日本工学院 日本工学院

Menu

好きを職業にしよう!

「好き」を仕事にすることの重要さや、その気持ちを仕事に変える専門学校の教育について。

好きを職業にしよう!好きを職業にしよう!

「好き」を仕事にすることが、人生を輝かせるポイント

仕事とは何か。仕事というのは、決してお金を稼ぐためだけにするものではありません。お金のために働くだけの行為・労働と違い、そこには価値あるものを生み出す「やりがい」があり、「楽しみ」がなくてはいけません。仕事を「好き」になる、「好き」なことを仕事にするということは、人生にとって一つの大きなポイントなのです。
 しかし、自分が好きなことを仕事にするというのは、決して容易なことではありません。誰もが一度や二度「◯◯になりたい」と願ったことはあっても、あきらめてしまうこともしばしばです。何もしないうちからあきらめてしまうことは、自分の未来を否定してしまうこと。まず大切なのは、自分が好きなこととは何か? という疑問を持ち、真剣に向き合うこと。そしてそれを「仕事」という形にしていくための手段を見つけること。専門学校 日本工学院ではそんな方たちの想いを実現する教育環境を用意しています。

「好き」を「仕事」に変えるための専門技術習得を、専門学校がサポート

 終身雇用が崩壊し、個々の持つスキルが重要視される現代においては、専門技術を持つということが、何よりも大きな武器となります。専門学校では「好き」なことに向き合い、学び、専門技術を身につけることで「好き」を「仕事」に変え、社会から求められるスキルを持つ人材として、現場の最前線で活躍するプロフェッショナルを育成します。日本工学院では業界の第一線で活躍するプロを講師に迎え、産学協同プロジェクトを行うなど、業界・企業と専門学校が連携して、現場の即戦力になりうる人材育成に取り組んでいます。

国や省庁も支援。

 政府は、日本再生・地域再生の三つの矢の一つとして教育再生を掲げています。それは社会・産業構造の変化、グローバル化が進む中で、かつてない人材の空洞化が起こっており、日本の未来のためにも新しい人材の育成が急務だと考えられているためです。そこで文部科学省は、平成24年「成長分野における中核的人材育成の戦略的推進」のためのコンソーシアムを組織化。成長分野において、より実践的な人材育成を円滑に行なうため、産学官が連携して、新しい教育の形を作っています。
 日本工学院は、平成24年、25年、26年、27年ともに文部科学省委託事業「成長分野等における中核的人材養成の戦略的推進事業」の代表機関として、社会整備基盤、クリエイティブ(アニメ、漫画)において受託を受け、積極的に取り組んでいます。

成長分野における中核的人材教育(文部科学省付託事業)

職業実践専門課程(文部科学省認定)