日本工学院 日本工学院

Menu

音声コース(テレビ音声・音響効果)放送芸術科

プロのテレビ(TV)音声・音響効果・サウンドスタッフを育成する東京の専門学校。

音声コース(テレビ・TV・映画・映像・動画) 専門学校 音声コース(テレビ・TV・映画・映像・動画)専門学校
  • 2020年度学生募集
  • 蒲田
  • 八王子

音声コース

放送芸術科
  • 文部科学省認定 職業実践専門課程認定学科

収録からMAまで、音に関わる全てを学び
映像業界で活躍する音声・音響のプロをめざす
テレビ音響専門学校です。


テレビのドラマやバラエティ番組撮影時の音声収録と、撮影した映像に音楽やナレーション、特殊な音響効果(SE)をつけるMA(Multi Audio)。音で映像作品の臨場感やリアリティを高めるのが音声・音響効果(音効)・音声ミキサー・テレビ(TV)音声スタッフの仕事です。 テレビ(TV)音声専門学校の日本工学院では、映像制作の音に関わる知識と技術を業界の第一線で活躍するベテランスタッフが直接指導。音声・音響のプロをめざします。

テレビ(TV)番組制作の流れ

音声コースで学ぶ領域(ロケーション、スタジオ収録、MAなど)

*ポスプロ:ポストプロダクションの略。映像や音楽の編集、字幕、ナレーションの録音、アフレコや効果音の追加(MA)、特殊効果など撮影終了後に行われる作業の全ての総称。
*完パケ:完全パッケージの略。編集を終えて放送できる状態になったコンテンツのこと。

音の世界を追求する2つの専攻

音声専攻

音声専攻

音を録る技術を学びます。テレビ(TV)スタジオやドラマ、ロケにおける音声収録の基礎知識やマイクセッティング、収録などの基礎技術など、実習を中心としたカリキュラムで、現場で活用できる音声のすべてを実践的に学びます。

音響効果専攻

音響効果専攻

5.1chのマルチサラウンド対応の音響スタジオを使用して、効果音作成や音声ミキシングMAなど、サウンドスタッフに必要な音響効果(音効)のスタジオワークを身につけます。

音声コースでめざせる業種・職種

テレビ(TV)音声スタッフ・音響スタッフ、ドラマ音声スタッフ・音響スタッフ、映画音声・音響スタッフ、MA、PA(音響装置)オペレーター、SE(音効)、テレビ音声ミキサー、音声アシスタント、音響効果マン、MAエンジニア、MAミキサー、MAスタッフ、MAアシスタント、映画録音技師、サウンドエンジニア、サウンドスタッフ など

映像のクオリティを
左右する音の面白さ

創造力と判断力を持った音声のプロになるために

音を録る(録音)、音を創る、音を出す(PA)、音をつける(MA)のが音声スタッフの役割です。ただ録って加工するだけでなく、必要であれば世の中に存在しない音を創ることもある、奥深くクリエイティブな仕事です。一人前のプロになるには、音声が関わるポストプロダクション全般の知識とスキルを学び、流れを理解しなければなりません。それが映像制作の現場において創造性を発揮し、自分自身の判断で動く力の源になるからです。

日常的に耳を鍛えて、音に対する感覚を磨く

音声コースに入って最初の課題は、通学中に聞こえた音をメモすること。最初は聞こえる音が少なくても、何度か繰り返すうちに耳が敏感になり、音に対する感覚が磨かれます。音の果たす役割は非常に大きく、平凡なシーンでも、うまく音楽や効果音をつけることで映像のクオリティが上がり、感情に訴えるシーンになることもあります。その面白さに気付いた学生たちが、音声コースで学んでいます。日々聞くことを意識してみてください。いつもの風景に思いがけない発見がありますよ。

  • 上遠先生

  • 授業風景

上遠野順子 先生

[放送芸術科 音声コース担当]

元 株式会社オムニバス・ジャパン勤務。 企業CMやMV(ミュージックビデオ)など様々な映像のMAを担当。

音の「録る」、「創る」、「出す」、「つける」を学ぶ

音声スタッフは映像作品の音を「録る」から、シーンに応じて音を「創る」、スタジオやホールで音を「出す」(PA=Public Address)や、編集された映像に音を「つける」(MA=Multi Audio)まで、音に関わるすべてのスキルと知識を身につける必要があります。音声コースでは、この4つの役割を映像制作の流れの中で体系的に学べるようにカリキュラムを組み、多彩な実習を組み込んでいます。

多彩な実習

アニメや映画を使って楽しみながらスキルアップ

ドラマ、歌番組、ドキュメンタリー、お笑い、バラエティ、中継、情報、報道、ニュース、CM、PV(プロモーションビデオ)、ラジオ、映画ほか、多彩な実習を行っています。また、マンガ・アニメーション科の学生が作った作品に音をつける(MA)、既存のアニメや映画の音だけを自分で作ってアフレコするなど、楽しみながらスキルアップをはかります。

楽しみながらスキルアップ

プロと同じ環境で感覚的にスキルを学ぶ

プロと同じ環境のMAルームで実習を行うため、現場の仕事を感覚的に学ぶことができます。Pro Toolsなどソフトウエアは、常に新しいバージョンを使って指導しています。

現場の仕事を感覚的に学ぶ

業界の第一線で活躍する講師陣が親身に指導

さまざまな人気作品を手がけているフリーランスの方々を中心に講師に迎えて、ロケの収録からポストプロダクションまで、幅広いフィールドのスキルと知識を学びます。音声の仕事の面白さ、奥深さを発見してください。

講師紹介

マイキング、録音など、音声コースのサウンドスタッフ実習をムービーでチェック!

スタジオで、屋外ロケで、マイキング、録音、ミックスなどを行う、音声・音響のプロスキルを実践で学ぶ。音声コースの本格的な実習の様子をムービーでチェックしましょう!

取得できる主な資格

音楽のプロに必要な資格を取得できます。

映像音響処理技術者認定資格試験(JPPA)

映像・音響産業に必要とされる、映像音響処理技術の基礎知識に関する習熟度を試験によって一般社団法人日本ポストプロダクション協会(JPPA)が認定する資格。音声コースでは、放課後に試験対策講座の補講を行って取得を推奨。毎年約8割の学生が合格しています。

■Pro Tools 技術認定試験

日本音楽スタジオ協会(JAPRS)によるPro Toolsの知識とスキルを認定する資格試験。受験を希望する学生は個別に指導しています。

■ビジネス著作権検定

クリエイターに必要な著作権に関する基礎知識を身につけるための資格。

■ビジネス能力検定(B検)ジョブパス

社会人に必要な仕事の基本的な能力に対する資格。

学科の特徴

  • 施設
  • カリキュラム
  • 教育

施設

サウンドのプロを育てる最新機器を完備

5.1chのサラウンドシステムを備えたプロ仕様のスタジオには、ナレーションや音楽、音響効果などの音の編集作業を行うためのトップレベルの機器が揃っています。先端技術に触れることで、現場でも即戦力となるスキルを養い、サウンドのスペシャリストを育成します。

施設ページはこちら

カリキュラム

サウンドスタッフ・エンジニアをめざすために必要なすべてのスキルを習得

サウンドエンジニアに必要な音声機器や配線に関する基礎知識を学んだ上で、スタジオはもちろん、スポーツ競技やホールライブ、ドラマ・映画ロケなど屋外に出て行う録音実習を多数実施。プロ同様の現場体験を多く積み重ねることで、サウンドスタッフのスキルを実践的に身につけます。

教育

本格的な番組制作・映像制作の実習を中心にプロの音響・音効スキルを実践的に習得

放送・映画・映像制作全般で音声・音効・サウンド・音響スタッフとして活躍するためのスキルを、プロの現場同様の制作環境を使った、本格的な番組制作・映像制作の実習を中心に実践的に学習。現役で活躍中のプロ音声音響効果スタッフを講師に、直接プロのノウハウを指導します。

教育についてはこちら

まずはオープンキャンパス+体験入学にご参加ください。

開催日

12/8() 1/13(月・祝)

日本工学院では、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催しています。
お申し込み不要。無料送迎バス運行中!

放送芸術科音声コースでは、1年を通じてオープンキャンパス+体験入学を随時開催。プロ仕様のスタジオで、音響スタッフとして実際にミキシングや編集を体験するなど、音響スタッフの仕事がよくわかる体験実習を多数用意。ぜひご参加ください!

進学系イベント

もっと見る

放送芸術科をもっと知る

日本工学院WebTV

日本工学院をムービーでご紹介

  • 前へ
  • 次へ

ここがポイント!

日本工学院 放送芸術科 各コースの実習の様子などをムービーで紹介します。

すべてを見る