日本工学院 日本工学院

Menu

文部科学省「専修学校関係委託事業」

日本工学院は、日本経済社会の一層の発展を期すために必要となる人材のための文部科学省による事業「成長分野等における中核的専門人材養成の戦略的推進事業」を受託しました。

文部科学省「専修学校関係委託事業」文部科学省「専修学校関係委託事業」
東京の専門学校 日本工学院TOP >日本工学院の教育について >文部科学省「専修学校関係委託事業」

文部科学省「専修学校関係委託事業」を 日本工学院が受託

文部科学省では専修学校教育の振興に資する取組として、専修学校に対し各種事業の委託を行なっています。令和3年度、日本工学院では、人材養成機能の向上目的の事業として「専修学校における先端技術利活用実証研究」「専修学校における地域産業中核的人材養成事業」そして質保証・向上の事業として「専修学校と地域の連携深化による職業教育魅力発信力強化事業」を受託。質の高い教育、人材育成環境の向上のため、各種企業や業界をリードする産業界の有識者の協力の元、新しいカリキュラムの開発などに取り組んでいます。

令和3年度日本工学院 受託事業

専修学校における先端技術利活用実証研究

専修学校における職業人材の養成機能を強化・充実するため、産学が連携し、さまざまな 先端技術の活用による教育方法等の改善を実施。実践的な職業教育を支える実習授業等に おいてVR・AR等の先端技術の活用方策について実証・研究を行うとともに、在宅等でも、 専修学校における実践的な職業教育の質を落とすことなく提供するため、先端技術を活用 した遠隔教育の実践モデルを構築する。

●学校法人片柳学園 日本工学院八王子専門学校受託事業 「建築・まちづくり分野における先端技術 (AR・VR 等 ) 活用実証研究事業」

専修学校における地域産業中核的人材養成事業

各職業分野において、分野に応じた中長期的な人材育成に向けた協議体制の構築等を進めるとともに、これからの時代に対応した教育プログラム等の開発を行う。また、各地域から人的・物的協力などを得ることでカリキュラムの実効性、事業の効率性を高めつつ、各地域特性に応じた職業人材養成モデルを形成する。

●学校法人片柳学園 日本工学院八王子専門学校受託事業 「災害マネジメント分野の実践カリキュラムの開発・実証」

専修学校と地域の連携深化による職業教育魅力発信力強化事業

専門学校や高等専修学校が担う実践的な職業教育に関する理解を促進するため、中学校や高 等学校、企業等、各ステークホルダーを意識した、効果的な情報集約・情報発信等の在り方・手法について検討・検証を行い、専修学校教育の認知度向上に係る取組を実施する。

●学校法人片柳学園 日本工学院専門学校受託事業 「専修学校と地域の連携深化による職業教育魅力発信力強化」