならではのメリット。指導してくださる先生方も、照明や音響、制作進行の第一線で活躍されている方ばかりなので、実習は現場さながらの雰囲気で行われます。コンサートの企画からブッキング、舞台制作、本番までをすべて経験することで、コンサート作りのノウハウだけでなく、コミュニケーション能力も伸ばすことができ、人間的にも成長できたと感じています。今では内定をいただいたソニー・ミュージックレーベルズでマネージャーとして勤務しています。在学中に身に付けたことを生かして、一生懸命がんばりたいです。

照明スタッフとして一人前になることが目標です

稲葉 沙紀子さん
コンサート・イベント科 2016年卒
私立クラーク記念国際高校出身
劇団四季 勤務

照明技術を学びたいと思い、コンサート・イベント科へ入学しました。コンサート照明コースの授業では、ピンスポットなど、卒業後即戦力となる照明技術を学ぶことができました。学内にプロ仕様の施設・設備が整っており、贅沢な学習環境の中、存分に自分の好きなことに打ち込めた2年間は、私にとって一生の宝物。また、同じ夢を持つ仲間たちと、お互いに励まし合いながらコンサート実習を行えたことが何よりの思い出です。現在は、憧れていた劇団四季で照明スタッフとして働いています。まずはしっかりと今の仕事を覚えて、照明スタッフとして一人前になることが目標。そしていつか、新しいミュージカルの立ち上げに関われるぐらいの実力を身につけたいと思っています。日本工学院を選んで本当に良かったです。

現役で活躍する先生方から、毎日刺激を受けています

河合 美波さん
コンサート・イベント科 2014年卒
滋賀県立水口東高校出身
SLASH 勤務

コンサートやライブなど、生の舞台を創り上げていく舞台監督に憧れて、コンサート・イベント科へ入学しました。授業では、コンサートやイベントの企画から舞台制作、リハーサル、本番までの一連の流れをすべて学ぶことができます。指導してくださるのは、現役で活躍する舞台監督の先生など、一流のプロばかり。授業時間以外にも、音楽業界についていろいろなお話をしてくださるので、毎日さまざまなことを吸収できます。卒業するまでに、学べることはすべて学び、スキルアップしていきたいと思います!