日本工学院 日本工学院

Menu

音声コース(テレビ音声・音響効果)放送芸術科

プロのテレビ(TV)音声・音響効果・サウンドスタッフを育成する東京の専門学校。

音声コース(テレビ・TV・映画・映像・動画) 専門学校 音声コース(テレビ・TV・映画・映像・動画)専門学校
  • 2025年度学生募集
  • 蒲田
  • 八王子

音声コース

放送芸術科
  • 文部科学大臣認定 職業実践専門課程認定学科

収録からMAまで、音に関わる全てを学び
映像業界で活躍する音声・音響のプロをめざす
テレビ音響専門学校です。


テレビのドラマやバラエティ番組撮影時の音声収録と、撮影した映像に音楽やナレーション、特殊な音響効果(SE)をつけるMA(Multi Audio)。音で映像作品の臨場感やリアリティを高めるのが音声・音響効果(音効)・音声ミキサー・テレビ(TV)音声スタッフの仕事です。 テレビ(TV)音声専門学校の日本工学院では、映像制作の音に関わる知識と技術を業界の第一線で活躍するベテランスタッフが直接指導。音声・音響のプロをめざします。

テレビ(TV)番組制作の流れ

音声コースで学ぶ領域(ロケーション、スタジオ収録、MAなど)

*ポスプロ:ポストプロダクションの略。映像や音楽の編集、特殊効果、字幕、ナレーションの録音、アフレコや効果音の追加(MA)など撮影終了後に行われる作業の全ての総称。
*完パケ:完全パッケージの略。編集を終えて放送できる状態になったコンテンツのこと。

音の世界を追求する音声コースの実習

音声収録(収音)・ミキシング実習

音声収録(収音)・ミキシング実習

音を録る技術を学びます。テレビ(TV)スタジオやドラマ、ロケにおける音声収録の基礎知識やマイクセッティング、収録などの基礎技術など、実習を中心としたカリキュラムで、現場で活用できる音声のすべてを実践的に学びます。

MA・音響効果

MA・音響効果

5.1chのマルチサラウンド対応の音響スタジオを使用して、効果音作成や音声ミキシングMAなど、サウンドスタッフに必要な音響効果(音効)のスタジオワークを身につけます。

音声コースでめざせる業種・職種

テレビ(TV)音声スタッフ・音響スタッフ、ドラマ音声スタッフ・音響スタッフ、映画音声・音響スタッフ、MA、PA(音響装置)オペレーター、SE(音効)、テレビ音声ミキサー、音声アシスタント、音響効果マン、MAエンジニア、MAミキサー、MAスタッフ、MAアシスタント、映画録音技師、サウンドエンジニア、サウンドスタッフ など

音声スタッフには技術だけでなく愛情も必要。

録音とポスプロのスキルを、実践で身につけます。

音声コースの特長は、音を録る作業と、音を編集するポストプロダクションの作業の両方を学べることです。それぞれの専門性は異なりますが、両方のスキルを身につけておけば将来必ず役立つので、しっかりと基礎固めをします。他のコースの学生と一緒になって番組を制作したり、声優・演劇科とコラボしてアニメ作品のアフレコを実際にオペレーションするなど、実践の機会も豊富なので確実にスキルが身につきます。

「音声」は目立たないけど、なくてはならない存在。

映像作品の中で「音」は、あって当たり前の存在です。目立ってもいけませんし、かといって音がないと映像として成立しません。撮影の現場でも、アングルを決めるための“撮影待ち”や照明のセッティングを直す“照明待ち”はあっても、“音声待ち”はありません。だから私は学生に「音声の仕事には愛情が必要だよ」と伝えています。音声スタッフには、技術はもちろん、制作全体を見渡しながらカメラや照明など他部署の仕事にも気を配り、制作が円滑に進むように支える気持ちが大切なのです。

  • 根岸史人先生

  • 授業風景

根岸史人 先生

放送芸術科 音声コース担当

放送芸術科卒。元・株式会社テイクシステムズ勤務。テレビ朝日系『ミュージックステーション』『しくじり先生 俺みたいになるな!!』『題名のない音楽会』など、バラエティー番組や生放送・情報番組、中継などの音声を担当

音の「録る」、「創る」、「出す」、「つける」を学ぶ

音声スタッフは映像作品の音を「録る」から、シーンに応じて音を「創る」、スタジオやホールで音を「出す」(PA=Public Address)や、編集された映像に音を「つける」(MA=Multi Audio)まで、音に関わるすべてのスキルと知識を身につける必要があります。音声コースでは、この4つの役割を映像制作の流れの中で体系的に学べるようにカリキュラムを組み、多彩な実習を組み込んでいます。

多彩な実習

アニメや映画を使って楽しみながらスキルアップ

ドラマ、歌番組、ドキュメンタリー、お笑い、バラエティ、中継、情報、報道、ニュース、CM、PV(プロモーションビデオ)、ラジオ、映画ほか、多彩な実習を行っています。また、マンガ・アニメーション科の学生が作った作品に音をつける(MA)、既存のアニメや映画の音だけを自分で作ってアフレコするなど、楽しみながらスキルアップをはかります。

楽しみながらスキルアップ

プロと同じ環境で感覚的にスキルを学ぶ

プロと同じ環境のMAルームで実習を行うため、現場の仕事を感覚的に学ぶことができます。Pro Toolsなどソフトウエアは、常に新しいバージョンを使って指導しています。

現場の仕事を感覚的に学ぶ

業界の第一線で活躍する講師陣が親身に指導

さまざまな人気作品を手がけているフリーランスの方々を中心に講師に迎えて、ロケの収録からポストプロダクションまで、幅広いフィールドのスキルと知識を学びます。音声の仕事の面白さ、奥深さを発見してください。

講師紹介

マイキング、録音など、音声コースのサウンドスタッフ実習をムービーでチェック!

スタジオで、屋外ロケで、マイキング、録音、ミックスなどを行う、音声・音響のプロスキルを実践で学ぶ。音声コースの本格的な実習の様子をムービーでチェックしましょう!

取得できる主な資格

音楽のプロに必要な資格を取得できます。

映像音響処理技術者認定資格試験(JPPA)

映像・音響産業に必要とされる、映像音響処理技術の基礎知識に関する習熟度を試験によって一般社団法人日本ポストプロダクション協会(JPPA)が認定する資格。音声コースでは、放課後に試験対策講座の補講を行って取得を推奨。毎年約8割の学生が合格しています。

■Pro Tools 技術認定試験

日本音楽スタジオ協会(JAPRS)によるPro Toolsの知識とスキルを認定する資格試験。受験を希望する学生は個別に指導しています。

■ビジネス著作権検定

クリエイターに必要な著作権に関する基礎知識を身につけるための資格。

■ビジネス能力検定(B検)ジョブパス

社会人に必要な仕事の基本的な能力に対する資格。

放送芸術科をもっと知る

放送芸術科 NEWS & TOPICS

すべてを見る

日本工学院WebTV

日本工学院をムービーでご紹介

  • 前へ
  • 次へ

ここがポイント!

日本工学院 放送芸術科 各コースの実習の様子などをムービーで紹介します。

すべてを見る

放送芸術科SNS公式アカウント