日本工学院 日本工学院

Menu

高等教育の修学支援新制度(高等教育無償化)について

日本工学院は、高等教育の修学支援新制度の対象校です。

高等教育の修学支援新制度(高等教育無償化)について高等教育の修学支援新制度(高等教育無償化)について
東京の専門学校 日本工学院TOP >高等教育の修学支援新制度

高等教育の修学支援新制度について

2020年4月より、高等教育の修学支援新制度がスタートします。本制度は、家庭の経済状況に左右されず、学びたい意欲のある方が 大学、短期大学、高等専門学校、専門学校に進学できるチャンスを確保できるよう、授業料・入学金の減免と、返還を要しない給付型奨学金によって支援するもので、本校は対象校です。給付額は独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)が定める条件・区分に沿って、審査によって決定されます。支援の対象となるかをご確認の上、日本学生支援機構(JASSO)へ申請・手続を行なってください。

支援内容

①授業料と入学金の減免 + ②給付型奨学金の支給

支援対象者

住民税非課税世帯および、それに準ずる世帯の学生

対象者 年収の目安 支援額
住民税非課税世帯の学生 〜約270万円 満額
住民税非課税世帯に準ずる世帯の学生 〜約300万円 満額の2/3
〜約380万円 満額の1/3

※上記の年収は、両親・本人・中学生の家族4人世帯の場合の目安です。基準を満たす世帯年収は家族構成によって異なります。

※詳細は日本学生支援機構の「給付奨学金案内」でご確認ください。

※2020年3月に高等学校等(本科)を卒業予定の人・卒業後2年以内の人が対象です。

※留学生は対象となりません。

給付型奨学金・授業料免除の年収による支援額区分

支援区分表

※年収は・両親・本人・中学生の家族4人世帯の場合の目安です。基準を満たす世帯年収は家族構成によって異なります。詳細は、日本学生支援機構の「給付奨学金案内」でご確認ください。

◎日本学生支援機構「給付奨学金案内」はこちら

支援金額(私立専門学校の場合)

授業料と入学金の減免額(年間上限額) 給付型奨学金の支給額
(年額)
合計
入学金 授業料
満額支援の場合 約16万円 約59万円 自宅生
約46万円
約121万円
自宅外
約91万円
約166万円
満額の2/3支援の場合 約10.7万円 約39.3万円 自宅生
約30.7万円
約80.7万円
自宅外
約60.7万円
約110.7万円
満額の1/3支援の場合 約5.3万円 約19.7万円 自宅生
約15.4万円
約40.4万円
自宅外
約30.4万円
約55.4万円

※入学金、授業料は進学先の学校が減免

※給付型奨学金は日本学生支援機構が各学生に支給

本校独自の片柳学園給付型奨学金との併用で、在学中の本人負担額が0円になる場合があります。

日本工学院では、片柳学園給付型奨学金という返済不要の奨学金制度を設けており、高等教育の修学支援新制度との併用により、さらに進学費用の負担を軽減することができ、より良い環境で学ぶことが可能です。

片柳学園給付型奨学金+高等教育の修学支援新制度

申請から支援開始まで

〜2019年夏

日本学生支援機構(JASSO)へ申請

9月以降

本校にて推薦入学出願、一般入学出願を順次実施

その際、合格者はJASSOに申請していることを証する書面を提出し、審査結果発表まで入学費用の延納を申請することができます。

12月頃

JASSOの審査結果発表

入学費用延納申請者は本校に採用候補者決定通知の写しを提出

採用候補者

減免後の学費を納入


採用されなかった方

必要な入学費用を全額納入

2020年4月

支援開始

◎高等教育の修学支援新制度についてはこちら

大学等修学支援法に基づく機関要件の確認申請

日本工学院専門学校

大学等修学支援法に基づく機関要件の確認申請

日本工学院八王子専門学校

大学等修学支援法に基づく機関要件の確認申請