日本工学院 日本工学院

Menu

充実した講師・教職員

各分野でプロを目指す上で重要な一流のプロが持つノウハウや理論を伝え、次世代の成功者を育成することに取り組む、日本工学院の講師陣のご紹介。

充実した講師・教職員充実した講師・教職員

業界トップが集結し、最先端の授業を展開。

業界の第一線で長く活躍できるプロをめざすためには、その道で成功したプロのノウハウや生き方、理論を直接プロから学ぶことが重要です。
専門学校 日本工学院では、各業界の第一線で活躍するプロを講師として多数招き、プロスキルを伝授する直接指導や実践的な実習はもちろん、カリキュラム編成から講師の派遣、教育アドバイスまで、現場と直結した教育環境づくりを第一に考えています。技術力が優れているのはもちろんですが、第一線で活躍するプロとして必要となるのは、人に伝えるためのコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力、そして理論などの総合的な人間力。「専門力+人間力」を培うことこそ真に長く活躍できるプロフェッショナル養成に必要な教育だと考えます。日本工学院の講師・教職員は各業界で成功を収めている一流のプロフェショナルばかり。成功者から直接学べる教育環境、それが次世代の成功者を育成するための大きな土壌となっています。

主な講師・教職員紹介

千葉 繁 先生

声優

声優・演劇科講師

声優。『ワンピース(バギー)』、『ゲゲゲの鬼太郎(ねずみ男)』、『幽遊白書(桑原和真)』など、個性的な声の演技で知られる。ほかにもアニメーションの音響監督、ラジオのパーソナリティなど幅広く活躍中。

声優・演劇科


SAM 先生

ダンスパフォーマンス科 トータルプロデューサー

15歳の頃からダンスを始める。19歳で「全国フラッシュダンスコンテスト」に優勝。さらに本格的なダンス技術習得のため、単身NEW YORKへ。本場のストリートダンスとともにクラシックバレエ、ジャズダンスを学ぶ。帰国後結成した”MEGAMIX”でテレビ番組『DANCE DANCE DANCE』にレギュラー出演、一大ダンスブームを巻き起こす。1992年にはTRFのメンバーに。一方でSMAP、東方神起、BoA、浜崎あゆみ、V6、ComingCenturyなど数多くのアーティストのコンサート演出、振り付けを手がける。近年はメディアを通じて次世代ダンサーの発掘、育成にも力を注いでいる。

ダンスパフォーマンス科


武部 聡志 先生

(株)ハーフトーンミュージック代表取締役/作・編曲家、音楽プロデューサー

ミュージックカレッジ エグゼクティブアドバイザー

1957年東京都生まれ。国立音楽大学在籍時より、キーボーディスト、アレンジャーとして数多くのアーティストを手がける。1983年より松任谷由実コンサートツアーの音楽監督を担当。一青窈、今井美樹、ゆず、平井堅、JUJUなどのプロデュース、CX系ドラマ「BEACH BOYS」「西遊記」などの音楽担当、CX系「僕らの音楽~OUR MUSIC」「FNS歌謡祭」の音楽監督、スタジオジブリ作品「コクリコ坂から」の音楽担当など、多岐に渡り活躍している。

ミュージックアーティスト科


永島 譲二 先生

カーデザイナー

デザインカレッジ 特別講師

BMWクリエイティブディレクター。オペル、ルノーなどを経てBMWに入社し、「5シリーズ」や「Z3ロードスター」など数々のカーデザインを手がける。

デザイン科


糸数 弘樹 先生

CGアーティスト

CG映像科講師

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズなどで学んだ知識や経験を生かし、 現場で求められるプロの技と心を若い世代に伝えていければと思っています。夢を叶える には、とにかく努力を積み重ねていくしかありません。一日一日を大切に、失敗を恐れず、 夢に向かってどんどんチャレンジしてほしいですね。

CG映像科(3年制)


茶風林 先生

声優、俳優

声優・演劇科講師

声優をめざすみなさんに伝えたいのは、まず一歩踏み出してみようよ、ということ。その 一歩が大きく脇道に逸れちゃうかもしれないけれど、観客のままで終わりたくないなら、 思い切り暴れてみるしかありません。授業を通じて、学生自身が気づいていない“武器”を ひとつでも多く見つけてあげたいと思っています。

声優・演劇科


久保田 達也 先生

プランナー

ITカレッジ講師

世の中は新しいアイディアを出せる人が動かしています。アイディア豊富な若い人が成功 する。そんな時代が到来しているのです。これはチャンスです。キミが勇気を持って挑戦 すればかならず夢は実現します。一緒に夢の実現に向けて学び、挑戦しましょう。

ITカレッジ


由良 拓也 先生

レーシングカーデザイナー

日本工学院顧問

興味を持って、どれだけこだわれるか。それがモノづくりの基本。だからこそ、その気持 ちを継続できる環境を選んでほしい。刺激があれば吸収できるものも多いはずですから。 さあモノづくりの充実感を共有しましょう。


馬場 保仁 先生

ゲームプロデューサー、ゲームディレクター

ゲームクリエイター科四年制/ゲームクリエイター科講師

ゲーム業界のプロになるには、ゲーム制作の実体験を増やすことが大切。日本工学院では ひとつでも多くの制作実績を積めるよう指導しています。ゲームを遊ぶ楽しさからつくる 楽しさへ。「つくる!」を実⾏できる⽇本⼯学院で、夢をかなえてください。

ゲームクリエイター科四年制/ゲームクリエイター科


坂井 利郎 先生

元テニスプレイヤー、(財)日本テニス協会副会

テニスコース アドバイザー・総監督

テニスプレイヤーとして、監督として、これまで数多くの国際舞台に立っていますが、そう した経験をすればするほど、まだ満足できないし、学ばなければならないという欲求がど んどん高まってきます。それほどテニスというスポーツは奥深く、ビジネスとしての可能 性も大きいのです。

テニスコース


他多数